iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]
2017年7月19日公開(2017年12月12日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
山崎 俊輔

iDeCoの口座開設前に金融機関の「お得度」を計算!
「管理手数料+信託報酬」が割安な金融機関がわかる
「計算式」で、iDeCoをもっとお得に活用しよう!

iDeCoのおすすめ金融機関

 iDeCo(個人型確定拠出年金)には絶大な節税メリットがあるため、1人1つしか口座を開設することができません。ですから、iDeCo口座を開設する金融機関選びは慎重に行うべきです。

 そこで前回は、金融機関を比較するときの重要なチェックポイントである「口座管理手数料」や「投資信託の信託報酬」といった費用、そして運用する「商品のラインナップ」の見極め方について詳しくお話ししました。

【※前回の記事はこちら!】
iDeCoの金融機関を選ぶ2つのポイントを紹介! 毎月払う「口座管理料」&「信託報酬」のコストと「運用商品」のラインナップで注目すべき条件は?

 今回は、数多くの金融機関の中から、どこがコスト面で最もお得な金融機関かがわかる「簡単な計算式」を紹介したいと思います。

「口座管理手数料」と「投資信託の信託報酬」、
どちらを重視して金融機関を選ぶべき?

iDeCoの金融機関の「お得度」がわかる「計算式」とは?iDeCoの金融機関の「お得度」がわかる「計算式」を紹介!

 前回の記事でも書いたとおり、iDeCo口座を開設する際に着目すべきなのが、2つのコストです。iDeCoに積み立てるお金は原則60歳まで引き出すことができず、引き出すまで毎月「口座管理手数料」がかかります。さらに、保有している投資信託には「信託報酬」がかかります。

 「口座管理手数料」と「投資信託の信託報酬」の両方が低ければ、それに勝るものはありませんが、金融機関によってはどちらかが高い場合があります。

 悩んでしまうのは、「口座管理手数料は月額500円くらいかかる」けれど「信託報酬の低い投資信託がラインナップされている」金融機関の場合です。

 このとき「口座管理手数料」のほうが目に止まりやすいのですが、より重視すべきなのは運用にかかる「信託報酬」のほうです。なぜなら「信託報酬」は、あなたの資産形成が進展して保有する資産が大きくなるほど重要になってくるからです。

 というのも、「口座管理手数料」はあなたの資産が10万円でも100万円でも1000万円でも「定額」です。資産額が増えるほど負担感は小さくなります。しかし、投資信託の運用コストである「信託報酬」は「定率」設定なので、資産額が増えると支払う金額も増えていくことになります。

 iDeCo口座に資産が100万円ある場合で比較してみましょう。

●口座管理手数料は高いが、信託報酬は低い例
 口座管理手数料:月額500円 → 年額6000円
 信託報酬:年率0.3% → 年額3000円(100万円×0.003)
 合計:9000円(0.9%相当)

●口座管理手数料は低いが、信託報酬は高い例
 口座管理手数料:月額167円 → 年額2004円
 信託報酬:年率0.7% → 年額7000円(100万円×0.007)
 合計:9004円(0.9%相当)

 となります。もし「口座管理料は低いが、運用コストは高い」後者のほうで、信託報酬が年1.0%になれば、合計で年額1万2004円かかることになり、資産100万円に対して年間1.2%相当のコストがかかってしまいます。資産が積み上がっていけばいくほど、「口座管理手数料は安いのに、トータルコストで割高」ということもあるわけです。

 もちろん、「口座管理手数料と信託報酬の両方が低い」場合、100万円にかかるコストは一番少なくなります。

●口座管理手数料は低く、信託報酬も低い例
 口座管理手数料:月額167円 → 年額2004円
 信託報酬:年率0.3% → 年額3000円(100万円×0.003)
 合計:5004円(0.5%相当)

 つまり、「信託報酬が割安な投資信託」がラインナップされている、具体的には「信託報酬」が年率0.3%程度の投資信託がある場合は、「口座管理手数料」が月額500円程度であれば、十分に検討対象としていいことがわかります。

「簡単な計算式」で、手数料が割安・割高かをみてみよう!

 現在、iDeCoを取り扱っている金融機関は地方銀行も合わせると70社以上あり、どこを選べばいいか迷っている方も多いと思います。そこで、金融機関各社の手数料設定を比較しやすくするために、先ほどの残高が100万円の場合のトータルコストを指数化する「計算式」を作ってみました。

 (A:月額の口座管理手数料を100万円保有時の年率利回りに換算した数値)
  口座管理手数料(月額、税込)円×0.0012(=12÷100万円×100)
     +
 (B:投資信託のバランス型ファンドの中でもっとも信託報酬が低い商品の税込み手数料(年率、税込))

 上記の計算式「A+B」が金融機関の手数料の安さを示すスコア(=スコア)となり、スコアが低いほうが優秀な金融機関で、高ければ高いほど割高な金融機関となります。

金融機関5社で比較してみるとこうなった!
「SBI証券」が他社を一歩リードする結果に!

 さっそくこの計算式を使って、iDeCoを取り扱う金融機関を比較してみましょう。今回は、口座管理手数料が月額の合計で500円を切っており、また信託報酬の低い投資信託を採用していることで評判の高い運営管理機関をいくつか紹介します。

 今回、計算式に用いている「資産額」と「信託報酬」という2つの代数は、自分なりにカスタマイズすることが可能です。

 「A:資産額」については、初期設定では100万円としていますが、最初の数年の残高に対する影響を見たい場合、50万円程度に設定してみるのもいいでしょう。運営管理機関に支払う口座管理手数料はキャンペーン期間中なら0円の場合もありますので、比較の際は注意が必要です。

 また今回は、多くの人におすすめできる金融機関を割り出すために「B:バランス型ファンドの中で一番信託報酬が低い商品の税込み手数料」でスコアを算出しましたが、ほかの投資信託に置き換えることもできます。ただし金融機関同士の比較ですから、同一カテゴリーの投資信託で横比較するようにしましょう(例えば、「日本株のインデックスファンド」など)。

 ちなみに2016年以前からコストの手直しをまったくしていないiDeCoのプランの場合、「B:バランス型ファンドの中で一番信託報酬が低い商品の税込み手数料」で算出しても、A+Bの合計スコアが1.5を超えることすらあります。この場合、少なくとも1.0を下回る金融機関を選択したいものです。

SBI証券
 A:0.2004 (口座管理手数料:月額167円)
  ※5/19から残高によらず月額167円(国民年金基金連合会(103円)と信託銀行(64円)に支払う手数料のみ。運営管理機関であるSBI証券に支払う手数料は0円)。
 B:0.1836
  ※「日興-DCインデックスバランス(株式20)」の場合
 A+Bの合計スコア=0.3840

●りそな銀行
 A:0.5148 (口座管理手数料:月額429円)
  ※りそな銀行からの掛金引き落とし等の条件を満たした場合。 
   ※2年間は口座手数料割引あり。
 (掛金引き落としなどの条件を満たしていれば、りそな銀行に支払う口座管理手数料は月額262円(月額のコストは合計429円)だが、条件を満たさない場合はりそな銀行に月額315円の口座管理手数料を支払うことになる
 (月額のコストは合計482円))
 B:0.1944
  ※「ダイワ・ライフ・バランス30」の場合
 A+Bの合計スコア=0.7092

●野村證券
 A:0.4980 (口座管理手数料:月額415円)
  ※資産残高200万円の場合、月370円。100万円未満の場合、月450円の段階制。
 B:0.2376
  ※「マイバランスDC30」の場合
 A+Bの合計スコア=0.7356

●中央労働金庫
 A:0.5664 (口座管理手数料:月額472円)
  ※2018年3月まで口座手数料割引あり
 B:0.2808
  ※「DIAMバランス・ファンド<DC年金>1 安定型」の場合
 A+Bの合計スコア=0.8472

楽天証券
 A:0.2004 (口座管理手数料:月額167円)
  ※5/18より残高によらず、月額167円に。
 B:0.6480
  ※「三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN)」の場合
 A+Bの合計スコア=0.8484

 この計算式に当てはめると、口座管理手数料においても、運用商品の信託報酬においても割安な設定をしている「SBI証券」が一歩先を行く結果となりました。

 ただし、「SBI証券」では60本以上の投資信託が商品ラインナップされており、初心者が選択しにくい状態であることが難点です(今後、取り扱う投資信託の本数は整理されていくと思われますが、整理される際、すでに保有している商品について売却を促される可能性があります)。

【※関連記事はこちら!】
【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でもいつでも無料! 投資信託のラインナップが他社より圧倒的に豊富!

 また、7月3日からは「イオン銀行」がiDeCo参入しています。口座管理手数料は誰でも月額167円で(運営管理機関に支払う手数料は無条件に無料)、「イオン銀行」のバランス型ファンドの中で一番信託報酬が低い「マイバランス30(確定拠出年金向け)」の信託報酬は0.3348%とお得です。

イオン銀行
A:0.2004 (口座管理手数料:月額167円)
B:0.3348
 ※「マイバランス30(確定拠出年金向け)」の場合
A+Bの合計スコア=0.5352 

と、SBI証券に次ぐ好成績になり、注目です。

 ちなみに「イオン銀行」は、みずほ銀行との提携でiDeCoを取り扱っていますが、みずほ銀行のiDeCoでは安いバランス型投資信託を用意していないので、今回のおすすめ圏外になります。

【※関連記事はこちら!】
【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!ひふみ年金など、人気の投資信託16本で運用可能

 今回は「簡単な計算式」を使って、iDeCo口座を開設するなら、どこがコスト面でお得な金融機関かを算出してみました。

 iDeCo口座をどの金融機関で開くか迷っている方は、ぜひ今回紹介した計算式を使って比較してみてください。そして、どこがコストの面からお得な金融機関か、しっかりと見極めてから口座開設することをおすすめします。

【※関連記事はこちら!】
iDeCo(個人型確定拠出型年金)の金融機関を比較!口座管理手数料や投資信託の取扱数などで比較した、おすすめの証券会社・銀行を紹介!

【2017年12月12日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)がかかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる。 下記の金額はすべて税込の金額。
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 27本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信をラインナップ!
口座管理料が残高を問わず、誰でも0円でお得になった(2017年5月18日から開始)! さらに、加入時・移換時手数料も無料で手数料の観点からも最もお得な金融機関の1つ。投資信託は、初心者が選びやすい27本を厳選してラインアップ! 信託報酬の低いインデックス型投信が揃っている。人気のセゾン投信が2本揃っているのも魅力。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.16%)
・三井住友・DC日本株式インデックスファンドS(信託報酬:0.17%)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと無料でお得! 運用コストをおさえた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒iDeCo(個人型401kプラン)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 63本
【おすすめポイント】投資信託のラインナップが最多!  口座管理料が誰でも無料!
投資信託のラインナップが63本と豊富さでは群を抜き、低コストの商品もしっかり取り揃えている。2017年5月19日からは、口座管理料が誰でも0円で魅力的に。さらに、加入時・移換時手数料も無料で手数料の観点からも最もお得な金融機関だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(信託報酬:0.13%)
・日興DCインデックスバランス[株式20](信託報酬:0.18%)
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でもいつでも無料! 投資信託のラインナップが他社より圧倒的に豊富!
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
◆iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年11月版)SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料!業界初(iDeCo)の運用商品を9本用意
口座管理料が誰でもずっと「無料」。投資初心者にも選びやすい、信託報酬(運用コスト)をおさえたインデックス型の投資信託、パフォーマンスが比較的優位なアクティブ・ファンドを合計21本用意。業界(iDeCo)で初めて取り扱う運用商品を9本も揃える。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)(信託報酬:0.1296%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 投資初心者にも選びやすい運用商品21本を厳選!
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
◆大和証券⇒iDeCo(ダイワ年金クラブ)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 15本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料に!
2017年9月11日から、毎月の口座管理料が誰でも無料に。さらに、加入・移換時、他の金融機関から大和証券へ運営機関を変更するときの手数料も無料になった。投資信託のラインナップは最小限にしぼりこまれている。インデックス型投資信託のコスト水準は十分低い。新興国株式の投資信託がBRICs4ヵ国個別なのが特徴的。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DCダイワ日本株式インデックス(信託報酬:0.27%)
・DCダイワ日本債券インデックス(信託報酬:0.27%)
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】残高50万円以上なら口座管理料が無料に!投資初心者も選びやすい、厳選された投資信託が魅力
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 16本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資初心者でも選びやすい投資信託16本を厳選
口座管理料が誰でも0円加入時・移換時の手数料も無料で、手数料の観点からも最もお得な金融機関の1つ。投資信託のラインナップは16本と少ないが、信託報酬の低い商品が揃っており、投資初心者にも選びやすい。イオン銀行は受付金融機関、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料は月額293円、さらにiDeCoで信託報酬の安いバランス型投資信託を用意していないので、みずほ銀行よりイオン銀行のiDeCoのほうがお得に運用できる。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.1620%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!ひふみ年金など、人気の投資信託16本で運用可能
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
残高100万円未満 残高100万円以上 残高200万円以上 加入時 移換時
283円 248円 203円 0円 0円 18本
【おすすめポイント】信託報酬の低い投資信託が揃い、掛金額が多い人には有利!
口座管理料は残高に応じて3段階。安くなるのは残高100万円からとハードルが高いが、2018年3月まで口座管理料が残高に限らず0円になるキャンペーンを実施中。投資信託は、日本のリート型を除き、低コストのインデックス型が一通り揃っている。残高200万円以上なら口座管理料は低くなるので、掛金額の多い人なら選択肢に。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(信託報酬:0.17%)
iDeCo・野村證券の公式サイトはこちら
◆りそな銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入時 移換時
316円 0円 0円 31本
【おすすめポイント】2018年12月28日までの加入者は2年間口座管理料が無料!
口座管理料は通常316円ではあるものの、りそなグループからの引き落としなどの割引を使えば54円割引の262円になる。信託報酬の低さをアピールしており、実際にバランス型を含めて他社と比較しても有利な投資信託をラインアップしている。2017年12月28日までにりそな銀行のiDeCoに新規加入、資産移換をすると、口座管理料が2年間無料になるキャンペーンを実施している。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・りそなDC信託のチカラ 日本の債券インデックスファンド(信託報酬:0.16%)
・りそなDC信託のチカラ 日本の株式インデックス談度(信託報酬:0.19%)
りそな銀行のiDeCo公式サイトはこちら
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天証券のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP