ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ
【第15回】 2015年7月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤スティーブ

イスラエルに直行便就航へ、関係がより密接に

2015年前半、イスラエルのスタートアップエコシステムを振り返る

previous page
4
nextpage

イスラエルの「異常値」

 日本と比較するとイスラエルの「異常値」が、よくわかる。日本もスタートアップバブルと言われているが、実際のところどんなものか。

 2015年7月10日の執筆時点では公的機関の統計資料が発表されていないため、参考までに、The StartUpの梅木さんの「2015年上半期M&Aされた国内スタートアップ14社まとめ:半分はEC関連」を参照する。2015年前半、日本は人口1億2000万人で、スタートアップ界隈で買収された企業は14件。買収金額は、全て公開されていないが、最大でも500億円程度に収まるだろう。

 前ページで述べた通り、イスラエルは人口800万人足らずで、「58」の企業が買収され、買収総額は、6000億円程度。現在、日本は、スタートアップバブルと言われているが、日本の人口はイスラエルの15倍、日本のEXIT総額(M&Aのみ)は、イスラエルの10分の1以下とみると、イスラエルの「異常値」がよくわかる。

 この「異常」ぶりは、各種統計にも現れ、以下の項目で人口1人当たり世界ナンバーワンの数値を出している。

・ベンチャーキャピタルの投資額
・技術者・科学者の数
・M&A数
・海外からのR&D投資額、R&D施設
・新設企業数
・ノーベル賞受賞率

previous page
4
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)




サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ

日本にとって距離的にも心理的にも遠い国、イスラエル。だが、最先端技術を有するスタートアップ企業を輩出する「発明大国」であることは世界で認知されており、インテル、グーグルなど米ハイテク企業の多くがイスラエルに研究開発拠点を置く。韓国のサムスンも既に10年前に進出している。日本企業にも最近ようやく動きが出始めたイスラエル技術を取り込む方策を、イスラテック・加藤スティーブ氏が提言する。

「サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ」

⇒バックナンバー一覧