節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
【第24回】 2016年7月8日公開(2016年9月7日更新)
バックナンバー

「節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術」

著者・コラム紹介

風呂内亜矢・ふろうちあや

1978年生まれ。岡山出身。1級ファイナンシャルプランナー技能士・宅地建物取引士。
大手電機メーカー系の情報システム会社に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。マンション購入をきっかけにマンション販売会社に転し、年間売上1位の実績を上げていたが、 2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。自らの体験をもとに、テレビや雑誌、新聞などでマネー情報を発信中。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。

 

節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

節約・貯金のプロであるファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが、ラクラクお金が貯まる節約術を大公開! 出費を抑える節約術はもちろん、お金の管理の仕方や家計の見直し方、節約には欠かせないネット銀行の選び方などを伝授します!

風呂内亜矢

「LINE Payカード」など先払い型の電子マネーや
デビットカード、プレミアム商品券を活用しよう!
現金決済よりも買い物がお得になるツールを紹介

 みなさんは、日頃の買い物の際に、何で支払いをしていますか? 私自身は、クレジットカードか、後ほど詳しく紹介する「LINE Payカード」をメインで使用しています。現金決済の頻度は、それほど高くありません。

 最近は、常に現金のみで決済するという人は、少数派になっていると思いますが、それでも「クレジットカードはどうしても好きになれない」という人は一定数存在しています。これまでに、「その場で支払いが完結する現金決済が好き」「借金は何となくイヤ」「口座にある以上にお金を使ってしまいそうで、使いすぎが怖い」「クレジットカード払いだと、家計簿がつけづらい」などの意見を、何度となく耳にしたこともあります。

 私自身、「借金がイヤ」「使いすぎが怖い」などの気持ちのいずれも、わからないわけではありません。しかし、だからといって支出の大半を現金決済(固定費は銀行引き落とし)のみに頼っていると、損してしまいます。

 それでは、クレジットカードが苦手な人は損をし続けるしかないのか? といえば、答えはNOです。今は、クレジットカード以外にも、お得な決済手段が続々と登場しているからです。それらの決済手段を利用すれば、ポイント還元などで得することができ、しかも借金をする必要もありません。

 それでは、現金決済、クレジットカード決済以外におすすめの決済方法をいくつか挙げてみましょう。

①電子マネーを使う

 現金、クレジットカード以外の決済手段として、もっとも普及しているのが、電子マネーです。電子マネーにもさまざまな種類があります。「Suica」や「nanaco」「WAON」「楽天Edy」などは、いわゆるプリペイド式の電子マネーなので、事前にチャージする必要があります。チャージした金額の分だけ、現金の代わりに使えます。

 そのほか、「iD」や「QUICPay」といった電子マネーも有名ですが、これらはポストペイ式、つまりクレジットカードと同じく、利用金額を後払いする方式になっています。少額の買い物の際、サインレスで決済できる点が便利ですが、そもそも借金が嫌いな人には向いていません。

 電子マネーは、自分がよく利用する店舗などで使えるものを選択するのが一番です。電子マネーの種類によってポイント還元率は異なりますが0.5~1%程度が一般的です。

Suicaポイントクラブは、無記名のSuicaカードでは登録できない。
拡大画像表示

 なお、これは余談ですが、電子マネーの「Suica」は、事前にポイントプログラムに登録しておかないとポイントが貯まっていきません。ところが、実際には知らずに利用している人も多いようです。

 というのも、「Suica」の発行枚数は5000万枚を超えていますが、「Suicaポイントプログラム」の会員数は、2015年4月時点でようやく200万人を突破した程度。つまり、「Suica」を利用しているものの、「Suica」を利用して貯まるポイントをドブに捨てている「Suica」ユーザーがかなり多いのです。「Suica」を利用している人は一度、確認してみてください。

 電子マネー決済の話に戻りましょう。電子マネーを複数所有している場合、各電子マネーのアプリをダウンロードし、スマホで使えるようにすると便利です。iPhoneでは電子マネーのアプリを利用できませんが、Androidのスマホであれば「モバイルSuica」と「nanaco」と「楽天Edy」などのアプリを1台で利用できます。

 私はiPhoneユーザーなので、電子マネーのアプリは使えていませんが、ポイントカードはアプリを利用しています。「Tポイント」「Ponta」「楽天スーパーポイント」「dポイント」という4大共通ポイントカードもアプリになっています。電子マネーにしろ、共通ポイントにしろ、カードをすべて持ち歩くとなると財布がかさばってしまうので、できる限りこうしたアプリを活用したいところです。

 ちなみに、ポイントカードのアプリは、時々ログアウトしてしまったり、ディスプレイの明るさで読み込みがうまくいかない場合があります。私の利用環境だと、楽天スーパーポイントカードはすでにお財布に入れなくてもアプリで持ち歩きできる状態ですが、カードを手放してアプリに切り替える場合は、移行期間を設けた方がより安心だと覚えておいてください。

②ブランドデビットカードを使う

 デビットカードとは、店頭で利用すると、すぐに使ったお金が銀行口座から引き落とされる決済ツールのこと。クレジットカードのように気軽に使えますが、決済はリアルタイムなので銀行の口座残高以上に利用することはできず、借金にはなりません。

 デビットカードには、一部の限られた店舗などで手持ちの銀行キャッシュカードをそのまま使える「Jデビット」と、VISAやJCBの加盟店ならどこでも利用できる「ブランドデビット」の2種類があります。「Jデビット」は使える場所がわかりづらく、あまり普及していないのが実状なので、おすすめは「ブランドデビット」のほうです。

 今のところ、「ブランドデビット」は「VISAデビット」が主流で、最近「JCBデビット」もちょこちょこ見かけるようになりました。「VISAデビット」はVISAの、「JCBデビット」はJCBの加盟店でそれぞれ利用できます。

「ブランドデビット」は、券面に「VISA」などと書かれているので、一見するとクレジットカードのように見えます。また、使い勝手もクレジットカードとほとんど変わりません。しかし、「年齢15歳以上」などの最低限の条件をクリアすれば、無審査で発行してもらえるのが魅力です。

 クレジットカードが嫌いな人でも、海外旅行時など、クレジットカードの必要性を感じる場面はあるでしょう。「ブランドデビット」なら基本的に海外でも利用可能なので、一枚持っておくと非常に便利だと思います。

「ブランドデビット」のポイント還元率は0.3~0.5%程度が普通ですが、「楽天デビットカード(JCB)」のように還元率が1%というものも出てきました。これまでポイントの面ではクレジットカードに負けていたデビットカードですが、1%の還元率ならもはやクレジットカードと比較しても遜色がありません。

 クレジットカードは借金になるから苦手、と言う人はデビットカードを検討してみてはどうでしょうか?
(※関連記事はこちら!⇒「デビットカード」のメリット増加で普及なるか? スーパーなどのレジがATM代わりに使える「キャッシュアウト(預金引き出し)」解禁の意味

③「LINE Payカード」を使う

「LINE Payカード」はおなじみのLINEのキャラクターが目印。他にも何種類かのデザインから選択できる。

 今、私が一番お気に入りの決済ツールが「LINE Payカード」です。クレジットカード以外の決済手段の中で、「LINE Payカード」は最強と言っても過言ではないでしょう。

「LINE Payカード」は、JCBと提携しているプリペイドカードです。事前にチャージしておけば、国内外のJCB加盟店であればどこでもクレジットカードのように利用できます。前述した「JCBデビット」と混同してしまいそうですが、「JCBデビット」は銀行口座から即時で引き落とされるのに対し、「LINE Payカード」はあくまでお金をチャージしてから使うプリペイド式です。

「LINE Payカード」はLINEのユーザーであれば、審査なしで誰でもLINEのアプリから申し込め、入会金も年会費も無料というハードルの低さも魅力です。

 JCBブランドの店で利用できるプリペイドカードということで、「LINE Payカード」はブランドデビットと電子マネーのいいとこ取りをしたような存在と言えます。つまり、幅広い場所で利用できる上に、プリペイドなので際限なく使うことができず、比較的“使いすぎる可能性が少ない”のです。

 そして、最大のメリットが還元率の高さです。「LINE Payカード」のポイント還元率は2%と、大半のクレジットカードより高い設定になっています(貯まるのは「LINE」ポイントです)。年会費無料でありながら、どこで使っても2%貯まるのはかなりありがたいですね。
(※「LINE Payカード」の関連記事はこちら!⇒「LINE Payカード」のチャージで一番得するのは毎週火・土曜日に「ファミマTカード」を使うこと!還元率が2%+1%=3%にアップする裏ワザ公開!

 私は、日常的に「LINE Payカード」を使っていますが、レストラン、スーパー、カフェ、ドラッグストアなど、大体どこでも利用できています。JCB加盟店は国内だけでも約900万店に及ぶため、日常的にはほとんど不自由を感じないのではないでしょうか。一部の公共料金や税金の支払いにも充てられるので、当初予想していたよりも使い道が広い印象です(ただし、基本的には公共料金の毎月自動引き落としには対応していません)。

 そのため、今では「LINE Payカード」で支払えない固定費はクレジットカード払いにして(ちなみに、私のメインカードは、「楽天カード」と「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」、そして今は新規発行されていない「SoftBankカード」です) 、普段の買い物の支払いはほとんど「LINE Payカード」を活用しています。プリペイドカードだとしょっちゅうチャージするのが手間だと思われがちですが、銀行口座を登録しておけばオートチャージも可能です。

楽天カード
 還元率  1.0~4.0%
楽天カード(JCB)の詳細はこちら!
 発行元  楽天カード
 国際ブランド  VISA、Master、JCB
 年会費  永年無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 nanaco(JCBのみ)
 楽天Edy(還元率0.5%)

 貯まったLINEポイントは、LINEのサービスに利用できるほか、「LINE Payカード」にチャージできるので、また買い物の代金に充当できます。そのほか、「nanaco」や「Ponta」、「Amazonギフト券」などと交換もできるので、使い勝手はいいでしょう。ただ、交換レートが悪いポイントもあるので、私の一番のおすすめは「LINE Payカード」にチャージして使うことです。

 ちなみに、LINEポイントの有効期限は、最後に取得した日から180日間と、やや短めです。継続的に使い続けていれば実質無期限になるので失効しないのですが、まったく使わないでいると半年ほどでそれまでのポイントがすべて失効するので注意しましょう。

 その他の「LINE Payカード」で特徴的なのは、「LINE Payカード」所有者同士であれば、簡単に送金ができることです(事前に銀行口座の登録が必要です)。この機能を使えば、ワリカンが簡単になる点が便利です。

④プレミアム商品券を使う

 さて、ここまではクレジットカード以外の決済ツールについて紹介してきました。最後にピックアップしたいのは、まったく毛色が異なる「プレミアム商品券」です。

品川区のプレミアム商品券の見本。
拡大画像表示

 「プレミアム商品券」とは、自治体が発行する額面よりお得な商品券のことで、地元のさまざまなお店で利用することができます。地元の商店街連合などが販売を手掛けていることも多いようです。販売方法は、どこかに並んで買うこともあれば、ネットで抽選のこともあります。

 どれほどお得かについても、発行する自治体ごとに異なるのですが、多くは「1万円で買って、1万1000円分使える」というようなイメージでしょうか。上乗せ(プレミアム)分は10~20%程度が平均的です。なお、「プレミアム商品券」を購入できるのは、原則としてその自治体に居住しているか、勤務先がある、などの条件を満たしている人のみです。

 2015年には、政府が地方創生の一環で補助金を出したため、全国の97%の自治体で「プレミアム商品券」が発行され、ちょっとしたブームになりました。2016年は、前年度に比べるとそこまでの注目度ではないのですが、お得であることに変わりはないので、知らなかった人はチェックしてみてもいいと思います。

「プレミアム商品券」の発行時期や、商品券一枚あたりの価格は自治体ごとに異なります。また、利用できる範囲も異なり、地元の商店街でしか使えないこともあれば、駅ビルやイトーヨーカドーなどのショッピングセンター、コンビニでの買い物も対象、という具合に、非常に利便性の高い商品券もあります。自分が買える自治体の商品券情報を調べてみましょう。

 私の場合は、昨年文京区の「プレミアム商品券」を購入しましたが、発売日には長い列ができていました。1万円分(500円券×24枚=1万2000円)を購入したところ、受付の方に「それだけでいいの?」と驚かれました。たしかに、長時間並んで買うわけですから、用途を決めて5万円分、10万円分とまとめ買いした方が賢いと感じました。

 購入した「プレミアム商品券」は、地元の商店街で使えるものでしたが、レストランやスーパーも対象になっていたので、使い道にはまったく困りませんでした。ただ、おつりが出ないので、比較的大きな買い物をするときなどに使うのがいいのかもしれません(とはいえ、大抵は500円券なので普通の買い物でも利用できます)。

 おつりが出ないのはどの自治体の「プレミアム商品券」でも共通しているので、注意点の一つと考えておいたほうがいいでしょう。その他の注意点としては、商品券だからといってムダ遣いをしないことに尽きます。

 商品券の形になっていると、現金よりもついムダ遣いしてしまう、という人も多いようです。よって、「プレミアム商品券」を入手する前に、「プレミアム商品券」で何を買うか、目的を決めておくといいでしょう。「地元のあの店で自転車を買う」「エアコンを買い換える」といった感じですね。

 また、プレミアム商品券は、有効期限が半年程度と短い場合も多いので、買ったまま忘れてしまわないように注意が必要です。

 さて、ここまでただ現金払いする以外の決済方法を紹介してきました。クレジットカードが苦手な人でも、取り入れられるものが多かったのではないかと思います。現金払い中心になっている人は、まず「LINE Payカード」の申し込みをしたり、自分の自治体の「プレミアム商品券」についてネットで調べたり、といったところから変化を起こしてみましょう。

(取材・構成/元山夏香)

(※「LINE Payカード」の関連記事はこちら!⇒「LINE Payカード」のチャージで一番得するのは毎週火・土曜日に「ファミマTカード」を使うこと!還元率が2%+1%=3%にアップする裏ワザ公開!

人気FP 風呂内亜矢さんの新刊が発売!
『その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』(祥伝社)

●「家計簿」には大きな落とし穴がある!
●「固定費」を意識するとお金が貯まる
●底値より大事なのは「自分にとっての買い時」
●クレジットカード、メインとサブで差をつける……
「実は、ズボラな人ほどお金が貯まる」という節約の新常識を伝授!   

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
 【2017年1月16日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.20% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.18%
0.01%
0.01%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.03% 0.03%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ!。また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.14%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
 ◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02%
0.15% 0.25% 0.30%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!SBJ銀行の公式サイトはこちら!
【SBJ銀行おすすめポイント】
セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得! さらに、他行あて振込手数料は月7回まで無料(※1)なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
※1 ジャパンネット銀行あてと楽天銀行あては月3回まで。
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
※ 100万円を預けた場合の2017年1月16日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

【じぶん銀行】
auスマホの引き落とし先に設定すると、2年間で
最大4800円分のポイントが!⇒関連記事はこちら

じぶん銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強の日本株&投信
株主優待ランキング
カンタン!確定申告

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【株・投信・確定申告・確定拠出年金の情報満載】
最強日本株5万円株」&「10万円株」番付
最高4%超最強高配当株」番付
●最強「大型株」「中小型株」「新興株」番付
●低コスト「インデックス型」投信番付
好成績日本株」&「海外株」投信番付
健全&高利回り毎月分配型」投信番付
●ザイ読者の保有投信激辛○×判定
桐谷さんの「1日優待デート」完全中継
プロ約40人日本株深掘り予測レポート
マイナンバーに対応!確定申告ガイド
ふるさと納税をした人の確定申告の仕方
株・投信儲けた&損した人の確定申告
分配金配当を受け取った人の確定申告
税金ゼロ!個人型確定拠出年金ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ


めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイZAiが作った今年こそ!お金持ち入門 2017年 02 月号

永久保存版!
ゼロからの株入門
高配当株で儲け方

別冊12月31日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【今年こそ!お金持ち入門】
●これから10年、お金持ちになれる人の条件とは?
●まずは1000万一生お金に困らない人生設計
●これから家は買うべき?借りるべき?
●普通のサラリーマン「はじめてのアパート経営
長く持つほど儲かる増える「高配当株」の選び方
●2017年から始める人の10分でわかる!FX入門
●あっという間に得する「ふるさと納税

みんなが選んだ!人気のクレジットカードランキング! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!