ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

グーグルは将来ハイヤー会社になる?
ただし「自動走行車」専用で。

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第260回】 2013年9月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 グーグルの動きが、自律走行車(自走車)のローンチに向けてどんどん加速しているようだ。

 それが明らかになったのは、先だって発表されたグーグルの投資部門、グーグル・ベンチャーズによる「ユーバー(Uber)」への投資である。

「ユーバー」とはどんな会社か?

 グーグル・ベンチャーズともう1社のベンチャーキャピタル会社TPGが2億5800万ドルを投入したこのユーバーは、2009年に創設されたスタートアップで、ハイヤーサービスを提供している。

 ユーバーのアプリでハイヤーを呼べば、位置情報によって近くにいる個人ハイヤーがすぐにつながり、到着時間もわかる。“足”のほしいユーザーとハイヤー運転手との個人同士を結びつけるというもので、サンフランシスコ、ニューヨークなどの都市部でかなり人気のあるサービスだ。

 なぜ、ユーバーへの投資が自走車と関連しているか。

 それには、いろいろな説があるが、1つはグーグルがいずれ自走車のフリートサービスに乗り出して、こうしたタクシー会社に自走車を提供するだろうということだ。そうなった時、グーグルのハードウェアとユーバーのユーザーやシステムがうまく合体する。

 それまでの間でも、ユーバーがユーザーや利用状況、走行する都市環境のデータを集め、それがグーグルの自走車の走行に貢献するということも考えられるだろう。いつ、どのルートが最もよく利用されるとか、どのくらいの距離が最も利用されるかとか、どこが混んでいるのかといったような細かなデータだ。

 また、グーグルがフリートサービスだけでなく、自ら自走車のハイヤーサービス会社になる可能性もある。うわさによると、グーグルは自ら自動車製造にも乗り出す見込みだ。

自動車メーカーの腰の重さに
痺れを切らしたグーグル

 同社は、自動車メーカー大手に自走車ソフトの提供を持ちかけているものの、保守的なメーカー側の受容はどうしても遅くなる。また規制問題もある。それを待つよりは、自ら製造を手掛けた方が早いのではないかというわけだ。すでに自動車部品メーカーとも話し合いを開始しているらしい。

 そうなれば、もう自動車もパソコンのようなコモディティである。グーグルは、そうして製造した自社製自走車を、ユーバーのようなハイヤーサービスに用いるのではないのかというわけだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧