節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
【第41回】 2017年9月28日公開(2017年9月28日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
風呂内亜矢

LCCを活用して、旅費を大幅に節約する方法!
初めてLCCに搭乗&ネット予約する際の注意点と
「成田-バリ島」往復5万5000円の乗り心地は?

 2017年はシルバーウィークがカレンダー上では最大3連休と短かったですが、有給休暇などを取得して海外旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか?

 海外旅行というと、大きな出費になるのが渡航費用。ただ、近年はLCC (Low Cost Carrier、格安航空会社)も身近になり、渡航費用をグンと安くできるようになっていることは、ご存じのとおりです。

 ただ、利用したことがない方からは「料金が安い分、乗り心地が悪いのでは?」「サービスが悪いのでは?」といった心配の声が、まだよく聞かれます。

 そこで今回は、私自身のLCCの搭乗体験を踏まえ、LCCの魅力やメリット・デメリットについてご説明しましょう。

そもそもLCCとは何なのか? レガシー・キャリアとの違いとは?

 現在、日本に就航している主なLCCとしては、Peach、ジェットスター、バニラエア、春秋航空、エアアジアX、イースター航空、済州航空などがあります。これらのLCCと、いわゆるレガシー・キャリア(従来の航空会社)は、何がどう違うのでしょうか?

 実は、「この条件を満たせばレガシー・キャリアで、満たさなければLCC」というような明確な定義はありません。

 定義はないものの、一般的に徹底したコスト削減の結果、レガシー・キャリアに比べて格安な料金で航空券を提供する航空会社のことを「LCC」と呼びます。

 どれくらい安いかは、利用するエアラインや路線、季節などの諸条件により変わりますが、レガシー・キャリアの正規料金と比較すると、なかには半額近くまで下がるケースもあります。

LCCは安全性を守りつつ、どうやって安値を実現しているのか? 

 とはいえ、「安かろう悪かろう」というイメージもあり、「LCCって安全性は大丈夫?」と不安に思われる方も多いでしょう。

 基本的に、安全性が低い航空機が空を飛ぶことは許されないので、LCCだからといって安全性に問題があるわけではありません。

 それでは、なぜLCCは格安な料金で航空券を提供できるのでしょうか? 主な理由は、以下のとおりです。

【LCCが格安料金を実現するために取り組んでいることの例】
◆同一の機体を使用するで整備コストを削減する
◆座席数やフライト数を増やして効率を上げる
◆レガシー・キャリアでは一般的な無料サービスを有料のオプション制にする
◆荷物の預け入れに料金を設ける。あるいは、無料で預けられる荷物の重量制限枠をレガシー・キャリアに比べて軽くする

 このようなコスト削減策によって、LCCは安値を実現しているわけです。安くすることで、安全面が損なわれているわけではない、とおわかりいただけるでしょうか。

 そんなLCCのメリットとデメリットをまとめると、下図のようになります。

LCCのメリット
レガシー・キャリアに比べ、安価で利用できる
シンプルなプランなので、従来のサービスで不要に感じていた過剰なサービスをなくせる
LCCのデメリット
フライトスケジュールがタイト(空港に待機する時間をなるべく短くしている)なため、遅延や欠航が発生しやすい
メジャーな空港でなく、郊外の空港を利用している場合がある
座席数を確保するためシートピッチが狭く、座席が狭く感じることがある
エンターテイメントなどの機内サービスが設備に組み込まれていない場合がある
機内食やドリンク、毛布などが標準のサービスになく、必要ならオプションとして追加で支払いが発生する
ウェブでの予約が中心で、会社によっては操作画面などがわかりにくい場合がある

 最大のメリットは、もちろん安いところ。値段が安くなった分だけ、サービスの充実度は低下するため、デメリットのほうが数は多くなっています。

 しかし、安さは何にも勝る魅力。デメリットを確認した上で、「これくらいなら我慢できる」と思うのであれば、LCCを検討する価値は十分あるでしょう。

搭乗して実感!LCCのオプション付きシートは、やみつきになる快適さ

 ここからは、私が「エアアジアX」を利用した際の体験談を紹介します。LCCの感想は人それぞれなので、一個人と意見として参考にしていただければと思います。

 2017年5月、エアアジアXの成田-バリ(インドネシア)間の直行便就航による特別キャンペーンを利用し、チケットを購入しました。「片道最安料金9900円~」という驚異の低価格です。

 一番安いのはスタンダードシートですが、往復ともに、オプションを付けてみることにしました。

 往路は、プレミアムフラットベッド(約3.6万円)、復路はクワイエットゾーンのホットシート(最前列)を指定。空港使用料やクレジットカードの決済手数料などの諸費用込みで、往復料金は約5万5000円となりました。

写真はエアアジアの公式ホームページからお借りしたもの。実際、このような姿勢でくつろぐことが可能です。
拡大画像表示

 なお、プレミアムフラットベッドとは、倒すとベッドのように体をほぼ横にできるという、ビジネスクラスのような座席です。

 また、クワイエットゾーンとは、10歳未満の子どもは利用できない、文字どおり静寂を重視したエリアです。ホットシートはスタンダードシートと同じ仕様ですが、足元がゆったりしていて、窮屈さはありませんでした。

 これらのオプションを追加した座席の乗り心地は非常に快適で、過去に搭乗したレガシー・キャリアと比べても遜色はありませんでした。フライト時間は7時間程度でしたが、往路に関しては体を横にでき、眠っているうちに到着したため、疲労感は少なかったです。

 過去に利用したレガシー・キャリアのエコノミークラスよりもずっとラクで、この価格(約3.6万円)というのは、かなりお得だったと言えるでしょう。今後またエアアジアXを利用するなら、ぜひプレミアムフラットベッドとホットシートを利用したいと思いました。

初心者はウェブ予約でつまずく可能性も。ミスしないように注意を!

 座席以外に気づいた点も挙げておきましょう。

 まず、モニターが目の前になかったのは、やや不便でした。レガシー・キャリアでも国内線などではほとんどモニターはついていませんが、長距離の国際線はついている場合が多いものです。長距離飛行のときに、モニターで映画などが観られないと時間を持て余すかもしれないので、タブレットに映画を取り込んでおくなどの事前準備がいりそうです。

実際に食べた機内食。味はおいしかったです。

 機内食をオーダーしたのですが、レガシー・キャリアのビジネスクラスにあたるプレミアムフラットベッドでも、スタンダードシートの機内食と内容は同じ。味はおいしかったですが、ごく簡素なものでした。

 また、飲み物などは機内で買うこともできるのですが、クレジットカードが使えずに不便さを感じることも。ただ、これらは支払った値段から考えると、大した問題ではないと言えるかもしれません。

 LCC体験を通じて一番苦労したのは、私の場合、チケットのウェブ予約です。LCCのチケットはウェブ予約が基本です。電話で予約できる場合もありますが、コストが高くなります。

 このウェブ画面、あくまで個人的感想ですが、オプションの付け方、外し方などがわかりにくく、誤って不要なオプションを追加してしまうようなこともありました。

 また、キャンセル処理などのアフターフォローも、レガシー・キャリアに比べるとイマイチなところが多々あったので、ミスをしないように覚悟して臨んでいただきたいと思います。

LCCは万人向けではない!乳幼児連れや高齢者などには不向き

 LCCが安くて良いといっても、不向きな人もいると感じます。具体的には、以下のようなタイプの人に向かないと言えるでしょう。

【LCCに向かないタイプとは?】
◆充実したサービスを重視する人
 座席や機内食のグレードアップなどオプションを追加するうちに、レガシー・キャリアとそれほど変わらない価格になってしまうこともあるので、サービス重視の人は初めからレガシー・キャリアを選択しましょう。

◆出張や弾丸旅行などタイトなスケジュール
 LCCは遅延が多く、遅延や欠航時の振替も原則としてありません。よって、渡航先で大事な会議がある場合や、渡航後にタイトなプランを組んでいる場合などには向いていません。

◆体力のないお年寄りなどを含むグループ旅行
 空港によっては、LCCのタラップから搭乗口まで離れており、かなり歩くケースもままあります。お年寄りやハンディキャップを持つ方は注意が必要です。

◆小さな子どものいるファミリー旅行
 LCCは乗り換え時間が短いことも多く、不測の事態で時間をとられがちな子ども連れの方は、フライトスケジュールに余裕のあるレガシー・キャリアのほうが安心かもしれません。また、子ども料金がなく、満2歳から大人一人分と同等の座席代が発生します。2歳未満の膝に乗せている乳児であっても、1500円程度の料金がかかる場合があります。

「スカイスキャナー」は、国内外の1200社以上のLCC・航空会社・旅行代理店各社の格安航空券を一括比較し、最安値の航空券を検索できるサイト。
拡大画像表示

 重要なポイントは、航空会社を選ぶ段階で、旅の目的や内容、予算をはっきりさせることです。LCCとレガシー・キャリアのどちらがより適しているか、判断しやすくなるでしょう。

 とはいえ、たくさんの航空会社からチョイスするのはなかなか難しいものです。私はまず、旅行の比較検索サイト「スカイスキャナー」で下調べをし、目星をつけたLCC各社のウェブサイトで検索を繰り返し、最安のプランを選ぶようにしています。

 LCCによって、海外旅行は以前よりも確実に安価で身近になりました。ぜひ、LCCデビューを果たし、お得に旅を楽しんでください。

(取材・構成/麻宮しま)

FP・風呂内亜矢さんの新刊が2017年9月に発売!
『図解でわかる!投資信託』(秀和システム)
『図解でわかる!投資信託』

資産運用の初心者向けに、株式や債券の基礎知識と、それらを組み合わせて作られる投資信託の手数料・値段・選び方・買い方などをわかりやすく解説した入門書。タイトルどおり、図解でイメージしやすいように構成されているため、「投資信託って難しそう」と感じている人に最適。

 

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2018年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]
2018年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)でおすすめクレジットカードはコレだ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2018年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
◆「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
(nanacoへの
チャージ分は
還元率0.5%)
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、「nanaco」チャージでも0.5%分のTポイントが貯まる!
関連記事
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン ソニー銀行の住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯!  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい株の儲けワザ
日・米株の激辛診断
NISA駆け込みガイド

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【常識にとらわれない新時代の必勝法!】

マネするだけでOKのラクワザ多数! 
新ワザで買う株68付き!新しい株の儲けワザ50
利回りで儲ける20のワザ
高配当ほど株価上昇
連続増配株急増中
隠れ優待株拾い方
値上がりで儲ける19のワザ
高ROEが儲かるウソ
半導体株こそ逆バリ
大阪株アツい
その他で儲ける11のワザ
IPO株非モテを狙え
手数料ゼロがカギ
男性下着が売れる株高

買っていい×買ってはいけない
人気の株500+Jリート14激辛診断
人気米国株100激辛診断
・NASDAQの高成長株35
・NYSEの国際優良株57
・ADRの世界の株

NISA2018年駆け込みガイド
桐谷さんの年末のNISA戦略

●「長寿投信」ベスト


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング