iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]
2017年10月16日公開(2017年10月16日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】
口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!
投資初心者にも選びやすい運用商品21本を厳選!

◆マネックス証券⇒詳細はこちら(公式サイトへ)
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
※どの金融機関でiDeCo口座を開設した場合でも、別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円、国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)がかかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には、国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる(すべて税込)。
イオン銀行のiDeCo公式サイトはこちら
マネックス証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめポイント
誰でも「口座管理料」が無料!
 残高を問わず、誰でも口座管理料がずっと「無料」
●初心者にもおすすめの投資信託21本を厳選! 業界初(iDeCo)の運用商品を9本用意
 信託報酬(運用コスト)をおさえたインデックス型の投資信託、パフォーマンスが比較的優位なアクティブ・ファンドを合計21本用意。業界(iDeCo)で初めて取り扱う運用商品を9本も揃える。
マネックス証券のiDeCoで取り扱う、信託報酬が低いおすすめ投資信託
三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)(信託報酬:0.1296%)
DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
イオン銀行のiDeCo公式サイトはこちら

「マネックス証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)」おすすめポイント

●「口座管理料」が残高などにかかわらず、誰でもずーっと無料

 ついにマネックス証券でも、2017年9月30日からiDeCoのサービスを開始! マネックス証券のiDeCoなら、iDeCo口座の残高を問わず、誰でも「口座管理料」(運営管理手数料)が無料で使える!

投資初心者にも選びやすい投資信託を21本ラインナップ!

 マネックス証券のiDeCoは、投資初心者でも選びやすい投資信託を中心に21本を厳選してラインアップ。

例)低コストでおすすめのインデックス型投資信託
三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)(信託報酬:0.1296%)→マネックス証券iDeCoで信託報酬が最安!
DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)

◆マネックス証券iDeCoの投資信託カテゴリー(クリックすると、各カテゴリーの投資信託へ飛びます)
国内株式 国内債券 リート
海外株式 海外債券 バランス型
コモディティ 定期預金  

iDeCoでは業界初の運用商品を「9本」も用意!

 マネックス証券では、「iFree JPX日経400インデックス」や「eMAXISS Slimシリーズ」など、iDeCoでは業界で初めて取り扱う運用商品を9本、用意している。

iDeCo専用ロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」で最適な運用プランを提案!

 マネックス証券のiDeCo口座では、6つの質問に答えるだけで、年齢や資産運用に対する考え方に適した、iDeCoでの最適な運用プランを提案してくれるiDeCo専用のロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」を用意。

 投資の経験がない人や、投資信託などの知識がないという人も安心! 簡単な質問に答えるだけで、マネックス証券のiDeCoの商品から最適な資産配分を提案してもらえる。

イオン銀行のiDeCo公式サイトはこちら

マネックス証券iDeCoの「投資信託」「定期預金」一覧

マネックス証券iDeCo「投資信託」(21本)&「定期預金」ラインナップ
分類 名称(★はiDeCoとして業界初) 信託報酬








 DIAM DC 国内株式インデックスファンド 0.1674%
東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目指して運用を行うインデックスファンド。同指数に連動するインデックスファンドの中では信託報酬の水準が低く、中長期に渡る資産形成にも向いています。
 DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.2052%
日経平均株価(日経225)に採用されている銘柄を主要投資対象とするインデックスファンド。日経平均トータルリターン・インデックス(「日経平均株価(日経225)」(配当込み))の動きに連動する成果をめざし、原則として、同指数に採用されている銘柄の中から200銘柄以上に等株数投資を行います。
 iFree JPX日経400インデックス ★ 0.2106%
東京証券取引所上場株式に投資し、投資成果をJPX日経インデックス400の動きに連動させることを目指します。




 日興アクティブバリュー 1.6416%
長期的な観点から、国内の株式市場全体(TOPIX)の動きを上回る投資成果の獲得を目指して運用を行います。
 SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> 1.6200%
成長性が期待できる中小型株に割安時に投資するファンドです。組入れ銘柄の選定は、徹底した企業訪問に基づく厳選投資を基本とし、株価水準、財務安定性、経営者の理念などを総合的に評価して、判断しています。
 スパークス・新・国際優良日本株ファンド ★ 1.7712%
高い技術力やブランド力があり、今後グローバルでの活躍が期待できる日本企業に投資するファンドです。ベンチマークは設けず、20銘柄程度に厳選投資を行い、投資信託財産の中長期的な成長を目標に積極的な運用を行います。原則として短期的な売買は行わず、長期保有を基本にしています。








 三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 0.1296%
マネックス証券のiDeCoで、最も信託報酬が安い投資信託。NOMURA-BPI総合指数に採用されている日本の公社債を主要投資対象とし、ベンチマークである同指数に概ね連動する投資成果を目指す投資ファンド。

|







 DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.2700%
国内の金融商品取引所に上場されている不動産投資信託証券(J-REIT)に投資することにより、東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する成果を目標として運用を行うファンドです。






野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 1.0260%
国内の金融商品取引所に上場されているREIT(不動産投資信託)を対象に、個別銘柄の流動性、収益性・成長性などを勘案して選定したJ-REITに分散投資を行い、高水準の配当収益の獲得と中長期的な値上がり益の追及を目指します。







三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.3024%
日本を除く世界各国において上場している不動産投資信託(REIT)に投資し、S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指して運用を行うファンド。不動産投資信託への投資にあたっては、S&P先進国REIT指数採用銘柄に投資を行います。原則として、対円での為替ヘッジは行いません。








 eMAXIS Slim先進国株式インデックス ★ 0.2052%
MSCI コクサイ インデックス(円換算ベース)と連動する投資成果を目指して運用を行うファンド。外国株式インデックスマザーファンドを通じて、主として日本を除く世界主要国の株式に投資を行います。
 eMAXIS Slim新興国株式インデックス ★ 0.3672%
MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)と連動する投資成果を目指して運用を行うファンド。主として対象インデックスに採用されている新興国の株式等(DR(預託証書)を含みます)に投資を行います。
 たわらノーロードNYダウ ★ 0.2430%
主に米国の株式に投資をして、ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円換算ベース、為替ヘッジなし)に連動する投資成果をめざして運用を行うファンドです。




 朝日Nvestグローバルバリュー株オープン 1.9440%
日本を除く世界各国の株式を、成長力や競争力、経営者の経営方針などから独自に評価し、そのなかかから企業価値に対し、割安な銘柄を発掘して投資銘柄を厳選する投資ファンド。
 ラッセル・インベストメント外国株式ファンド 1.4580%
日本を除く先進各国の株式に投資します。運用スタイルの異なる複数の運用会社を組み合わせた「マルチ・マネジャー運用」を行い、ベンチマークであるMSCI KOKUSAI(配当込み)を中長期的に安定して上回ることを目指します。








eMAXIS Slim先進国債券インデックス ★ 0.1836%
シティ世界国債インデックス(日本を除く、円換算ベース)と連動する投資成果を目指して運用を行う投資ファンドです。「外国債券インデックスマザーファンド」を通じて、主として日本を除く世界主要国の公社債に投資を行います。
 たわらノーロード先進国債券(為替ヘッジあり) 0.2160%
シティ世界国債インデックス(為替ヘッジあり)に連動する投資成果を目指して運用を行う先進国債券のインデックスファンド。外貨建て資産については対円での為替ヘッジを行うことにより、為替リスクの低減を目指します。
 iFree新興国債券インデックス 0.2376%
主に、新興国通貨建ての債券に投資し、投資成果をベンチマークであるJPモルガン ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイド(円換算)の動きに連動させることを目指して運用を行うファンドです。




 ラッセル・インベストメント・グローバル・バランス安定成長型★ 1.2312%
日本株式30%、外国株式20%、日本債券5%、外国債券45%の基本配分比率で投資を行い、成長性と安定性のバランスをとるファンド。3段階のリスク分散「マルチ・アセット(資産区分の分散)、マルチ・スタイル(運用スタイルの分散)、マルチ・マネジャー(運用会社の分散)」で、より安定した運用成果とリスクの低減を目指します。
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) ★ 0.2376%
日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券に投資を行うファンドです。TOPIXなど8つの投資対象資産の指数を均等比率(12.5%ずつ)で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果を目指して運用を行います。
コモディティ  ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり) ★ 0.3996%
主に、金地金価格への連動を目指す上場投資信託証券への投資を通じて実質的に金に投資を行い、信託財産の成長を目指します。
定期
預金
 みずほDC定期預金(1年)
元本保証型の定期預金。運用を行わないため信託報酬はかからない。適用金利は、0.0100%(2017年9月)。
イオン銀行のiDeCo公式サイトはこちら
【2017年10月30日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)がかかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる。 下記の金額はすべて税込の金額。
◆SBI証券⇒iDeCo(個人型401kプラン)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 63本
【おすすめポイント】投資信託のラインナップが最多!  口座管理料が誰でも無料!
投資信託のラインナップが63本と豊富さでは群を抜き、低コストの商品もしっかり取り揃えている。2017年5月19日からは、口座管理料が誰でも0円で魅力的に。さらに、加入時・移換時手数料も無料で手数料の観点からも最もお得な金融機関だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(信託報酬:0.13%)
・日興DCインデックスバランス[株式20](信託報酬:0.18%)
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でもいつでも無料! 投資信託のラインナップが他社より圧倒的に豊富!
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
◆iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年9月版)SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 27本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信をラインナップ!
口座管理料が残高を問わず、誰でも0円でお得になった(2017年5月18日から開始)!投資信託も信託報酬の低いインデックス型が揃っている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.16%)
・三井住友・DC日本株式インデックスファンドS(信託報酬:0.2%)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと無料でお得! 運用コストをおさえた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料!業界初(iDeCo)の運用商品を9本用意
口座管理料が誰でもずっと「無料」。投資初心者にも選びやすい、信託報酬(運用コスト)をおさえたインデックス型の投資信託、パフォーマンスが比較的優位なアクティブ・ファンドを合計21本用意。業界(iDeCo)で初めて取り扱う運用商品を9本も揃える。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)(信託報酬:0.1296%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 投資初心者にも選びやすい運用商品21本を厳選!
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
◆大和証券⇒iDeCo(ダイワ年金クラブ)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 15本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料に!
2017年9月11日から、毎月の口座管理料が誰でも無料に。さらに、加入・移換時、他の金融機関から大和証券へ運営機関を変更するときの手数料も無料になった。投資信託のラインナップは最小限にしぼりこまれている。インデックス型投資信託のコスト水準は十分低い。新興国株式の投資信託がBRICs4ヵ国個別なのが特徴的。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DCダイワ日本株式インデックス(信託報酬:0.27%)
・DCダイワ日本債券インデックス(信託報酬:0.27%)
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】残高50万円以上なら口座管理料が無料に!投資初心者も選びやすい、厳選された投資信託が魅力
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 16本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資初心者でも選びやすい投資信託16本を厳選
口座管理料が誰でも0円加入時・移換時の手数料も無料で、手数料の観点からも最もお得な金融機関の1つ。投資信託のラインナップは16本と少ないが、信託報酬の低い商品が揃っており、投資初心者にも選びやすい。イオン銀行は受付金融機関、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料は月額293円、さらにiDeCoで信託報酬の安いバランス型投資信託を用意していないので、みずほ銀行よりイオン銀行のiDeCoのほうがお得に運用できる。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.1620%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!ひふみ年金など、人気の投資信託16本で運用可能
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
残高100万円未満 残高100万円以上 残高200万円以上 加入時 移換時
283円 248円 203円 0円 0円 18本
【おすすめポイント】信託報酬の低い投資信託が揃い、掛金額が多い人には有利!
口座管理料は残高に応じて3段階。安くなるのは残高100万円からとハードルが高いが、2018年3月まで口座管理料が残高に限らず0円になるキャンペーンを実施中。投資信託は、日本のリート型を除き、低コストのインデックス型が一通り揃っている。残高200万円以上なら口座管理料は低くなるので、掛金額の多い人なら選択肢に。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(信託報酬:0.17%)
iDeCo・野村證券の公式サイトはこちら
◆りそな銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入時 移換時
316円 0円 0円 31本
【おすすめポイント】2018年12月28日までの加入者は2年間口座管理料が無料!
口座管理料は通常316円ではあるものの、りそなグループからの引き落としなどの割引を使えば54円割引の262円になる。信託報酬の低さをアピールしており、実際にバランス型を含めて他社と比較しても有利な投資信託をラインアップしている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・りそなDC信託のチカラ 日本の債券インデックスファンド(信託報酬:0.16%)
・りそなDC信託のチカラ 日本の株式インデックス談度(信託報酬:0.19%)
りそな銀行のiDeCo公式サイトはこちら
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天銀行のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で資産倍増計画![2018年版]】
1億円に早く近づく厳選56銘柄を公開
億超え投資家資産倍増の極意
・今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
プロが提言! 2018年に日本株を買うべき理由! 
・変化の追い風を先読み! 新デフレ&新興国株
・好業績&割安! 上方修正期待株&成長割安株
・第4次産業革命! 独自技術を持つ部品株
新iPhone上がる株 25
利回りが大幅アップ!「長期優遇あり」の優待株
・今買うべき新興国株投資信託ベスト25
ネット証券のサービスを徹底比較! 
・怖いのは死亡・入院だけじゃない!
「働けない」を 助ける保険! 
iDeCo個人型確定拠出年金老後貧乏脱出!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング