ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
クレジットカード活用術
【第12回】 2014年3月26日公開(2015年3月27日更新)
バックナンバー

「クレジットカード活用術」

著者・コラム紹介

菊地祟仁 きくち・たかひと
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

クレジットカード活用術

クレジットカード&ポイントの達人・菊地崇仁氏がビジネスパーソンの「最強クレジットカード」選びを強力にサポート! 高還元、マイル、共通ポイント、電子マネーなど、さまざまな観点から「最強のクレジットカード」の選び方と、業界再編で「戦国時代」に突入しているポイントの上手な活用術を伝授!

菊地祟仁

電子マネーに強い「SoftBankカード」なら
ソフトバンクの携帯電話利用者以外も
「ポイント2重取り+高還元」が実現できる!

1

(※編集部追記(2015年3月27日):当記事で紹介している「SoftBankカード」は、2015年2月28日をもって新規発行の受付が終了しました)

※編集部追記(2014年3月28日):本日、ソフトバンクから「ソフトバンクポイント」を7月1日から「Tポイント」に切り替えるという発表がありました(4月以降の新規契約者に対しては利用日から「Tポイント」が貯まる。ただし、ポイント付与は7月を予定)。携帯料金に対する「Tポイント」の付与率も「1000円=5Tポイント」に変更となります。記事中の「SoftBankマネー」から「Tポイント」への交換比率等も変更される可能性があります。内容がわかり次第、記事に追記をいたします)

 今回は、前回のNTTドコモに続き、ソフトバンクの携帯電話の端末購入代にあてられるソフトバンクのポイント&クレジットカードについて取り上げたいと思います。

 まず、ソフトバンクのポイントは2種類存在します。

 1つ目はソフトバンクの携帯電話の利用代金を支払うことによって得られるポイント。2つ目はクレジットカード「SoftBankカード」利用時に貯まるポイントです。それぞれのポイントについて説明していきたいと思います。

ソフトバンクのポイントが貯められるのは
「SoftBankカード」と「SoftBankカード プレミアム」

 まず、ソフトバンクの携帯電話の利用料金支払い時に貯まるポイントは「ソフトバンクポイント」です。これは、月額利用料金1000円(税抜)につき10ポイント貯まります。ドコモポイントのように、ステージもなければボーナスポイントもありません。非常にシンプルなポイントプログラムとなっています。

 ただし、シンプルすぎるため、「契約年数が長いから」「利用料金が多いから」といって、通常よりも多くのポイントを貯めることもできません。利用代金が多ければポイントを多く獲得でき、少なければポイントも少なくなります。

 貯まった「ソフトバンクポイント」は1ポイント=1円として、ソフトバンクの端末代、修理代、オプション品の購入に利用可能です。また、テレビCM等で人気の「お父さん」グッズやカタログギフトにも交換が可能となっています。ポイントの有効期限は最長3年です。

 次にクレジットカードですが、「ソフトバンクポイント」を効率よく貯められるクレジットカードは、「SoftBankカード」になります。「SoftBankカード」には、年会費無料の一般カードの「SoftBankカード」と、年会費1万円(税抜)のゴールドカードの「SoftBankカード プレミアム」の2種類があります。

SoftBankカード
 還元率  1.0%
SoftBankカード詳細はこちら
SoftBankカードフ詳細はこちら公式サイトはこちら
 発行元  クレディセゾン
 国際ブランド  VISA、Master、JCB
 年会費  永年無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 nanaco、楽天Edy

 年会費無料の一般カード「SoftBankカード」で決済すると、100円につき1ポイントなので、還元率は1%。ゴールドカード「SoftBankカード プレミアム」の場合は100円につき1.5ポイント(小数点以下は切り捨て)を貯められるので、還元率は1.5%になります。

 さらに、「SoftBnakカード プレミアム」の場合は年会費1万円(税抜)の支払い毎に1000ポイント加算されますので、実質の年会費は9000円と考えられます。

SoftBankカード プレミアム
 還元率  1.5%
SoftBankカード プレミアムカードフ詳細はこちら
SoftBankカード プレミアム公式サイトはこちら
 発行元  クレディセゾン
 国際ブランド  AMEX
 年会費(税抜)  1万円
 家族カード  あり(年会費1000円、税抜)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 nanaco、楽天Edy

ソフトバンクの「ソフトバンクポイント」と
「SoftBankカード」の「SoftBankマネー」の違い

 ここまで「ポイント」と書いてきましたが、「SoftBankカード」と「SoftBankカード プレミアム」の利用で貯まるポイントは、ソフトバンクの携帯電話利用料を支払った時に貯まる「ソフトバンクポイント」ではありません。

SoftBankカード」「SoftBankカード プレミアム」では何が貯まるかというと、「SoftBankマネー」というポイントが貯まります。この「SoftBankマネー」を「ソフトバンクポイント」に交換できるという仕組みです。

 交換レートは「100 SoftBankマネー=100ソフトバンクポイント」。1 SoftBankマネーは1円として考えられますので、「SoftBankカード」の還元率は1%、「SoftBankカード プレミアム」の還元率は1.5%となります。

「ソフトバンクポイント」として使うには、「SoftBankマネー」を交換する手間がかかり面倒ですが、交換するメリットもあるのです。

クレジットカードおすすめ比較!最新情報はこちら!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
年会費無料で選ぶ!高還元率クレジットカードおすすめランキング!
人気ランキングで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!

 

【2015年8月時点・最新情報】
還元率・年会費etc.で徹底比較!クレジットカードのおすすめはコレだ!

順位 還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
1位  リクルートカードプラス
2.0% 2000円 JCB Suica
nanaco
リクルートカードプラスカード公式サイトはこちら
【リクルートカードプラスのおすすめポイント】
業界トップの還元率2%を実現! しかも、モバイルSuica、nanacoへのチャージでもポイントが貯まるので、コンビニや自動販売機などのでの少額決済はもちろん、税金や健康保険料、国民年金などもnanacoで支払えば2%節約できる。貯まったポイントは「Ponta」に交換可能
関連記事【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2015】2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2015年初時点で一番おすすめのクレジットカードはコレだ!
2位  OricoCard THE POINT
1.0~2.0% 永年無料 VISA、Master Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント
2014年6月に誕生。年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率(上限1万ポイント)、7カ月以降も通常還元率は1.0%。ネットショッピングでは「オリコモール」活用でAmazonでは2%など、合計還元率は高くなる!「iD」「QUICPay」搭載で少額決済も便利。
関連記事年会費無料クレジットカードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
3位  Yahoo! JAPANカード
1.0~2.0%
永年無料 VISA、JCB、Master Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
4位  イオンカードセレクト
0.5~1.0% 永年無料 VISA、JCB、Master Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍になる特典も。これ以外の「イオンカード」保有者は切り替えを!
関連記事イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
5位  楽天カード
1.0% 永年無料 VISA、JCB、Master Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カードの公式サイトはこちら!
【楽天カードのおすすめポイント
「8秒に1人」が申し込んでいると言われる超人気カード(※2013年9月~11月の申込人数を3カ月間の秒数で計算)。還元率1%で「楽天スーパーポイント」が貯まる「わかりやすさ&使いやすさ」が人気の秘密。楽天市場のヘビーユーザー以外にもおすすめのカード。
関連記事[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2015]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2015年初時点で、一番おすすめのカードはコレだ!
Special topics pr

【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

Wチャンス高配当株
株主優待ベスト100
株主総会みやげ図鑑

9月号 7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【増配&株価上昇!Wチャンス高配当株】
別冊付録・株主優待目的別ベスト100
配当利回り&最低購入額ランキング
個人投資家の高配当株での儲けワザ
・武田やドコモなど人気高配当株診断
・配当狙いのNISAの正しい使い方
外食株の株主優待ベストバイ
配当優待利回りランキング
桐谷さんの外食優待のオトクワザ
・高級店・ランチ・多業態のベスト優待
・株主総会おみやげ図鑑2015
・今が狙い目の出遅れ10万円株
桐谷さんが参戦!自腹50万円デイトレ
日経平均を2万円で買うETF
ラップ型など売れ筋投信は買いなのか
・死亡保障&医療・がん!入っていい保険
・マンガ「日本に介護難民が溢れる日」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2015年初時点で、一番おすすめのカードはコレだ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!