クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]
2015年2月6日公開(2016年6月8日更新)
バックナンバー

「クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]」

著者・コラム紹介

菊地祟仁 きくち・たかひと
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開 発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイ レージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]

ポイ探ニュース(菊地崇仁)

プラチナカードの年会費が実質3分の1以下に!?
招待不要でつくれる「三井住友プラチナカード」の
年会費5万円を劇的に安くする裏ワザを大公開!

1

 今回は、三井住友カードのプロパーカード(他社と提携せず、自社で発行しているクレジットカード)の中でも、最上位クラス位置づけられる「三井住友プラチナカード」を紹介したい。

 筆者は、三井住友カードの提携カードである「ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード」を保有している。このクレジットカードは、プロパーカードである「三井住友プラチナカード」とは多少サービスが異なるが、コンシェルジュサービスなど一部のサービスが共通している。そこで本記事では、筆者が実際に利用したコンシェルジュサービスなどは自分の体験談から、それ以外のサービスは申込書やパンフレットからの情報をもとに解説していこう。

三井住友プラチナカード
 還元率  0.3~0.5%
おすすめクレジットカード!高還元率の三井住友プラチナカード
三井住友プラチナカード公式サイトはこちら
 発行元  三井住友カード
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費(税抜)  5万円
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 -

「三井住友プラチナカード」は
インビテーションなしで申し込める

 「三井住友プラチナカード」の基本サービスは、「コンシェルジュサービス」や「ホテルや旅行の割引」、「2名以上の予約で1名分のコース料理が無料となるレストランでの特典」など、プラチナカードとしては一般的な内容となっている。

 そして、「三井住友プラチナカード」ならではの特徴としては、インビテーションなしでも申し込めることが挙げられる。

 プラチナカードの多くは、自分から申し込むことができない。まず、下のランクであるゴールドカード利用を続け、そのうちカード会社の方からプラチナカードへのランクアップの招待(インビテーション)が来るのを待たなければならないのが一般的だ。

 しかし「三井住友プラチナカード」は、カード会社からのインビテーションがなしで自分から申し込むことができるため、いったん「三井住友VISAゴールドカード」を申し込み、そこからステップアップをするという手順を踏まなくても良い。

 とはいえ、「三井住友プラチナカード」が他のプラチナカードと比較してハードルが低いわけではなく、基本的な審査はインビテーションが送られるプラチナカードと同じとなる。

「三井住友プラチナカード」の年会費5万円は
やり方次第で実質1万3920円まで下げられる

 「三井住友プラチナカード」のポイントプログラムは、「ワールドプレゼント」となる。
 月間利用金額1000円につき1ポイント獲得でき、1000ポイント貯まると「VJCギフト券」5000円分に交換できる。1ポイントの価値は5円相当と考えられるため、還元率は0.5%だ。ポイントの有効期限は4年で、これは一般クレジットカードの2倍の期間となっている。

 「ワールドプレゼント」には、年間利用額に応じて翌年のポイント付与率がアップする特典がある。下の表のように、50万円以上利用すると「V1」、100万円以上利用すると「V2」、300万円以上利用すると「V3」と呼ばれるステージになり、それぞれのランクでのポイントアップ率は20%、30%、60%となっている。

■「ワールドプレゼント」のステージとポイントアップ率
年間利用額(※) ステージ 翌年のポイントアップ率 ボーナスポイントを
考慮した還元率
 300万円以上 V3  50万円で300ポイント
 以降10万円ごとに60ポイント
0.8%
 100万円以上 V2  50万円で150ポイント
 以降10万円ごとに30ポイント
0.65%
 50万円以上 V1  50万円で100ポイント
 以降10万円ごとに20ポイント
0.6%
 50万円未満  0% 0.5%
 ※毎年2月~翌1月まで

 「三井住友プラチナカード」での年間利用金額が300万円の場合を考えると、ボーナスポイントを考慮した還元率は0.8%で、獲得ポイントは2万4000円分となる。年会費は5万円(税抜)、消費税8%時だと5万4000円(税込)なので、獲得ポイント分を差し引くと、実質的な年会費は3万円(税込)となる。

 さらに、「三井住友プラチナカード」は、カード利用代金の「WEB明細サービス」に登録することで、年会費は1000円 (税抜)割引される。その割引分まで考慮すると、実質年会費は2万8920円(税込)まで下がる。

  ・5万4000円ー1080円(税込)ー2万4000円=2万8920円

 また、プラチナカードでリボ払いをする人は少ないだろうが、「三井住友プラチナカード」では「マイ・ペイすリボ」が利用できる。「マイ・ペイすリボ」は、毎月の支払額を自分で決められるリボ払いのサービスだが、これを利用することで獲得ポイントが2倍となる特典が受けられる。

 年間利用金額が300万円、「マイ・ペイすリボ」でポイントを2倍にした場合を試算すると、年間獲得できるポイントは3万9000円分還元率は1.3%となる。

  ・通常ポイント3000p+マイ・ペイすリボ3000p+V3ボーナス1800p
   =7800p
  ・7800p×5円=3万9000円分
  ・3万9000円÷300万円×100=1.3%

 さらに、「マイ・ペイすリボ」+「WEB明細サービス」登録で、実質年会費は1万3920円(税込)と一般的なゴールドカード並みまで下げることが可能となる。

  ・5万4000円ー1080円ー3万9000円=1万3920円

 なお、「マイ・ペイすリボ」を利用すると年利15%のリボ金利がかかるため、普通に利用するのはおすすめできない。リボ金利を最小限に抑える方法を知らない場合は、使わないほうが良いだろう。

 「三井住友プラチナカード」を含む三井住友カード発行のクレジットカードの年会費を下げる方法は、関連記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にして欲しい。
(関連記事⇒「三井住友VISAカード」「ANA VISA Suica」「Amazon MasterCardゴールド」などの年会費を最大で半額~無料にできる3つの方法とは?

三井住友プラチナカード
 還元率  0.3~0.5%
おすすめクレジットカード!高還元率の三井住友プラチナカード
三井住友プラチナカード公式サイトはこちら
 発行元  三井住友カード
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費(税抜)  5万円
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 -

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年5月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!