クレジットカード比較
2013年9月20日公開(2016年11月17日更新)
ザイ・オンライン編集部

【2013年度版】
年数万円の差がつく、お得なクレジットカード選び 電子マネーと組み合わせて還元率3%以上を目指せ!

1

 高還元率の新しいクレジットカードの登場や電子マネーの普及などに伴い、利用するクレジットカードやその使い方次第で年間数万円もの差がついている! 今こそ、クレジットカードの見直しで家計を改善しよう!
(⇒2014年の最新情報を入れた記事「【2014年度版】お得なクレジットカード選び!高還元カードの「還元率」「年会費」を徹底比較!年間利用金額別「最強のメインカード」はコレだ!」はコチラ!)

クレジットカードの進化と電子マネーの相互利用で格差が拡大中!

クレジットカードに精通し、お得な情報を発信中。ポイ探 菊地崇仁さんポイ探 菊地崇仁さん
各種ポイント&クレジットカードに精通し、お得な情報を発信中。http://www.poitan.net/

◆保有クレジットカード&使い方で2~5倍も得できる!

 日本で発行されているクレジットカードは3億2164万枚で、成人1人当たりの保有クレジットカードは平均3.1枚(12年3月末時点、日本クレジット協会調べ)。
 しかし、利用しているクレジットカードの「還元率」を意識している人は少ないだろう。

 「還元率」とは、クレジットカードを利用して得られるポイントが利用金額の何%に換算できるかを示す数値。例えば、一般的なクレジットカードの場合、1万円の利用で得られるポイントは50円分、クレジットカードの還元率は0.5%ほど。

 しかし、世の中には一般的なクレジットカードの2~3倍以上の還元率を誇るクレジットカードが存在する。しかも、電子マネーと組み合わせることで3%超の還元率になるクレジットカードもあり、使い方でも還元率は大きく変わる。つまり、クレジットカードの選び方&使い方で、日々の生活で2~5倍以上の差がついてしまうのだ!
 消費増税に備え、得するクレジットカードに乗り換えよう!

◆クレジットカードで得するには集中と徹底活用にあり!

おすすめクレジットカードで得するには集中と徹底活用にあり!

 「クレジットカードで得するには、家計全体の支出を高還元率の、できるだけ少ない枚数のクレジットカードに集中させて、効率よくポイントを貯めること。例えば、公共料金のクレジットカード払いはもちろん、コンビニでの買い物や電車代などの出費もクレジットカードから電子マネーにチャージすればポイントが稼げますし、クレジットカードと電子マネーのポイントの2重取りも可能になります」

 そう教えてくれたのは、クレジットカード&ポイント情報サイト『ポイ探』の菊地崇仁さん。

 ちょうど今年3月、全国の交通系電子マネーの相互利用が開始され、関東圏以外でもJR東日本の「Suica」が使えるようになった。携帯電話やスマホの「モバイルSuica」にクレジットカードでチャージ(入金)すると、還元率が1.5%のクレジットカードもあり、関東圏以外でもSuicaを使うことでポイントが貯められる。

 また、nanacoやWAONなども利用店舗が増加中で、クレジットカード+電子マネーでポイントを稼ぎやすい環境になってきているのだ。

◆確実に使えるポイントが貯まるクレジットカードを選べ!

 このようにクレジットカードを徹底活用し、どのポイントを貯めるのか、というのがクレジットカード選びのキモだ。

 「ポイントをどこで使いたいかという『出口戦略』でクレジットカード選びは変わります。還元率が高くてもポイント交換の手間が煩雑だったり、複数のポイントに分散させすぎるとせっかく貯めたポイントが無駄になることも」

 クレジットカードで貯まるポイントには大きく分けて3種類ある。1つは用意された商品やギフト券などに交換できるポイント、もう1つは航空券に交換できるマイル、最後がクレジットカードの利用代金の返済や電子マネーとして使えるキャッシュバック型のポイント。商品に交換できるポイントは一般的には還元率が低く、還元率を上げるためにはポイント交換など煩雑な作業が必要。また、マイルは使い方次第で還元率は高くなるが予約が困難だったりして使い勝手はイマイチ。そこで今回注目するのは、確実に使えて還元率が高いキャッシュバック型のポイントだ。  

◆クレジットカードで得する! 3つのポイント

おすすめのクレジットカードで得する!3つのポイント。家計の全支出を1~2枚のクレジットカードに集中させよう!

【ポイント1】
家計の全支出を1~2枚のクレジットカードに集中させよう!

 スーパーや百貨店の提携クレジットカードは系列店の利用で還元率が高くなるが、他店舗での還元率は高くない。それよりもある程度還元率が高いクレジットカードに支出を集中させることで、ポイントが分散せずに管理が楽で、一定額の利用で年会費無料やボーナスポイントの特典付与や、家族カードなら夫婦で別のクレジットカードを持つよりもコストが安くなって還元率が上がる。

 

Suicaなどの電子マネーでポイント2重取りを狙え!

【ポイント2】
Suicaなどの電子マネーでポイント2重取りを狙え!

 電車代やコンビニなど、細かい出費でクレジットカードは使いにくい。しかし、Suicaやnanacoなどの電子マネーなら携帯電話やスマホをかざすだけで決済でき、電子マネーのポイントがもらえる。電子マネーにチャージする際にクレジットカードのポイントももらえるので還元率は2~3倍に! ただし、電子マネーのチャージでポイントがつくクレジットカードは限られるので、クレジットカードを選ぶ際は要注意。

 

おすすめのクレジットカードは使いにくいポイントより確実に使えるポイントを選べ!

【ポイント3】
使いにくいポイントより確実に使えるポイントを選べ!

 ポイントには発行会社や提携先のポイント、航空券に交換できるマイルなど、さまざまな種類があり、交換が可能。それゆえ、「○○ポイントを□□サイト経由で△△ポイントに交換すれば還元率○%に!」という裏技もあるが、そんなマメな人は少ないだろう。それよりはいつでも、簡単に使えるポイントを「出口」に選んで確実に消費することを心がけよう。

電子マネーにチャージできてポイント2重取りで還元率2倍!

電子マネーのチャージは現金ではなくクレジットカードがおすすめ!

◆電子マネーのチャージは現金ではなくクレジットカードで!

 ここ数年、電車はもちろん、コンビニやスーパー、外食チェーン店など、電子マネーの利用範囲が急速に拡大している。

 現在、電子マネーは大きく分けて2つ。1つは「Suica」を代表とする交通系電子マネーで、もう1つは「nanaco」「WAON」「楽天Edy」の流通系電子マネーだ。
 その中でも月間利用件数が多いのは「Suica」と「nanaco」で、クレジットカードとの相性がいいのもこの2つ。というのも、「WAON」はチャージできるクレジットカードの種類が少なく、「楽天Edy」はチャージしてもクレジットカードのポイントがつかないことが多いのだ。

 しかし、電子マネーを使っていても、その利便性だけで満足している人も多そうだ。
 昨年3月末時点のSuica発行枚数は3888万枚だが、その中でSuica一体型のクレジットカード保有者は348万人、モバイルSuica会員数は282万人にすぎない。これは「Suicaに現金でチャージしている人が多い」ことを示している。
 つまり、電子マネーにチャージすることで得られるクレジットカードのポイントを取り逃している人が多いのだ!

 クレジットカードと電子マネーを組み合わせることで、コンビニなどの少額決済でもクレジットカードと同じようにポイントが貯められたり、電車に乗る際にもポイントが貯まるだけでなく、電子マネーのポイント加盟店で利用すれば電子マネーのポイントも貯まり、還元率は約2倍に上昇する。このチャンスを逃す手はない!

各電子マネーの特徴を知って使いこなせ!
電子マネーの2強
  今なら系列以外の店舗でも
ポイントが貯まりやすい!
全国で利用が可能になり、
駅ナカ以外の加盟店が増加中
nanaco Suica
 発行元 セブン・カードサービス JR東日本
 発行手数料 カード=300円(8がつく日は無料)、モバイル=無料 カード=無料(デポジット代500円)、モバイル=年会費1000円
 チャージ限度額 5万円 2万円
 還元率  1%  0~1%
 特徴 イトーヨーカドーやセブン-イレブンのほか、西武百貨店、そごう、デニーズなどセブン&アイ系列店舗のほか、カラオケ館やカクヤスなどでも利用可能(ポイントも付与)。毎月8、18、28日はクレジットカード発行手数料が無料になるほか、イトーヨーカドーで食料品、衣料品などが5%引きになる。 全国の交通系電子マネーとの相互利用が始まり、全国の交通機関で利用が可能に。また、KIOSKやNEWDAYS、アトレなどの駅ビル、駅構内の自動販売機のほか、主要なコンビニ、イオン、ビックカメラ、ガスト、松屋などでも利用できる。毎週金曜日はNEWDAYSでの利用でポイント5倍。
その他の電子マネー
  チャージできるクレジットカードは
少ないがイオン利用者は必携
ポイント加盟店は多いが、
ポイントの2重取りは難しい
WAON 楽天Edy
 発行元 セブン・カードサービス JR東日本
 発行手数料 カード=0~500円(カードで異なる)、モバイル=無料 カード=300円(カードで異なる)、モバイル=年会費1000円
 チャージ限度額 2万~5万円 5万円
 還元率  0.5% 0~0.5%
 特徴 イオングループのほか、ファミリーマートや吉野家などで利用可能。イオンでは毎月20、30日に利用すると5%オフ、5、15、25日はポイント2倍になる。チャージ可能なクレジットカードが少ないのが残念。 楽天市場や主要コンビニのほか、マクドナルド、マツモトキヨシなど、利用可能店舗は35万カ所以上(ネット含む)で電子マネーではもっとも多い。ただし、チャージでポイントがつくクレジットカードが少ない。

 

◆電子マネーを使うなら「モバイル」が便利!

 では、実際に簡単にポイントの2重取りをするにはどうすればいいのか。重要なのは携帯電話やスマホなどの「モバイル」を利用することだ。

 もちろん、Suicaは駅の端末で、nanacoはPCに専用端末をつなげばクレジットカードでチャージできる。しかし、それでは切符を買ったり、レジで現金を出すのと同じで電子マネーの利便性を生かせない。
「モバイル」なら、事前にクレジットカード情報を登録しておけばわずかな操作でチャージが可能。残高が足りないときでもすぐに対応できるのだ。

 今年3月からの交通系電子マネーの相互利用開始に伴い、「Suica」以外の交通系電子マネーでは利用できなかった「モバイル」が利用できるようになり、東日本以外の人も還元率をアップさせることができそうだ。

◆モバイルSuicaを設定して使ってみよう!

 「モバイル」の電子マネーの登録方法はどれもほとんど同じ。

 携帯電話やスマホに「モバイルSuica」や「モバイルnanaco」のアプリをダウンロード&インストールし、クレジットカード情報を登録しておけば、あとはチャージしたい金額を指定するだけで、1分ほどの通信で終了する(詳細は下の手順を参照。ただし、「モバイルnanaco」はアプリのインストールからクレジットカードの登録までに4日ほど必要)。

 クレジットカードのポイントはチャージした時点で貯まり、電子マネーのポイントは「Suicaポイントクラブ」に入会後、「モバイルSuica」を加盟店や駅構内の自動販売機などで利用すれば貯まっていく。

現金よりも簡単に支払いができて、使うだけで約2%も節約できるチャンスを逃すな!

 【現金より便利でお得!】ポイント2重取りの仕組みとは?
STEP
1
◆モバイルSuicaやnanacoをスマホや携帯電話にダウンロード
アンドロイド搭載スマートフォンの場合、アプリ配布サービス「Google Play」で「電子マネー」と検索すると、「モバイルSuica」や「nanaco」「WAON」などが表示されるので、使いたい電子マネーのアプリを選んでインストール。
モバイルSuicaやnanacoをスマホや携帯電話にダウンロード
STEP
2
◆チャージ(入金)でポイントがつくクレジットカードの情報を登録! 
インストールが完了すればアプリを起動してみよう。「モバイルSuica」の場合、名前や生年月日、電話番号、クレジットカード番号、有効期限など、必要な情報を入力すれば会員登録が完了する。ほかの電子マネーもほぼ同じだ。 
チャージ(入金)でポイントがつくおすすめのクレジットカードの情報を登録!
STEP
3
◆金額を選んでチャージする!
チャージは「SF(電子マネー)」で「入金(チャージ)」を選択、金額を入力して「入金する(クレジットカード)」を選ぶ。1回の入金は1000円単位で1万円まで。この時点でチャージ金額分のクレジットカードのポイントが貯まる。
金額を選んでチャージする!
STEP
4
◆ポイント加盟店で買い物をして、電子マネーで決済する!
あとはSuicaが使える店舗で使うだけ。NEWDAYSやJRの駅ビルなどのポイント加盟店で使えばSuicaポイントが貯まってポイント2重取りが可能になる。nanacoなどと併用する場合、ポイントが貯まるほうで決済しよう。
ポイント加盟店で買い物をして、電子マネーで決済する!

 

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年6月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!