クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]
2015年10月29日公開(2015年10月27日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ポイ探ニュース(菊地崇仁)

飛行機のファーストクラスにお得に乗る方法は?
運がよければ無料でファーストクラスを利用できる
ビジネスクラスからのアップグレードを狙え!

 日本からヨーロッパやアメリカへ飛行機で移動するとなると、フライト時間は10時間を超えるのが一般的である。ロングフライトの場合は、体調面を考えてもできればビジネスクラスに搭乗したいところだ。しかしながら、ビジネスクラスとエコノミークラスの料金差を考えると、大枚をはたける人は限られるのではないだろうか?

 日本からヨーロッパやアメリカまでのビジネスクラスチケットとなると、どんなに安いチケットを見つけたとしても、サーチャージ込みで30万円ほどになる。家族で旅行となると、エコノミークラスとの差額を負担できるだけの経済力のある人は限られる。

 さらにファーストクラスとなると、アメリカやヨーロッパを往復する場合、100万円を超えるのが当たり前である。ちなみにJALの場合、ファーストクラスには割引運賃が設定されておらず、ヨーロッパ往復の普通運賃は250万円強とまさに高嶺の花となっている。

 では、「一般庶民が、国際線長距離のファーストクラスに乗るのは不可能か?」と問われれば、筆者は「そうではない」と答えたい。それは筆者自身、これまでに2回ファーストクラスに搭乗した経験があるからだ。その2回とも「アップグレード」であったが、その体験を以下に記すので、参考にしていただければ幸いである。

初めてファーストクラスは、有料でのアップグレード

 1回目のファーストクラスは、ブラジルのサンパウロからアラブ首長国連邦のアブダビまで、15時間のフライトだった。航空会社はエティハド航空。筆者は特典航空券のビジネスクラスチケットを所持していたが、サンパウロの空港でチェックインしようとしたとき、「待ってました」とばかりに待ち受ける係員の姿があった。

ファーストクラスのトイレ

 係員は、ファーストクラスの「機内写真アルバム」のようなものを持ち出し、「1人600ドルの追加料金で、アブダビまでのフライトをファーストクラスにアップグレードします」というプレゼンテーションを始めた。

 当時のレートは1ドル約100円。2人で約12万円と決して安い金額ではなかったが、「二度とない経験かも知れない」と考え、思い切ってアップグレードしてもらった。こちらも嬉しかったが、先方の係員もかなり喜んでいたのが印象的だった。

 ちなみにこのときは、ファーストクラス12席のうち、筆者らを含めて埋まっていたのは4席のみだった。

2回目のファーストクラスは、なんと無償でアップグレード

 2回目は、アブダビから成田まで、10時間のフライトだった。こちらもエティハド航空である。このときはナイロビからの乗継ぎで、筆者は「ナイロビ⇒アブダビ」「アブダビ⇒成田」のビジネスクラス特典航空券を所持していた。

 アブダビの空港での乗継ぎのとき、すでにビジネスクラスの搭乗券を取得していたので、搭乗ゲートまで向かい(ビジネスクラスの搭乗券を)係員に差し出したところ、バーコードスキャンでアラームが鳴った。

 係員が端末を操作し、搭乗券をプリントし直してくれたのだが、そこには「FIRST」の文字があった。よく見ると座席が再指定されており、ファーストクラスの座席番号に変わっていた。

 このフライトでは、ファーストクラス12席がすべて埋まっていたが、通常、繁忙期といえどもファーストクラスが満席になることは考えにくく、周囲のお客さんを見てもアップグレードの方が多かったと推測される。

なぜ無償のアップグレードが行われたのか?

 では、なぜ筆者は幸運にもファーストクラスへアップグレードされたのであろうか? この点においては、航空会社の経営方針にも関わることなので、想像するほかないが、いくつかのポイントが考えられる。

 まずは、「ビジネスクラスの予約がないとファーストクラスへのアップグレードは難しい」という点である。ただし筆者の場合、2回とも特典航空券からのアップグレードだったので、有償のチケットか特典航空券かという点は問われないようだ。

筆者が搭乗した飛行機の座席表(シートグルの公式サイトより)

 2つ目は、今回、筆者が予約していたビジネスクラスの座席配置が、「E」と「F」という2人がすぐ横に並びあう2席であったことも関係しているだろう。航空会社の座席配置を検索できる「シートグル」というWebサイトがあるが、このサイトを見ていただければわかるとおり、エティハド航空878便(機材はエアバス340-500)において、28席あるビジネスクラス座席の中で隣り合うカップルシートは4組しかない。このカップルシートを予約していたことが、アップグレードの原因となった可能性がある。

 エティハド航空の「成田⇔アブダビ」線は、日本からヨーロッパへの旅行者も多く利用している。中には新婚旅行の方も多く、往路のビジネスクラスで座席が近くだったカップルも新婚旅行でベニスに行く途中で、チェックイン時に空港でアップグレードしたと語っておられた。

 あくまで推測にすぎないが、復路のアブダビから成田までの878便で、エコノミーからビジネスへのアップグレードを希望する方がいて、ビジネスクラス2席を予約していた筆者が、幸運にも玉突き式にファーストへアップグレードされたと考えられる。

ファーストクラス1人分の座席スペースは、
エコノミークラス約6席分の面積を占める

 どんな理由であれ、ファーストクラスにアップグレードされた筆者は、ファーストクラスの座席とサービスを満喫することができた。食事や飲み物は、メニューリストにあるものを好きなときに好きなだけいただくことが可能だった。ポーチ入りのアメニティやスリッパだけでなく、パジャマまで提供(持ち帰り可能)された。

ファーストクラスのベッド

 就寝時にはマットレスを敷いてくれるが、全長は2m越え、左右にもゆとりがあって寝返りも打てた。ファーストクラス1人分の座席スペースが、エコノミークラス6席分くらいの面積を占めるので、とてもゆとりを感じられた。

 それだけにファーストクラス料金は高額になるのだが、筆者の周囲で「ファーストクラス体験者」の話を聞いてみても、多くの方が「アップグレード」だったり「特典航空券」だった。

 ちなみに、エティハド航空の「日本⇔中東・アフリカ」間の特典航空券を得るのに必要なマイル数は、ANAマイルを使用する場合、1人あたりビジネスクラスで10万8000マイル、ファーストクラスで20万4000マイルとなっている。

 ファーストクラスで2人となると、合計40万マイル以上とかなりの数字になる。さらに、実際に2席のファーストクラス特典航空券を予約するのは、よほどのラッキーがないと難しい。2人での旅行であれば、ビジネスクラスの特典航空券からのアップグレードを狙うのが現実的な方法だと筆者は考える。

 以上、今回は、ビジネスクラスからファーストクラスへアップグレードした筆者自身の経験をもとに、ファーストクラスに関して考察してみた。「推測」がかなり含まれている記事ではあるが、少しでも参考にしていただければ幸いである。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ
【2017年10月1日時点・最新情報】

還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.1%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の100倍=0.1%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.001%程度の今、普通預金金利が0.1%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カードとの呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング