ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
激変する国際税務環境日本企業はトップ主導で企業価値の毀損を防ぐべき

  2018年07月17日 激変する国際税務環境
日本企業はトップ主導で企業価値の毀損を防ぐべき

多国籍企業による租税回避に対して、2015年に経済協力開発機構(OECD)のBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトがまとめた最終報告書の提言が実施段階に入り、国際税務環境は激しく変化している。日本企業は、そこにどう対応すべきなのか。国税庁で国際業務課長や調査課長などを歴任し、国際税務に詳しい日本大学大学院経済学研究科の伏見俊行教授に聞いた。


 2018年07月17日 激変する国際税務環境 日本企業はトップ主導で企業価値の毀損を防ぐべき

多国籍企業による租税回避に対して、2015年に経済協力開発機構(OECD)のBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトがまとめた最終報告書の提言が実施段階に入り、国際税務環境は激しく変化している。日本企業は、そこにどう対応すべきなのか。国税庁で国際業務課長や調査課長などを歴任し、国際税務に詳しい日本大学大学院経済学研究科の伏見俊行教授に聞いた。

 2018年07月02日 卓越したロジカルシンキングと、 創造性豊かなデザインシンキングが融合し、 新たな価値を生み出す 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

今年4月、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)と、新規事業開発の企画・実行支援に強みを持つamidus(アミダス)が戦略的業務提携を締結した。総合シンクタンクとしての知見と消費者に対する洞察力を武器に、多様化時代に適応した新たなコンサルティングサービスの共創を目指す。

 2018年07月02日 スイスの“魂動”を堪能させるメカの逸品 フレデリック・コンスタント

メカの演出や自社製ムーブメントで機械式時計の魅力をふんだんに伝えるフレデリック・コンスタント。着けやすいサイズにも新たな魅力発見。文=菅原 茂 写真=奥山栄一

 2018年07月02日 エレガンス漂う究曲のアートピース フランク ミュラー

フランク ミュラーの代名詞といえば美しい曲線を描くトノウ カーベックス。その立体的なトノウのフォルムは実は“世界初”。2851コレクションはその原点を堪能させる。

 2018年04月23日 楽しみ方はいろいろ 人生を豊かにするリゾート会員権 

会員制リゾートクラブが人気を取り戻している。 高価格帯ばかりでなく、低価格帯の独自路線のクラブにも人気が集まっている。リゾート会員権仲介の大手「e会員権」の涌井智子代表取締役に、現在の市場の動向とクラブ選びのポイントを聞いた。

 2018年04月23日 自由化から2年、 信頼できる事業者選びのポイントは? 電力自由化の今 

2016年4月1日以降、電気の小売業への参入が全面自由化され、全ての消費者が電力会社やメニューを自由に選択できるようになった。ライフスタイルや価値観に合わせて電気の売り手やサービスを選べるようになったのだが、まだ浸透しているとは言い難い。


1
nextpage
このページのトップへ戻るこのページのトップへ戻る

資料請求