ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

燃油サーチャージ、航空会社は好業績なのに復活した理由

週刊ダイヤモンド編集部
2017年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
燃油サーチャージでは燃油価格のみならず、為替リスクまでも利用者が負担している Photo:123RF

 2月から適用される国際線航空運賃で、10カ月ぶりに燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)が復活する。これにより、日本から欧米などへの長距離路線では片道3500円、ハワイやインドなどへの中距離路線では同2000円の追加負担が発生する。

 サーチャージとは、燃油価格が高騰した際に、運賃とは別に徴収される料金のこと。ジェット燃料であるシンガポールケロシンの直近2カ月間の平均市況価格に基づいて随時見直されている。

 従来、サーチャージは1バレル=60ドルを超えた段階で発生するものだった。ところが、今回の基準となった昨年10~11月の平均価格は58.69ドル。にもかかわらず復活したのは、2015年に導入された新たな基準が原因だ。

 14年の冬、燃油価格は急落していたものの、為替が1ドル=100円付近から120円へと急速に円安に向かっていた。燃油をドル建てで購入している日本の航空会社にとってみれば、円安進行に伴うダメージは大きかった。

 そこで航空会社は、サーチャージの基準をドル建てから円建てへと変更し、円安リスクを回避する基準を設定。つまり、燃油の価格変動リスクのみならず、為替リスクまで利用者に転嫁する仕組みを作り上げたのだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧