ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
成功を収めたトップに学ぶ経営哲学

成功を収めたトップに学ぶ経営哲学

〔企業の課題解決〕厳選記事まとめ

2015年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

企業のトップは信念をもって経営にあたらなければならない。成長が続く、成功を収めた経営者はどのような経営哲学・経営方針をもっていたか。そこにはどの経営者にとっても役に立つヒントがある。

日本初「日本経営品質賞」2度受賞の経営の秘密

12年連続で増収増益が続く理由は「社長の価値観を全社員が共有」

最強の組織を作るために「朝一番、30分だけ、全社員に掃除をさせる」

日本で初めて「日本経営品質賞」を二度受賞した株式会社武蔵野の小山昇氏が語る、儲かる会社にガラリと変わる「最強の組織を作る方法」

 

激戦を勝ち抜く「スシロー」の商売哲学

まっすぐ「バカ正直」にやり続ける

お客様を驚かせたときに「値打ち」は生まれる」

30年前、一軒の寿司屋が始めた回転寿司チェーン「スシロー」。利益を二の次にひたすら「味」にこだわり続けた結果、業界トップの国民的企業に成長。

 

「敵の意表をついて小が大に勝つ」

貼り合うことで敵が疲弊するポイントを攻める

最強の戦略書『孫子』から経営哲学を学ぶ。相手のある競合を前提とした戦略で「最もイヤな攻撃」で攻めるのは極めて重要。

 

部門別採算制度が「全員参加の経営」を実現する

JALを再建に導いた経営手法「アメーバ経営」

「アメーバ経営」は「全員参加の経営」が目的で、「人の活性化」を目指す仕組み。幹部と全社員の意識改革、部門別採算制度がJALを再建した。

 

変えるべきでない伝統を守り、大事なものを守るための変化は恐れない

山口県の山奥にあるつぶれかけた小さな酒蔵の日本酒「獺祭」は、型破りな経営で世界約20カ国に展開するまでに。逆転のポイントは「変わることを恐れない」という伝統だ。

 
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


経営課題の解決

経営戦略、マネジメント、事業展開、人材育成、営業力強化、販売促進……、企業トップが抱える様々な経営課題。その解決のヒントとなる記事をダイヤモンド・オンラインから厳選してピックアップ。課題テーマ別の「まとめ」で紹介する。

「経営課題の解決」

⇒バックナンバー一覧