ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヒット商品を生み出すマーケティングはここが違う

ヒット商品を生み出すマーケティングはここが違う

〔販売の課題解決〕厳選記事まとめ

2015年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

自社のビジネスの顧客をしっかり捉え、売れる仕組みを確立ることは企業経営に欠かせない。売り上げを伸ばし、成長を持続させるために必要な戦略と仕組みを作るため市場分析、販売促進手法を解説。

日本企業のマーケティングが失敗する理由

“マーケティング”と“セリング”は違う

マーケティングさえできれば「強い営業」はいらない

今は単純に「製品が良ければ売れる」時代ではない。「製品志向」時代の成功体験が次のステップの足を引っ張っている。「モノ」の開発ではなく「コト」=「ストーリー」の開発が必要。

 

「ホームランか三振か」。市場を創造するヒット商品のつくり方

「市場創造型」商品は、何かを度外視すると生まれる

「やりたい」社員にすべてを任せる。抜擢人事が社員のヤル気に火をつける

飲料市場は毎年数多くの新商品が出るが、翌年以降も残って定番化するのは数種類だけ。ヒットする商品は1000のうち3つ――いわゆる「千三つ」の市場。だから「ある程度売れる常識的な商品」でなく「ホームランか三振」でなければいけない。

 

通販で売り上げがアップする最強の仕組み

儲かるネット通販と貧乏ネット通販の違いは単純な基本的作業の違い

ネット広告の通販の第一人者、加藤公一レオが明かす、「100%確実に売り上げがアップする最強の仕組み」。2時間50万円のコンサル内容を惜しみなく公開。

 

ブルーボトルコーヒーの出店戦略

消費トレンドは「標準化・画一化・多店舗化」から「個性化・多様性・個店化」へ

日本の消費者がいま一番求めている「本物」への回帰。ブルーボトルコーヒーは「私たちはおいしいコーヒーを売ります」と断言。大量出店も大量販売もなく、従来型のチェーンストアオペレーションとは全く異なる。

 

なぜ、東京ディズニーランドは飽きられないのか

消費者の「飢餓感」を作り出す、情報のコントロールが絶妙

テレビや駅の広告、テレビ番組の中で紹介されるイベント…。露出量が多くてもブランド価値が保たれる、徹底したブランディングの仕組み作りの秘密。

 

ソーシャル時代の顧客と、企業はどう向き合うべきか?

ソーシャルメディアが顧客戦略に大きな転換を迫っている。企業はこれを上手く活用し、社会・市場・顧客との新たな関係性の枠組みを構築していく必要がある。

 

 

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


経営課題の解決

経営戦略、マネジメント、事業展開、人材育成、営業力強化、販売促進……、企業トップが抱える様々な経営課題。その解決のヒントとなる記事をダイヤモンド・オンラインから厳選してピックアップ。課題テーマ別の「まとめ」で紹介する。

「経営課題の解決」

⇒バックナンバー一覧