戦後最長景気の先には日本経済破綻の「崖っぷち」が迫っている

「戦後最長景気」が喧伝されているが、格差拡大や実質賃金の下落など、“病巣”はむしろ深刻化した。目先の景気に固執した政策自体が経済破綻の誘因だ。危機回避の政策への転換が急務だ。

続きを読む
関連記事
あなたにおすすめ

アクセスランキング

新着記事