ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

虎ノ門ヒルズがオープンで
高まる地価の上昇機運

週刊ダイヤモンド編集部
2014年6月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「世界一の都市を目指す東京の新たなランドマークの誕生をお祝いしたい」。

 安倍晋三首相は、にこやかな表情を浮かべてこう語り、森ビルの辻慎吾社長や、東京都の舛添要一知事と固い握手を交わした。

6月11日に開業した虎ノ門ヒルズ。周辺では東京五輪に向けて開発が進む
Photo by Hidekazu Izumi

 6月11日、都心と湾岸を結ぶ幹線道路の環状2号線と一体で、総事業費2340億円をかけて森ビルが開発した「虎ノ門ヒルズ」が開業した。

 地上52階建て、高さ247メートルの超高層ビルは、都内2番目の高さでまさにランドマークだ。オフィスやマンション、国際会議場などが入る複合施設で、47~52階には高級ホテル「アンダーズ東京」が入居する。オフィス階には、すでに20社程度が入居、ほぼ満室での稼働となった。

 森ビルの辻社長は、「虎ノ門ヒルズを起爆剤に、五輪やさらにその先へ向けて都心の再開発を加速する」と語り、1兆円を投じて「今後10年間で周辺の港区に超高層ビルを10ヵ所程度建てる」とぶち上げた。

 これまで虎ノ門エリアは、低層階のビルが密集し、他のオフィス街と比べて再開発が遅れていた。しかし、虎ノ門ヒルズの開業が号砲となり、街の様子は一変する。

 まず、政財界の関係者が利用することで有名だったホテル「虎ノ門パストラル」跡地には、オフィスや住宅が入居する複合高層ビルが建設される予定だ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧