個人投資家 千葉功太郎

■2019年の振り返り

 年末のfreee上場の時価総額1200億円超えを見ても、2019年はBtoB SaaSの評価が国内でも非常に高くなった1年であったし、2018年対比でも投資資金も3倍増くらいしており、数値面でも賑わいがありました。また、Deep Tech文脈の非ネット系スタートアップや、ドローンを中心としたロボティクス、さらに医師が企業する医療テックが目立った印象です。起業家の層が広がり、質も深まりました。

■2020年のトレンド予測

 2020年は日本が東京オリンピックで様々な意味で盛り上がる年です。同時に、多くのスタートアップが2020年IPOを狙って成長してきたため、IPO界隈は2019年末以上の件数的な活気を見せる可能性があります。一方で、米国を発端とするスタートアップ未上場時価評価に対する不信感も影響をみせると考えており、2019年に高評価で資金調達したスタートアップが、仮に本業で予定通りの素晴らしい成長が達成できない場合、ダウンラウンドなど資金調達やIPO価格での苦戦も、個人的に可能性としては強く感じています。

 成長カテゴリは引き続きBtoB SaaSが堅調で、AIは社会実装フェーズへ、ドローンロボティクス・Deep Techは資金が集まり、D2Cモデルも急速に台頭してくると思います。一方でNon-Techスタートアップ(ビジネスモデル型)は苦戦するのではないでしょうか。

千葉道場ファンド パートナー 石井貴基

■2019年の振り返り

 2018年頃に中国で見られたトレンドが、いよいよ日本にもやってきたと感じた1年でした。QR決済はさておき、FinTech(非QR決済)やOMO(Online Merges with Offline)にチャレンジしているスタートアップは、堅実に次のステージに進んでいる印象です。後は「安定のSaaS」といったところでしょうか。

■2020年のトレンド予測

 2019年からの延長で、大企業とスタートアップの活動領域がより重なることが予想されます。DXの推進や働き方改革など、旧態然とした大企業が解決しなければならない課題は山積みです。いよいよ限界を迎える時期ではないでしょうか。一方のスタートアップとしても各ジャンルの主要プレイヤーは出揃いつつあり、今までとは違う市場を取らなければいけません。

 このような背景から、大企業とスタートアップ、それぞれの課題を解決するため、お互いが一気に交じりはじめる1年になるのではないでしょうか。

 次に、ややマクロな予測をすると、今までは地方から首都圏に人材やお金が集約される流れでした。しかし、様々なインターネットサービスを介して、反対に首都圏から地方に人材やお金が流れるという逆転現象が2020年から起き始めると感じています。流動性の高いライフスタイルを支援するサービスが伸びてくると思います。

 さらに先を見据えると、Appleが2020年にARグラスをリリースするかもという報道がありました(実際は2022年頃ではという報道もありますが……)。実現すれば、iPhone登場と同じ程度の地殻変動が起こります。もちろんリリース後、いきなりマスに普及するイメージはありません。ただ、20年代中盤にビッグウェーブが来る可能性はあり、この波に賭けるのであれば、事業を仕込むタイミングとして2020年は悪くないのかなと考えます。

XTech Ventures 共同創業者 兼 ジェネラルパートナー 手嶋浩己

■2019年の振り返り

 表面的には別のサービスに見えますが、裏側は「お金の流れを従来の時間軸とはズラすかたちのFintech」で共通しているサービスの成長や立ち上げが目立ちました。同時に、スマホ普及と常時接続極まれり、でさまざまなオンデマンドエコノミーが花を開き始めました。従来の社会的リソースがそれらの基盤に乗るだけでなく、新たな状況に対応するリソース・コンテンツが新たに創造されはじめました(ゴーストキッチンなど)。

■2020年のトレンド予測

 PayPay等を軸とするキャッシュレスの大きな普及と、それと連動するサービスの発展。FinTechはここを軸に再編が起きる(PayPay等への給与振込が解禁されれば特に)。

 電子マネー上のマイクロ資産を取り込むような資産運用サービスが次々と生み出される。CtoBtoCの取引フローにすることによって資産性が担保され、金融商品のような取引が行われる領域のバーティカルCtoC。良質なプロダクト開発とウェブマーケ等によるキャッシュフロー獲得と、資金調達で投資余力を身につけたD2C企業それぞれの「独自の打ち手」による進化が進む。

 数年間惰性的な横ばいを続け、19年に縮小が始まったテレビCM市場に集中していた「訴求需要の分散化」による新たな事業機会も生まれる。テレビの影響力低下に連動し、芸能・エンタメ業界を横断した変化がさらに進展する。

 5G開始による打ち上げ花火的な取り組みが多数行われるが、結果としてスマホによる動画視聴はさらに爆発的に拡大する。企業におけるソフトウェアの活用がさらに進み、「え、そこも?」というくらいニッチな分野のSaaSが当該分野の熟練者によって多数生み出される。ブロックチェーンはエンタープライズ分野のガバナンスコスト改革から着実に社会実装が進む。