クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]
2014年12月8日公開(2017年11月1日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ポイ探ニュース(菊地崇仁)

SBI証券の口座保有者にもおすすめ!
「SBIレギュラーカード」は最大還元率1.2%で
便利な機能が満載の隠れた実力派カード!

1

(※「SBIレギュラーカード」の還元率や年会費などのスペックが、2015年10月1日より変更(ポイント制度は改悪)されています。詳しくはこちらの記事を参照してください「SBIカード」がポイントサービスを大幅改悪?新たに追加されたボーナスポイントを計算に入れると「SBIカード」ユーザーの最もお得な選択とは?

 「SBIレギュラーカード」はSBIカードの発行で、年会費無料で最大還元率が1.2%と、なかなか良いカードだ。

SBIレギュラーカード
 還元率  1.0~1.2%
SBIレギュラーカード
 発行元  SBIカード
 国際ブランド  MasterCard
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA

 しかし最近では、下表のように年会費無料で1%を超えるようなカードが多く見られるため、還元率だけで比較する、「SBIレギュラーカード」はそれほど目立った存在ではなくなってしまった

■還元率1.0%超の年会費無料カード
カード名 還元率 年会費(税抜) 公式
サイト
初年度 2年目以降
レックスカードライト 1.25% 無料 無料
Orico Card THE POINT公式サイトへ
リクルートカード 1.2% 無料 無料
Orico Card THE POINT公式サイトへ
OriciCard THE POINT 1.0% 無料 無料
Orico Card THE POINT公式サイトへ
Amazonマスターカード 1.0% 無料 前年に1回でも
利用すると無料
Amazonマスターカード公式サイトへ


 そんな還元率競争の中では埋もれてしまっている「SBIレギュラーカード」だが、実は意外と使い勝手の良いカードなのだ。今回は、そんな「SBIレギューラーカード」の便利な特徴を6つ紹介したい。

 結論を先に書いてしまうと、「SBIレギュラーカード」は特に次のような人に向いているカードとなる。

  ・新社会人などの若い人(特徴1、特徴2、特徴3参照)
  ・「au WALLETカード」を使っている人(特徴4参照)
  ・SBI証券で投資信託を保有している人(特徴5、特徴6参照)

 これから紹介する特徴はどれもインパクトの強いものではないが、地味に便利な機能なので、「SBIレギュラーカード」が保有すると重宝するカードであることがわかってもらえるはずだ。

【特徴1】
ポイントは商品への交換ではなく
キャッシュバックされる

 「SBIレギュラーカード」で貯まるポイントは、「サークルプラス」だ。月利用金額1000円につき10ポイント獲得でき、5000ポイント貯まったら5000円、1万ポイント貯まったら1万2000円キャッシュバックが可能だ。

 通常のクレジットカードで貯まるポイントは、何らかの商品に交換したり、ポイントで新しく商品を購入しなければならない。言い換えれば、もし欲しいも商品がないときでも、ポイントを消費するためにはいらない商品に交換・購入することになる。

 しかし、「SBIレギュラーカード」のようにキャッシュバックであれば、無駄に新たな商品を購入する必要がなく、貯蓄や投資などに利用することも可能となる。

【特徴2】
毎月の端数が翌月に繰り越されるので
全ての利用金額に対してポイント獲得可能

 「SBIレギュラーカード」のポイントは、1000円の利用につき10ポイントの付与となる。例えば、毎月5万3453円を1年間利用した場合、通常のクレジットカードであれば、端数部分の453円に対してはポイントが付与されない。年間で考えると、

  453円×12ヶ月=5436円

の利用分が切り捨てられていることになる。

 しかし、「SBIレギュラーカード」の場合は、端数部分の453円は翌月のポイント計算時に加算される。そのため、翌月は

  5万3453円+453円=5万3906円

の利用料金に対してポイントが付与されることになる。ただし、この場合も530ポイントの獲得となり、さらに906円分が翌月に繰り越される。そして次の月は、

  5万3453円+906円=5万4359円

に対してポイントが付与されるため、540ポイント獲得でき、359円分が翌月に繰り越される。

 このように、端数の繰り越しを繰り返すことで全ての金額に対してポイントが獲得でき、支払った金額を1円も無駄にする事なくポイントを獲得することができる。

【特徴3】
引き落とし日に残高が足りなくても
延滞履歴がつきにくい

 カード会社によっては、引き落とし日に銀行口座から引き落としができない場合、翌日に再度引き落としが行われることがある。次の日までに銀行口座に入金しておけば、自動で引き落とされ、延滞にならないという良心的なシステムだ。

 しかし多くのカード会社は、1度でも引き落とし日に口座残高が足りないと、例え翌日に引き落としができても延滞履歴が付いてしまう。

 延滞となった場合は、「CIC」などの信用情報機関に延滞情報が登録される。「CIC」に延滞履歴が残ると、住宅ローンなどの各種ローンが借りられないことがある、携帯の割賦販売を利用できないことがある、他のクレジットカードを申し込んだ時に審査落ちしやすくなる、といったデメリットがある。

 しかし、「SBIレギュラーカード」は、引き落とし日に一括で引き落としができなかった際、自動的にミニマムペイメント金額の引き落としを試みる。

 例えば、5万円の請求があった時に口座残高が4万円しかないと引き落としができないが、その場合はミニマムペイメント金額の3000円(下表を参照)が口座から引き落とされる。ただし、残りの4万7000円は自動的にリボ払いとなり、リボ金利が発生することになる。

■ショッピング利用残高でミニマムペイント金額が決まる
ショッピング
利用残高(元本)
ミニマム
ペイメント金額
ショッピング
利用残高(元本)
ミニマム
ペイメント金額
10万円未満 3000円 60万円以上70万円未満 1万8000円
10万円以上20万円未満 5000円 70万円以上80万円未満 2万0000円
20万円以上30万円未満 8000円 80万円以上90万円未満 2万3000円
30万円以上40万円未満 1万円 90万円以上100万円未満 2万5000円
40万円以上50万円未満 1万3000円 以降、10万円増す度に 5000円追加
50万円以上60万円未満 1万5000円

 リボ金利は発生するものの、「引き落とし完了」の扱いになるために延滞とは見なされず、「CIC」などの履歴には延滞なしとして登録される。もちろん口座残高が3000円未満の場合、ミニマムペイメント金額の3000円も支払えないため、延滞履歴が残る。

 一度ついたCICの延滞履歴を消すには、クレジットカードを2年間延滞なしで使うしか方法はない。もしクレジットカードを解約してしまうと、5年間延滞情報が残ることになる。リボ金利が多少かかったとしても、延滞履歴が付かないメリットの方が大きいだろう。

 なお、万一リボ払いになっても、翌日以降に「オンラインチェック」を利用すれば即時に支払いを済ますことが可能なため、すぐに支払えば実際はそれほどの金利は発生しない。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)でおすすめクレジットカードはコレだ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ
【2017年12月1日時点・最新情報】

還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.1%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の100倍=0.1%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.001%程度の今、普通預金金利が0.1%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カードとの呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP