クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]
2017年7月1日公開(2017年7月1日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「ニモ&フレンズ・シーライダー」に優先搭乗できる
東京ディズニーシーの特別ラウンジに潜入してきた!
「JCBザ・クラス」の会員だけが使える特典を解説!

「ニモ&フレンズ・シーライダー」のJCBラウンジ

 2017年5月12日(金)に、東京ディズニーシーの新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープンした。「ニモ&フレンズ・シーライダー」が設置されたのは、以前は「ストームライダー」があった場所だ。

 ディズニーリゾートラインでは、期間限定のラッピングモノレール「ニモ&フレンズ・ライナー」が走行するなど、新しいアトラクションに力が入っていることがわかる。

ディズニーリゾートラインのラッピングモノレール「ニモ&フレンズ・ライナー」ディズニーリゾートラインの車内。

JCBの最高位クレジットカード「JCBザ・クラス」の保有者なら、
「ニモ&フレンズ・シーライダー」のラウンジを利用できる!

 「JCBザ・クラス」の保有者は、「JCBラウンジご招待券」を請求することで、東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーにあるJCBラウンジを利用できる
(※関連記事はこちら!⇒最強プラチナカード「JCBザ・クラス」を保有して東京ディズニーリゾートでVIP待遇を受けよう!定番カード「JCB ORIGINAL SERIES」の魅力とは

◆「ザ・クラス」や「ゴールド ザ・プレミア」は招待制! まずは「JCBゴールド」に入会しよう!
JCBゴールド
還元率 0.5~2.5%
「JCBゴールド」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1万円
(初年度無料はオンライン入会&期間限定)
家族カード(税抜) あり(1人は年会費無料、2人目から年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!
「JCBゴールド」の公式サイトはこちら

 4月になったので、筆者も今年度の「JCBラウンジご招待券」を請求したのだが、郵送されてきたのは、去年と同じ見た目のものだった。しかし、送られてきた「JCBラウンジご招待券」をよく見てみると、東京ディズニーシーのJCBラウンジがある場所は「ストームライダー」となっていたものの「2016年5月16日(月)をもってクローズしました」との注記があった。
(※関連記事はこちら!⇒JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者向けにディズニーシー内に設けられた特別ラウンジを公開!東京ディズニーリゾートの“都市伝説”は本当だった!

JCBラウンジご招待券筆者のもとに送られてきた「JCBラウンジご招待券」。

 なお、「ニモ&フレンズ・シーライダー」のオープン以前に発行された「JCBラウンジご招待券」でも、有効期限内であれば、「ニモ&フレンズ・シーライダー」内のJCBラウンジを利用できる。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」内にあるJCBラウンジを予約!

 さっそく、東京ディズニーシーの「ニモ&フレンズ・シーライダー」のJCBラウンジを利用するために、JCBラウンジに電話した。

 JCBラウンジは、1カ月前の10時から予約できるため、ちょうど1カ月前の10時に電話したのだが、なかなかつながらなかった。ニモ効果だろうか。10分後にようやく電話がつながり、予約が完了した。

 「JCBラウンジご招待券」に利用人数などを書き込み、当日は「JCBラウンジご招待券」と「JCBザ・クラス」のそれぞれを持っていった。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」の建物やラウンジは、
基本的に「ストームライダー」と同じ構造

 当日、子供が車酔いをして、JCBラウンジの予約時間に間に合わないことが判明。さらに、「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、入り口からかなり遠くの場所にあるため、下手するとアトラクションに乗るのは諦めなければならないかもしれなかった。とりあえず、JCBラウンジに電話をしたのだが、営業時間前だったため、急いで「ニモ&フレンズ・シーライダー」まで行くことにした。

東京ディズニーシーの園内マップ下の赤丸がディズニーシーの入り口で、左上の赤丸が「ニモ&フレンズ・シーライダー」がある場所。

 なんとか10分ほどの遅刻で済んだが、妻と車酔いした子供は、東京ディズニーシーにゆっくり入ることになった。そのため、当初は5人でラウンジを利用する予定だったが、2人減らすことにした。

 「ニモ&フレンズ・シーライダー」を遠くから見ると、建物自体は「ストームライダー」と同じだった。

 ということは、JCBラウンジの入場方法も「ストームライダー」のときと同じということだ。入り口のスタッフにラウンジの利用を伝えると、「アトラクションの出口付近から建物の入り口まで行って、建物の入り口にいるスタッフに、ラウンジを利用したい旨を伝えてほしい」と言われた。

 アトラクションの入口まで行くと、すぐに建物の中に案内され、「ストームライダー」のときと同じように、スタッフ専用扉から案内された。

 中の通路を歩くと自動ドアがあった。そこで「JCBラウンジご招待券」と「JCBザ・クラス」のそれぞれを渡し、自動ドアを通って、エレベーターで4階まで行った。

 ここまでの流れは、「ストームライダー」のときと同じだったので、「おそらく、ラウンジの場所も同じだろう」と考えながらエレベーターを降りると、やはり「ストームライダー」のときと同じ内装のラウンジだった。

 唯一違ったのは、ニモのぬいぐるみが置いてあったことくらいだろう。

JCBラウンジにあったニモのぬいぐるみ

JCBラウンジ利用者なら、
120分待ちのアトラクションにすぐ乗れる!

 JCBラウンジでは、大人はアイスコーヒー、子供たちはオレンジジュースとリンゴジュースのそれぞれを注文。急いでアトラクションまで来たので、無料で飲み物をもらえるのはありがたかった。

 しかし、JCBラウンジの記事を書くために写真を撮ったり、スマートフォンで現時点のアトラクション待ち時間を確認したりしたので、ゆっくりする時間はあまりなかった。

 ラウンジに入った10時過ぎに、スマートフォンで「ニモ&フレンズ・シーライダー」の待ち時間をチェックしたところ「120分待ち」と表示された。ファストパスは「発券中」と表示されていたが、もう少しで発券が終了するところだった。

 JCBラウンジを利用する最大のメリットは、ファストパスを利用するよりも早くアトラクションに乗れる点だ。筆者が訪れた日は、普通に並べば120分待ちだったが、JCBラウンジ利用者は、時間になるとエレベーターで1階に案内された。通常の客たちは建物の外に並んでおり、建物内にいる客はJCBラウンジ利用者のみなので、貸し切りのような状態だった。その後に、通常の客が案内されるため、JCBラウンジ利用者は必ず1番前に乗れる(「ニモ&フレンズ・シーライダー」の定員は122名)。

 「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、身長90cm以上という制限はあるが、「ストームライダー」よりも小さい子向けのアトラクションだった。

 「ストームライダー」の場合は子供たちが怖がっていたが、「ニモ&フレンズ・シーライダー」の場合は怖がることもなく利用できたため、「JCBラウンジご招待券」は、今後ディズニーシーで使うことが増えるかもしれない。

 以上、今回は、東京ディズニーシーに新しくオープンしたアトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」にあるJCBラウンジについて解説した。

◆「ザ・クラス」や「ゴールド ザ・プレミア」は招待制! まずは「JCBゴールド」に入会しよう!
JCBゴールド
還元率 0.5~2.5%
「JCBゴールド」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1万円
(初年度無料はオンライン入会&期間限定)
家族カード(税抜) あり(1人は年会費無料、2人目から年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!
「JCBゴールド」の公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年9月8日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.1%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の100倍=0.1%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.001%程度の今、普通預金金利が0.1%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カードとの呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング