ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高橋洋一の俗論を撃つ!

誰も注目しない特会法改正案
そこに込められた官僚利権維持の構図

高橋洋一 [嘉悦大学教授]
【第79回】 2013年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 政治家、官僚は利権に目ざとい。もちろん民間経営者にとっても同じだ。ただし、利権がはびこると社会がおかしくなる。

メディアは気付かない既得権確保

 利権は制度や慣習に基づいている。制度は一見もっともらしい。しかし、外的環境も変わっていると、当初には合理性のあったものも時とともに不合理になっていく。しかし、利権があると、もっともらしくその目的をかえて存続していく。

 その好例が外為資金だ。今国会で、特会法改正案が提出される。それをみると、露骨なまでの既得権確保になっている。

 法案については、財務省のサイトに「特別会計に関する法律等の一部を改正する等の法律案」として掲載されている。新聞報道もあまりなされずに、特会の数が減るなどとの表面的なことしか書かれていない。マスコミは、法律案の概要しか読まないので、そうした報道になってしまう。概要で、新聞で書かれそうなところは以下のとおりだ。

・交付税及び譲与税配付金特別会計交通安全対策特別交付金勘定を廃止。

・年金特別会計の国民年金勘定に、福祉年金勘定を統合。

・食料安定供給特別会計に、農業共済再保険特別会計、漁船再保険及び漁業共済保険特別会計を統合。また、関連する勘定を統合するとともに、農業経営基盤強化勘定を一般会計化。

・社会資本整備事業特別会計を一般会計化(空港整備勘定は経過勘定として自動車安全特別会計に統合)。

・国債整理基金特別会計の事務費を一般会計へ移管するとともに、前倒債の発行収入金の翌年度歳入化の規定を整備。

・外国為替資金特別会計の積立金を廃止するとともに、金融市場の進展等を踏まえた運用効率の向上のための規定を整備。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋洋一[嘉悦大学教授]

1955年、東京都に生まれる。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官などを歴任したあと、2006年から内閣参事官(官邸・総理補佐官補)。2008年退官。金融庁顧問。2009年政策工房を設立し会長。2010年嘉悦大学教授。主要著書に『財投改革の経済学』(東洋経済新報社)、『さらば財務省』(講談社)など。

 


高橋洋一の俗論を撃つ!

元財務官僚の経済学者・高橋洋一が、世にはびこるもっともらしい「俗論」の過ちをズバリ解説。

「高橋洋一の俗論を撃つ!」

⇒バックナンバー一覧