【法人カードおすすめ比較】専門家が法人カードの還元率や年会費、付帯特典などのスペック&選び方を解説![2023年]

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】
クレジットカードの専門家が選んだ
2023年おすすめ「法人カード」を発表!
【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表!

(2023年9月14日更新!)
「法人カード(ビジネスカード)」のおすすめの最新情報を公開中! 個人事業主(フリーランス)や法人代表者(会社経営者)が使える「法人カード」のポイント還元率や付帯サービス、年会費、付帯保険などを徹底的に比較!

 高ステータス&独自の付帯サービスで人気の「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」や、年会費1100円(税込)と格安なうえに、追加カードは4枚まで年会費無料で発行できて特典も豊富な「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」など、おすすめの「法人カード」を紹介!

 経費の管理が簡単になるうえに、お得な特典も使える「法人カード」の中から、自分にピッタリな1枚を見つけ出して、ライバルに差をつけよう! 

【※専門家が選んだ2023年の「最優秀『法人カード・ビジネスカード』」はコレだ!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!(法人カード・ビジネスカード部門)

【※「クレジットカードおすすめ比較」トップページはこちら!】
「クレジットカードおすすめ比較」カテゴリ記事一覧 

【2023年9月14日時点・最新情報】
◆還元率や付帯特典などのスペック&ステータスで比較!
 おすすめの「法人カード(ビジネスカード)」
はコレだ!

還元率 年会費
(税込)
追加カードの年会費
(税込)
ETCカード
(税込)
カード
フェイス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード (AMEX)

0.33~1.5%
(※)
16万5000円 4枚目まで無料
(5枚目以降は1万3200円)
あり
(年会費550円)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのカードフェイス
【国内空港のラウンジ】国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)を
                 本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】 本人、追加カード会員とも無料で「プライオリティ・パス」を発行できるほか、
                「センチュリオン・ラウンジ」や「デルタ スカイクラブ」などの空港ラウンジも利用可能
【国内旅行傷害保険】最高5000万円(自動付帯、最高1000万円の家族特約あり
【海外旅行傷害保険】最高1億円(うち最高5000万円は自動付帯、最高1000万円の家族特約あり
【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのおすすめポイント】
年会費16万5000円(税込)と高額だが、追加カードは4枚目まで年会費無料で、実質的にカード1枚あたりの年会費は2万8600円なのでお得! しかも、世界1300カ所以上のホテルで部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどを利用できる「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」や、国内50カ所以上の高級ホテルに無料で宿泊できる「フリー・ステイ・ギフト」が毎年もらえたり、秘書のように利用できるコンシェルジュデスク「プラチナ・セクレタリー・サービス」も利用できたりと、その付帯特典は法人カードの中でも最高峰レベル! また、海外出張時に、現地のレストランの予約や簡単な通訳を通話料無料の電話で頼める「ビジネス・プラチナ・カード・アシスト」や、世界1300カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」なども付帯するので、海外出張が多い人にもおすすめ
※ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算。
【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードで実施中のお得なキャンペーン情報!】
■入会後4カ月以内に350万円(税込)以上のカード利用で、15万ボーナスポイントをプレゼント!
【関連記事】
「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カード」は付帯特典とステータスが抜群の“最強の法人カード”! 経費管理や出張で役立つサービスを解説!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する13枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!【アメックス・ビジネス・プラチナ編】
アメックスの新規入会キャンペーンをまとめて紹介!「アメリカン・エキスプレス」の入会特典で、ポイントやマイルをお得に獲得しよう!【アメックス・ビジネス・プラチナ編】
詳細はこちら(公式サイトへ)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード (AMEX)

0.33~1.5%
(※)
初年度無料
次年度以降3万6300円
1万3200円 あり
(年会費550円)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのカードフェイス
【国内空港のラウンジ】国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)を
                 本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】×
【国内旅行傷害保険】最高5000万円(利用付帯、最高1000万円の家族特約あり
【海外旅行傷害保険】最高1億円(利用付帯、最高1000万円の家族特約あり
【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのおすすめポイント】
厳選された高級レストランを2名以上で予約すると、1名分のコース料理が無料になる「ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン」や、海外旅行時の自宅⇔空港間の手荷物無料宅配サービス、東京駅・新宿駅・博多駅からエリア内のホテルまで当日中に手荷物1個を無料配送してくれるサービスなど、ビジネスシーンで使える便利な付帯特典が充実! さらに、搭乗する国内航空機が遅延した場合に、飲食代や宿泊代が最高2万円まで、航空会社に預けた手荷物が遅延・紛失してしまった場合に、服などの購入費が最高4万円まで補償される「国内航空機遅延費用」も付帯!
※年3300円(税込)の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入、ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算。
【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードで実施中のお得なキャンペーン情報!】
初年度年会費(税込3万6300円)が無料
■入会後1年以内に200万円(税込)以上のカード利用で、3万ボーナスポイントをプレゼント!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!【法人カード・ビジネスカード部門】
「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カード」は付帯特典とステータスが抜群の“最強の法人カード”! 経費管理や出張で役立つサービスを解説!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する13枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!【アメックス・ビジネス・ゴールド編】
詳細はこちら(公式サイトへ)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)

0.5~1.5%
(※)
2万2000円
年間利用額
200万円以上で
翌年の年会費は
半額の1万1000円に
3300円 あり
年会費無料
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのカードフェイス
【国内空港のラウンジ】国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)
【海外空港のラウンジ】 本人のみ無料で「プライオリティ・パス」の発行が可能
【国内旅行傷害保険】最高5000万円(自動付帯)
【海外旅行傷害保険】最高1億円(利用付帯)
【セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
年間利用額200万円以上で次年度の年会費が半額の1万1000円(税込)になる、コスパ最強のプラチナカード! 世界1300カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス(プレステージ会員)」、24時間365日、無料で秘書のように使える「コンシェルジュデスク」、海外ホテルのアーリーチェックイン/レイトチェックアウトのほか、レストランやスパなどを優待料金で利用できる「オントレ」など、付帯サービスが充実しているので、プラチナカード特典をお得に使いたい人におすすめ!
※年会費無料(2023年5月以降は税込5500円)の「SAISON MILE CLUB」に加入してJALマイルを貯めた場合は、マイル還元率1.5%+ポイント還元率0.25%。1マイル=1.5円換算。
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!【法人カード・ビジネスカード部門】
法人クレジットカード(法人カード)を保有するならセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスがおすすめ!コンシェルジュを秘書代わりに使えばメリット大!
年会費2万円で持てる、お得なプラチナカードは?プラチナカードの年会費と付帯サービスを比較して、コスパ最強の「おすすめプラチナカード」を紹介!
法人カードやビジネスカードのメリットを解説!社員に持たせるビジネスカードに、年会費の高いプラチナカードをおすすめする理由とは?
詳細はこちら(公式サイトへ)
還元率 年会費
(税込)
追加カードの年会費
(税込)
ETCカード
(税込)
カード
フェイス

アメリカン・エキスプレス・グリーン・ビジネス・カード(AMEX)

0.33~1.5%
(※)
初年度無料
次年度以降1万3200円
6600円 あり
(年会費550円)
JCB一般法人カードのカードフェイス
【国内空港のラウンジ】国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)を
                 本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】×
【国内旅行傷害保険】最高5000万円(利用付帯、最高1000万円の家族特約あり
【海外旅行傷害保険】最高5000万円(利用付帯、最高1000万円の家族特約あり
【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カードのおすすめポイント】
国内の提携ホテルに最大90%オフで宿泊できたり、映画館のチケット料金が500円オフになったりと、国内外20万カ所以上の契約施設をお得に利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員に無料で登録できる! さらに、最高5000万円の補償を受けられる「国内・海外旅行傷害保険(ともに利用付帯)」は、最高1000万円の家族特約が付くのも魅力。
※年3300円(税込)の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入、ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算。
【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カードで実施中のお得なキャンペーン情報!】
初年度年会費(税込1万3200円)が無料
【関連記事】
「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カード」は付帯特典とステータスが抜群の“最強の法人カード”! 経費管理や出張で役立つサービスを解説!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する13枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!
詳細はこちら(公式サイトへ)

ラグジュアリーカード(ブラック)(Master)

1.25% 11万円 2万7500円 あり
年会費無料
ラグジュアリーカード(ブラック)のカードフェイス
【国内空港のラウンジ】 国内24空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)
【海外空港のラウンジ】 本人、追加カード会員ともに無料で「プライオリティ・パス」の発行が可能
【国内旅行傷害保険】最高1億円(利用付帯)
【海外旅行傷害保険】最高1億2000万円(自動付帯、最高1000万円の家族特約あり
【ラグジュアリーカード(ブラック)のおすすめポイント】
還元率は常時1.25%と高還元のうえに、「事前入金サービス」を利用すればカードの限度額が最大9999万円になるので、高額な税金や経費の支払いでも大量のポイントを獲得できるのが大きな魅力! さらに、世界1300カ所以上の空港ラウンジを使える「プライオリティ・パス」、24時間365日、電話でさまざまな依頼に応えてくれる「コンシェルジュデスク」、全国200カ所以上もある対象の高級レストランのコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になる「ラグジュアリーダイニング」、国内外の対象のレストランを予約すると、指定場所から店舗までの往路をハイヤーで無料送迎してくれる「ラグジュアリーリムジン」など、数多くの豪華特典が付帯! しかも、クレジットカードは金属製で特別感があるので、ワンランク上の法人カードが欲しい人におすすめ!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(法人カード部門)
「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード! コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
詳細はこちら(公式サイトへ)

ラグジュアリーカード(チタン)(Master)

1.0% 5万5000円 1万6500円 あり
年会費無料
ラグジュアリーカード(チタン)のカードフェイス
【国内空港のラウンジ】 国内24空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)
【海外空港のラウンジ】 本人、追加カード会員ともに無料で「プライオリティ・パス」の発行が可能
【国内旅行傷害保険】最高1億円(利用付帯)
【海外旅行傷害保険】最高1億2000万円(自動付帯、最高1000万円の家族特約あり
【ラグジュアリーカード(チタン)のおすすめポイント】
カード自体が金属で作られているクレジットカード。高級レストランを2名以上で予約すると1名分が無料になる「Luxury Dining」、国際線利用の出発時・帰国時に手荷物を3個まで無料宅配してもらえる「手荷物無料宅配サービス」、メールでも電話でも年中無休で要望を叶えてくれる「グローバルコンシェルジュ」など、付帯サービスが豪華! 還元率1%と法人カードのなかでは高還元で、「事前入金サービス」を利用すればカードの限度額が最大9999万円になるので、高額な税金の支払いなどにもおすすめ。
【関連記事】
「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード! コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
詳細はこちら(公式サイトへ)
還元率 年会費
(税込)
追加カードの年会費
(税込)
ETCカード
(税込)
カード
フェイス

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)

0.5~2.0% 永年無料 無料 あり
年会費無料
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのカードフェイス
【国内空港のラウンジ】×
【海外空港のラウンジ】×
【国内旅行傷害保険】
【海外旅行傷害保険】
【セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
年会費が永年無料でお得なうえに、追加カードは年会費無料(発行可能枚数は4枚まで)と、法人カードの中でも年会費がトップレベルに安いのがメリット! また、通常還元率は0.5%だが、AWS(アマゾンウェブサービス)やクラウドワークス、ヤフービジネスサービス、モノタロウ(事業者向けサイトのみ)、エックスサーバーなどのWebサービスでは還元率2.0%の高還元になるので、特にWeb関連の仕事をしている人におすすめ!
【関連記事】
「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は“初めての法人カード”におすすめ! 年会費は格安でも、ウェブサービスでポイント4倍(還元率2%)など特典が充実!
法人クレジットカード(法人カード)を保有するならセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスがおすすめ!コンシェルジュを秘書代わりに使えばメリット大!
詳細はこちら(公式サイトへ)

JCBプラチナ法人カード(JCB)

0.5~1.5% 3万3000円 6600円 あり
年会費無料
JCBプラチナ法人カードのカードフェイス
【国内空港のラウンジ】国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)
【海外空港のラウンジ】 本人のみ無料で「プライオリティ・パス」の発行が可能
【国内旅行傷害保険】最高1億円(自動付帯、最高1000万円の家族特約あり
【海外旅行傷害保険】最高1億円(自動付帯、最高1000万円の家族特約あり
【JCBプラチナ法人カードのおすすめポイント】
高級レストランを2名以上で予約すると1名分のコース料理代金が無料になる「グルメ・ベネフィット」、世界1300カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プラチオリティ・パス」、24時間365日、秘書のように使える「プラチナ・コンシェルジュデスク」などの豪華特典が付帯するのに、年会費3万3000円(税込)は破格! さらに、最高1億円まで補償してくれる「国内・海外傷害旅行保険」が自動付帯するうえに、最高1000万円の家族特約まで付帯するほか、「国内・海外航空機遅延保険」「ショッピングガード保険」「カーアクシデントケア見舞金」など、万が一のときに頼りになる補償も充実
詳細はこちら(公式サイトへ)

ダイナースクラブ ビジネスカード(Diners)

0.5~1.5%
(※)
2万9200円 2枚目まで無料 あり
年会費無料
ダイナースクラブ ビジネスカードのカードフェイス
【国内空港のラウンジ】国内31空港
【海外空港のラウンジ】本人、追加カード会員ともに世界1300カ所以上の空港ラウンジを年間10回まで無料で利用可能。
                11回目以降は、1回につき3500円(税込)。
【国内旅行傷害保険】最高1億円(利用付帯)
【海外旅行傷害保険】最高1億円(うち最高5000万円は自動付帯)
【ダイナースクラブ ビジネスカードのおすすめポイント】
高級レストランを2名以上で予約すると1名分が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」や、一流レストランの予約が取りやすくなる「ダイナースクラブ ごひいき予約」、ダイヤモンド経営者倶楽部の「銀座サロン(ラウンジ)」を無料で使える特典など、ダイナースクラブ独自の付帯サービスが豊富! さらに、追加カードは年会費無料で2枚まで発行できるうえに、追加カードでも、海外空港のラウンジを年10回まで無料で利用可能、最高5000万円まで補償される「旅行傷害保険」が付帯、最高500万円まで補償される「ショッピング・リカバリー(ショッピング保険)」も付帯するなど、追加カードを2枚発行するならコスパは最強レベル!
※年6600円(税込)の「ダイナース グローバルマイレージ」に加入して、ポイントをマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。
【関連記事】
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2022年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!
「ダイナースクラブカード」のおすすめはこの2枚!「ダイナースクラブ ビジネスカード」と「銀座ダイナースクラブカード」のメリットとは?
詳細はこちら(公式サイトへ)

ビジネスカード・オブ・ザ・イヤー(2023年版)を発表!


 ザイ・オンラインで発表している「ビジネスカード・オブ・ザ・イヤー(2023年版)」で最優秀カードに選ばれた法人カード(ビジネスカード)を紹介! クレジットカードの専門家である「岩田昭男さん」と「菊地崇仁さん」の2人が、2023年時点でもっともおすすめする「法人カード」はコレだ!
【※関連記事はこちら!】
【ビジネスカード・オブ・ザ・イヤー(2023年版)】専門家がおすすめする法人カード(ビジネスカード)や法人カードのメリットや選び方をわかりやすく解説!

クレジットカード専門家の岩田昭男さん
クレジットカード専門家・岩田昭男さんが選んだ
おすすめの「法人カード」はコレだ!
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
還元率 0.33~1.5%
(※年3300円(税込)の「メンバーシップ・リワード・プラス」加入、ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 3万6300円
※初年度無料キャンペーン実施中
追加カード(税込) 1枚につき年会費1万3200円

【岩田昭男さんが最優秀「法人カード」に選んだ理由】

 法人カードなら「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」をおすすめする。

 法人カードは大企業向けのコーポレートカードよりも個人事業主に向けたビジネスカードに焦点が当たっており、その中で一歩抜きんでているのが「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・ビジネス・カード」だ。

 もともと「アメックス」は「T&E(Travel & Entertainment・旅行と娯楽」をモットーにする会社で、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」も旅行関連のサービスで強みを発揮する。格安航空券やホテルの予約を代行してくれるサービスがついていたり、法人カードの中では珍しくショッピングで貯めたポイントをマイルに交換できたりする。また、海外旅行傷害保険も最大1億円が付帯、社員が持てる「追加カード」でも最大5000万円の保険が付帯しているので、移動や宿泊での安心を担保してくれる。海外への出張が多い自営業者や会社経営者にはぜひおすすめしたい法人カードと言える。

 通常はスタイリッシュなメタル素材のカードだが、希望すれば一般的なプラスチックカードも無料で発行してくれる。
⇒付帯する特典や保険など、さらに詳しい解説はこちら!

公式サイトはこちら
クレジットカード専門家の菊地崇仁さん
クレジットカード専門家・菊地崇仁さんが選んだ
おすすめの「法人カード」はコレだ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
還元率 0.5~1.75%
※年会費無料(2023年5月以降は税込5500円)の「SAISON MILE CLUB」に加入してJALマイルを貯めた場合は、マイル還元率1.5%+ポイント還元率0.25%。1マイル=1.5円換算。
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のカードフェイス
発行元 クレディセゾン
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 2万2000円
(※年間200万円以上の利用で次年度の年会費1万1000円)
追加カード(税込) 1枚につき年会費3300円

【菊地崇仁さんが最優秀「法人カード」に選んだ理由】

 昨年は「ラグジュアリーカード(ブラック)」を選出していたが、2023年は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を選出した。年会費は2万2000円だが、年間200万円以上を利用すると年会費が優遇でされて半額の1万10000円になるのも魅力的だ。

「SAISON MILE CLUB」に登録すると、カード利用額1000円につき10マイル(JALマイル)が自動的に貯まるのに加え、2000円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まる(登録期間中は年15万マイルの上限がある)。なお、貯まった永久不滅ポイントもJALマイルに移行することで、合計のマイル還元率は1.125%となる(1マイル=1円換算。1マイル=1.5円換算で計算すると還元率は1.6875%になる)

 なお、従来は「SAISON MILE CLUB」のサービス年会費が無料だったが、2023年5月以降は5500円に変更されることが2023年2月16日に発表された。ただし、年間積算マイルが上限の15万マイルに到達した場合は次年度のサービス年会費が無料となるため、仕入れや税金、広告料などで年間1500万円以上を支払っている場合はクレジットカードの年会費1万1000円(半額に割引後)のみとなる。また、年間200万円以上を利用している場合でも「年会費(半額の1万1000円)+SAISON MILE CLUBサービス年会費(5500円)」の合計が1万6500円(税込)で済むことを考えると「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」はまだまだお得だろう。

 年会費2万円程度のプラチナカードの場合、いわゆるプラチナカードとしての特典が弱い傾向があったが、コンシェルジュデスクも富裕層向けのコンシェルジュサービスをグローバルに展開している「テン・グループ」に変わり、使い勝手も向上している。

 追加カードも9枚まで発行できるようになっており、スタートアップなど比較的小規模な企業の場合は社員全員にプラチナカードを発行できる。さらに、通常は入会金や年会費が20万円程度必要な「セゾンプレミアムセレクション by クラブ・コンシェルジュ」も無料で利用でき、取引先へのおみやげ手配なども可能で、ビジネスカードとしての機能も十分だ。


⇒付帯する特典や保険など、さらに詳しい解説はこちら!

公式サイトはこちら
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード公式サイトはこちら

 

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

【法人カードおすすめ比較】専門家が法人カードの還元率や年会費、付帯特典などのスペック&選び方を解説![2023年]の記事一覧

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード公式サイトはこちら
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード公式サイトはこちら アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード公式サイトはこちら セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

買っていい高配当株
米国株150診断
最新理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[買っていい高配当株/米国株診断]
◎第1特集
買っていい高配当株は87銘柄!
人気の株500+リート14激辛診断2023秋

●儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
第1四半期高進捗/円安が追い風/半導体・AI
●儲かる株の見つけ方[2]5大ランキング
第1四半期で上方修正した株/PBRが低い株/高配当利回り/少額で買える/理論株価と比べて割安
●儲かる株の見つけ方[3]セクター別の指標平均
配当利回り1位は石油・石炭!
●2023年夏のイチオシ株21
10万円株7/高配当株7/株主優待株7
●気になる人気株売り×買い分析
大型株393/新興株86/Jリート10

 

◎【別冊付録・その1】

割安か割高かがパッとわかる!
全上場3905銘柄の最新理論株価
◎【別冊付録・その2】

全28ページ!株や投信の選び方も!
新NISA入門「成長投資枠の儲けワザ」編
 

◎第2特集
人気のS&P500は来年夏に最高値へ
米国株150診断

●新NISAで米国株を買うべき4つの理由
●GAFAM+αで安心して持てる6銘柄
●20年増配が続く株
●20年ずっと株価が上がる株

●世界を変えるテーマ株を探せ!
●人気の126銘柄の投資判断
●NASDAQ46
●ニューヨーク証券取引所
●バフェット&孫社長に乗れ


◎第3特集
世界のインデックス丸わかり!
米国株vs全世界株どの指数に投資する?


◎人気連載もお楽しみに!

●マンガ恋する株式相場
「愛情のお返し!? 増える株主還元」
●マンガ
「長時間労働が常態化。残業代が出ない教師のブラック労働」

●おカネの本音!VOL.14「徳川家広さん」徳川19代目が語るあの将軍の裏バナシや昔と今の日本経済!
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「予想分配金提示型は高分配を維持!今回から6本を入替え!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報