iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]
2017年9月15日公開(2018年1月11日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
山崎 俊輔

iDeCo口座の取り扱い商品が多い金融機関がいいとは
限らない! 2018年5月に取扱商品上限が35本になる
iDeCo口座での投資戦略と金融機関の選び方を解説!

iDeCoのおすすめ金融機関

 iDeCoを活用した資産運用を考えるとき、しばしば指摘されるのが「iDeCoでは運用の選択肢(運用商品数)が少なすぎる」ということです。しかし、運用の選択肢が少ないことは本当にデメリットなのでしょうか?

 そこで今回は、iDeCoでは運用商品が少ない理由と、少なくても問題がない理由を説明していきたいと思います。

NISAのように運用商品は多くないものの、
iDeCoなら安全資産とリスク商品のどちらも選べる

iDeCoをNISAやつみたてNISAなどと比較NISAや財形年金貯蓄などと比較した場合の、iDeCoのメリット・デメリットとは?

 iDeCoと比較されることが多い、老後の資産形成に役立ち、かつ税制優遇がある制度としては、「財形年金貯蓄」や「NISA」、「つみたてNISA」(2018年1月開始予定)などが挙げられます。

 この中でもっとも運用商品の選択肢が少ないのは、「財形年金貯蓄」でしょう。会社ごとに取引できる金融機関は1つあるいは2つに限定されており、金融機関そのものを選ぶ自由度はありません。また、基本的に定期預金(保険会社なら保険)にしかお金を拠出できません。

 逆に選択肢が多いのは、「NISA(少額投資非課税制度)」です。こちらは個人向け国債など一部除外される商品があるものの、リスク商品であれば、ほとんどすべての商品に投資することができます(逆に、定期預金など安全性の高い商品は対象にならない)。証券会社でNISA口座を開けば、その証券会社の取扱商品のほとんどを選択でき、購入時に「NISA口座と証券総合口座のどちらで買うか」を選ぶことができます。もちろん個別株への投資も可能です。

 一方のiDeCoは、NISAのように商品の選択肢があまり多くありません。基本的に多くの金融機関のiDeCoで取り扱う商品数は、20~30本程度に収まっています。他の制度と比較すると、iDeCoは「安全性の高い商品と投資信託商品の双方が選択可能である」ことが強みで、「投資信託の本数が多くても数十本しかない」のが弱みといえるでしょう(とはいえ、致命的な短所ではないことをこれから解説します)。

 ちなみに2018年1月からスタートする「つみたてNISA」は、iDeCoに少し似ている「取扱商品に条件」があるNISAです。投資信託かETFが投資対象であり、投資方法は積立投資に限られます。また、販売手数料はノーロード(無料)で、信託報酬率も低コストであるなどの規制が課されるため、金融機関各社が取り扱える対象の商品数は120本程度になる見込みです(2017年8月30日の金融庁の発表より)。ただし、各社の実際の取扱商品本数はもっと少なくなることでしょう。

iDeCoとつみたてNISAは商品を「厳選」
インデックス運用中心なら面倒なく投資リターンを享受

 iDeCoとつみたてNISAは、「厳選」された商品を運用する制度です。個人が相場の行方を予想して個別銘柄を買うようなリスクの高い投資ではなく、市場の行方は読み切れないことを踏まえて、リスクは取っても市場平均程度に抑えるような投資のほうがiDeCoや「つみたてNISA」向きと言えます。

 公的年金運用や企業年金運用というと、プロが相場を見ながら売り買いを頻繁にして、市場平均(日経平均株価などの指標)を上回ることを目標にした「アクティブ運用」を行っているのでは、と思われがちですが、実際には「インデックス運用(日経平均株価やTOPIXといった株価指標に連動する運用方法)」を中心(コア)にした投資戦略をとっています(「パッシブコア戦略」などという)。これは「市場平均程度は確実に勝ちきる」ことと「市場平均より大きく負けない」ために、重要な投資戦略となります。

 個人で老後の資産形成をする場合でも、この「インデックス運用」を中心にすれば、リスクを抑えながら投資を行うことができます。その代わりに、どれだけ利益が大きくなっても譲渡益が非課税になるNISAでは、自由に銘柄を選んでアクティブ運用(インデックスを上回る成果を目指す)をするのがいいのではないでしょうか。

 「インデックス運用」は「普通の会社員が、普通に仕事をしながら、家族との時間も削らずに投資を続けていく」ためにもっとも効果的な選択です。投資に対して時間や情報収集などのリソースをほとんどかけずに、経済成長率と同等の投資リターンを得られる可能性が高くなります。ピケティも著書『21世紀の資本』で示しているとおり、投資で得られる利益の伸び率は賃金上昇率(定期預金の金利はこれに近い)を上回ると考えられていますので、投資初心者ならこの方法で十分ではないでしょうか。

【※関連記事はこちら!】
iDeCoで失敗しない「資産配分」と「運用方法」を3つのステップで紹介! 定期預金と投資信託への適切な資産配分とおすすめの投資信託の種類とは?

iDeCoの商品数は2018年5月から「上限35本」へ!
投資初心者でも選びやすい本数へと変更

 ところで、iDeCoを取り扱ういくつかの金融機関では、ラインナップされている金融商品の本数が多く、これを魅力と感じて申し込みを検討している人もいるかもしれません。例えばSBI証券は、60本以上の商品ラインナップを擁しています。

 しかし、現在は商品数に上限がないiDeCoも、2018年以降はその本数を減らすことになります。法律上の規制がかかるからです。

 確定拠出年金法は2016年5月の法改正の際、運用商品数の上限規制を定めることとしており、具体的な商品本数について、2017年2~5月にかけて専門委員会を開いて議論を行いました。結果として、金融機関各社が取り扱う商品数は「35本」を上限とすることになりました。それぞれの金融機関は、2018年の5月(予定)から5年間のあいだで、35本まで本数を厳選しなければなりません

 iDeCoについては金融機関各社が商品ラインナップを競い合い、個人が任意に選択する余地もあるため、商品数の規制には異論もありました。しかし、つみたてNISAと同様、利用潜在層として大多数を占める投資初心者の使いやすさを考慮した結果、35本という数字に落ち着きました(実のところ、筆者はこの専門委員会の委員を務めており、「投資初心者を念頭に置けば、商品数上限は35本より少なくてもいいのではないか」と主張した1人です)。

これからiDeCoに加入するなら、
金融機関各社の「商品の厳選」の方向感を見て選ぼう!

 iDeCoの取扱商品数の上限が35本に規制されると、各社が似たような商品を並べてくるかというとそうではありません。むしろ各社の「選択眼」をチェックするいい機会と考えてみてください。

 この上限本数がもし「10本」だったら、4つのアセットクラス(国内株式、外国株式、国内債券、外国債券)にインデックスファンドを1つずつ、バランス型ファンドを1シリーズ(株式と債券への投資比率などが異なる3本)、定期預金を2本も入れれば9本でほぼ上限ですから、選択の余地がほとんどありません。しかし35本もあれば、ベーシックな商品も、各社の独自性のある商品もどちらも盛り込むことができます。かつ、初めて投資をする人や普通の会社員が混乱に陥らずに選べるギリギリの本数だと思います。

 現在でも、銀行系金融機関のiDeCoと証券系金融機関のiDeCoでは、商品ラインナップの様相が異なります。銀行系は投資信託の数を抑えていますし、証券系は投資信託の選択肢を多めにしている傾向があります(その代わり銀行系は預金商品の本数が多いこともある)。これは金融機関による違いが表れているよい例といえます。

 また、労働金庫のように、もともと規制にかかわらず、商品数を10本前後に収めているところもあります。これは、メインターゲットとなる投資初心者が選べる投資商品の選択肢は多すぎないほうがいいというメッセージを込めてのことでしょう。実際、信託報酬(運用手数料)を抑えた商品が多く、どれを選んでも「割高なものをつかまされた」と感じることがないようになっています。

 一方で楽天証券のように、現在、取扱商品数を20本前後に抑えているところは、もしかするとこれから35本に収まる範囲で「追加商品」を提示してくるかもしれません。そうなれば、運用の選択肢の多様化を提案してくれることになるでしょう。

 金融機関が取り扱えるiDeCoの商品数に35本という上限が与えられたことで、むしろこれからは各金融機関の投資商品への「目利き」が問われるようになります。これからiDeCoへの加入を考えている方は、ただ単に投資商品の数に惑わされずに、どのようなコンセプトにもとづいて、どんな商品を厳選・提示してくるかに着目して、金融機関を選ぶことをおすすめします。

【※関連記事はこちら!】
「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo(個人型確定拠出型年金)の金融機関を比較!口座管理手数料や投資信託の取扱数などで比較した、おすすめの証券会社・銀行を紹介!

山崎俊輔(やまさき・しゅんすけ)[ファイナンシャルプランナー]
1995年株式会社企業年金研究所入社後、FP総研を経て独立。ファイナンシャル・プランナー(2級FP技能士、AFP)、1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)、消費生活アドバイザー。若いうちから老後に備える重要性を訴え、投資教育、金銭教育、企業年金知識、公的年金知識の啓発について執筆・講演を中心に活動を行っている。
「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!ザイ・オンライン編集部おすすめの証券会社はこちら!
「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説!「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に!詳しくはコチラ!
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「手数料(口座管理料)の安さ」で選ぶ!iDeCoの各種手数料が無料のおすすめ金融機関はこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?
はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「運用商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関はココだ!
「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!
iDeCoで人気の投資信託ランキング!SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!詳しくはこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説こちら!
【2018年8月7日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)がかかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には、国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる。 下記の金額は2018年4月以降の加入で、掛金を拠出する場合(すべて税込)。
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 31本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信をラインナップ!
口座管理料は残高を問わず誰でも0円、さらに加入時・移換時手数料も無料で、コスト面から最もお得な金融機関の1つ。投資信託は信託報酬の低いインデックス型が揃い、特に海外株型が充実。超低コストで全世界や米国に投資できる「楽天・全世界株インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は注目だ。「MHAM日本成長株ファンド」など好成績のアクティブ型があるのも魅力。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(信託報酬:0.1728%)
・楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))(信託報酬:0.2396%)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと無料でお得! 運用コストをおさえた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
楽天証券のiDeCoなら、口座管理料(運営管理手数料)が条件なしで誰でも無料!
楽天証券のiDeCo
◆SBI証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 63本

【おすすめポイント】投資信託のラインナップが最多!  口座管理料が誰でも無料!
投資信託のラインナップが63本群を抜き、バリエーションが非常に豊富。バランス型も含めてあらゆる投資対象で低コストのインデックス型投信をしっかり取り揃えているうえに、「jrevive」「ひふみ年金」など好成績で人気のアクティブ型投信があるのも魅力。口座管理料は誰でも0円、加入時・移換時手数料も無料でコストの観点からも最もお得な金融機関だ。

【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(信託報酬:0.1728%)
・DCインデックスバランス(株式80)(信託報酬:0.216%)
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でもいつでも無料! 投資信託のラインナップが他社より圧倒的に豊富!
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
◆SBI証券のiDeCo口座で買うべき投信19本を大公開!"手数料が0円"のSBI証券iDeCo個人型年金プランから信託報酬が低い&好成績のおすすめ投資信託を紹介!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 22本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! インデックス型投信の信託報酬は最低水準!
口座管理料が誰でもずっと「無料」。投信信託は計22本と投資初心者にも選びやすい数に絞り込まれており、超低コストの「eMAXIS Slim」シリーズなど信託報酬を抑えたインデックス型の投資信託を揃えている。加えて「jrevive」など好成績の人気アクティブ投信も用意。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0.11826%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 投資初心者にも選びやすい運用商品21本を厳選!
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
マネックス証券のiDeCoは、口座管理料が無料!  低コスト投信21本をラインアップ!
マネックス証券のiDeCo
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 23本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 銀行の中では最も条件がいい!
口座管理料が誰でも0円で、手数料の観点からも最もお得な金融機関の1つ。信託報酬の低い商品が揃っており、投資初心者にも選びやすい。イオン銀行は受付金融機関で、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料が0円となるのは条件付きなのに対し、無条件で0円とより有利。さらに信託報酬の安いバランス型投資信託があるのも魅力
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
・マイバランス70(確定拠出年金向け)(信託報酬:0.2592%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!ひふみ年金など、人気の投資信託16本で運用可能
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆野村證券
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
掛金1万円以上or
残高100万円以上
掛金1万円未満で
残高100万円未満
加入時 移換時
0円 283円 0円 0円 19本
【おすすめポイント】2018年4月から掛金が月1万円以上or残高100万円以上なら、口座管理料0円に!
掛金が月1万円以上もしくは残高100万以上なら、口座管理料が0円に。“掛金が月1万円以上”という条件は、多くの人が当てはまるはずだ。投資信託は、日本リート型を除き、低コストのインデックス型が一通り揃っている。2018年9月3日から、「ひふみ年金」など7本を追加予定。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX(信託報酬:0.2052%)
・マイバランスDC70(信託報酬:0.2592%)
iDeCo・野村證券の詳細記事はこちら
◆大和証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 15本
【おすすめポイント】大手対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でも無料!
大手の対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でもずっと無料で、ネット専業証券以外では最も条件がいい。投資信託のラインナップは15本に絞り込まれている。自社グループの商品が中心だが、インデックス型投信の信託報酬は十分低いといえる水準だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DCダイワ日本株式インデックス(信託報酬:0.27%)
・DCダイワ外国株式インデックス(信託報酬:0.27%)
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料が誰でも無料! 加入時の手数料も0円に! 投資初心者も選びやすい、厳選された投資信託が魅力
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆松井証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 11本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資信託は11本に厳選!
口座管理料は残高を問わず誰でもずっと無料投資信託は厳選された11本を用意している。信託報酬が低いインデックス型に絞り込んでおり、アクティブ型は人気の「ひふみ年金」と金に投資する投信の2本のみという思い切ったラインナップで、投資初心者にも選びやすい
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0.11826%)
【関連記事】
◆【松井証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 信託報酬が最安クラスの投資信託を11本ラインアップ
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
松井証券のiDeCoは、口座管理料が無料! 低コスト投信11本をラインアップ!
松井証券のiDeCo
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天証券のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのideco!楽天証券の公式サイトはこちら
SBI証券は投資信託が充実! マネックスは運営管理手数料0円 大和証券は投信15本を厳選!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
iDeCo申込み(個人型401kプラン)大和証券の公式サイトはこちら
運営管理手数料が無料、投資信託は63本も!関連記事はコチラ! 加入時手数料、運営管理手数料誰でも無料関連記事はコチラ! ダイワ年金クラブは口座管理料誰でも無料関連記事はコチラ!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株2018年
98銘柄が激突!
老後のお金の作り方

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【一番儲かる「勝ち株」に乗れ!最強日本株】

最強日本株2018年夏の陣!
東西に分かれ98銘柄が激突!
●2018年下期の攻略法! 
上期に上がった株下がった株
4人の達人による相場の見通し
●合戦1「株主優待株」の戦い
桐谷広人軍藤本誠之軍の精鋭株が一騎打ち
●合戦2「10万円株」の陣
楽天」VS「レオン自動機」ほか
●合戦3「高配当株」の争い
JT」VS「日産自動車」ほか
●合戦4「10倍株」の激闘
ラクスル」VS「サンバイオ」ほか
●合戦5「大型株」の変
スタートトゥデイ」VS「GMOペインメントG

60歳以上も必読!問題点がマンガでわかる!
人生100年時代の老後のお金の作り方&取り崩し方
年金、介護、長生き3重苦に打ち勝て
・老後のお金の貯め方&運用の仕方
・60歳以降の上手なお金のもたせ

円高米利上げのWパンチ!
全タイプで成績が大幅に低下
毎月分配型投信本当の利回り&分配健全度 

●IT企業を中心に急成長株が続々! 
今こそ狙え! 中国株

投信ETFに気軽に投資できる! 
ポイント投資の始め方

<別冊付録>情報や注文方法を味方に! 
新しい株の勝ち方! 


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング