クレジットカード比較
2013年11月24日公開(2018年4月13日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

年会費無料で高還元、付帯サービスも充実の
「リボ払い専用カード」の上手な使い方とは?

 ここ数年、クレジットカード会社各社から「リボ払い専用」のクレジットカード」が続々と誕生し、その人気が拡大中だ。今回は「リボ払い専用カード」の人気の理由と上手な利用方法、そして利用する際の注意点を紹介しよう。

 まず、代表的な「リボ払い専用カード」には下記のようなものがある。

年会費 還元率 国際
ブランド
リボ払い手数料
(実質年率)
初回手数料の
有無
カード
フェイス
 DCカード Jizile (ジザイル)(発行:三菱UFJニコス)
「リボ払い専用」で選ぶ!クレジットカードおすすめランキング第1位!DCカード Jizile(ジザイル)詳細はこちら
永年無料 1.5% VISA、
Master
 15~
18%
なし
 P-one FLEXY(発行:ポケットカード)
「リボ払い専用」で選ぶ!クレジットカードおすすめランキング第4位!P-one FLEXY
永年無料 1.6% Master 14.95~
17.95%
あり
 R-styleカード(発行:ジャックス)
「リボ払い専用」で選ぶ!クレジットカードおすすめランキング第3位!R-styleカード詳細はこちら
永年無料 1.0~1.1% Master 15%  なし 
 エブリプラス(発行:三井住友カード)
「リボ払い専用」で選ぶ!クレジットカードおすすめランキング第5位!三井住友 エブリプラス
永年無料  0.5~1.5% VISA 18%  なし 

 なぜ、これらの「リボ払い専用カード」が人気を集めているのか。

 上記に掲載した「リボ払い専用カード」の特徴をまとめると、以下のようになる。
①ほとんどの「リボ払い専用カード」が年会費無料
②年会費無料のクレジットカードとしては異例の高還元率
③「リボ払い」なら毎月の支払い金額が一定のため、家計が管理しやすい

 つまり、「年会費無料でありながら高還元で、月々の支払いも楽」ということになる。しかし、注意しなければならない点があるのも「リボ払い専用カード」の特徴だ。

そもそも「リボ払い」って何だ?

 クレジットカードを利用した場合、その利用金額の支払い方法には大きく分けて「一括払い」「分割払い」「リボ払い」の3種類がある。

「一括払い」とは、利用金額を一度にすべて支払う方法。利用してから支払いまでには1~2カ月のタイムラグがあるが、「一括払い」で支払う場合には手数料はまったく必要ない。

 一方、「分割払い」とは支払い回数を指定して、利用金額を支払い回数で割った金額を毎月支払う方法。通常、2回の分割払いでは手数料はかからないが、3回以降を選択した場合には残高に対して実質年率12~15%程度の手数料が必要になる。

 そして「リボ払い」の「リボ」とは「revolving=回転する」という意味で、「リボ払い=回転信用方式」と呼ばれるもので、一般的には毎月の支払い金額を設定しておき、利用金額に関係なく、設定金額を支払う方法だ。

 利用金額が「リボ払い」の設定金額よりも少ない場合は、通常の「一括払い」と同じように処理されるが、利用金額が設定金額よりも多い場合には、設定金額だけを支払い、残りは翌月以降に繰り越すことができる。ほとんどの場合、毎月の支払い金額は自由に決められるので、多く使いすぎた場合でも、家計が苦しくなることが少ないというメリットがある。

 ただし、利用金額が「リボ払い」の設定金額を上回り、2回以上繰り越す場合には残高に実質年率15~18%程度の手数料がかかる。しかも、利用金額を設定金額を上回ることが多いと、残高が増え続けて返済が長期化してしまい、手数料の負担が重くなるというリスクがある。

 では、いったい「リボ払い」と「一括払い」では、どの程度の違いがあるのか。実際に支払い方、支払い総額をシミュレーションしてみよう。

実質年率15~18%の手数料は
残高が多くなると負担が重くなるので注意!

 具体的に「一括払い」と「リボ払い」の返済をシミュレーションすると、以下のようになる。

クレジットカードの「一括払い」と「リボ払い」の返済をシミュレーションした図。「リボ払い」は支払い金額が一定なのは魅力的だが、手数料が実質年率15~18%もあるので、わずかな期間でも手数料負担が大きくなっているのがわかる。これが長期化、残高が多額になれば、その負担はもっと重くなってしまう※「リボ払い」は実質年率15%の手数料がかかると仮定。

 上記のように、「リボ払い」は支払い金額が一定なのは魅力的だが、手数料が実質年率15~18%もあるので、わずかな期間でも手数料負担が大きくなっているのがわかる。これが長期化、残高が多額になれば、その負担はもっと重くなってしまう。

 ただ、「リボ払い」を上手に利用することも可能だ。

 「リボ払い」を活用すれば、年末年始やゴールデンウィークなどの長期休暇を利用して旅行する際の旅行代金や、季節の変わり目に洋服をたくさん購入した場合でも、支払い金額が一定になり、家計が管理しやすくなる点で便利だが、利用する際には残高の上限や近い将来に全額を支払える予定があるときに限定するなど、ルールを決めておいたほうがいいだろう。

 例えば、12月にボーナスが支給されることが決まっている場合など、直後に全額を支払える見込みがあれば、「10月に年末年始の海外旅行を予約して、11月の支払い分だけを『リボ払い』にし、12月のボーナス支給後に残高を一括で支払う」という具合に、「リボ払い」を利用するのはあくまでも一時的な利用に留めておくという使い方なら、手数料の負担も少なくて済む。

 ちなみに「リボ払い」には大きく分けて3種類の方式がある。
①利用金額にかかわらず、設定した金額を毎月支払う「定額リボ払い」
②残高に対して、設定した一定の割合を支払う「定率リボ払い」
③残高によって支払い金額が増減する「残高スライドリボ払い」

「リボ払い専用カード」で採用されることが多いのは①「定額リボ払い」と③「残高スライドリボ払い」の2つ。

 前述の表に掲載した「リボ払い専用カード」では、「DCカード Jizile(ジザイル)」や「JCB EIT(エイト)」、「エブリプラス」が「定額リボ払い」、「P-one FLEXY」や「R-style」が「残高スライドリボ払い」を採用している。

「定額リボ払い」と「残高スライドリボ払い」を比較すると、残高が長期間残る「残高スライドリボ払い」のほうが最終的な支払い金額が多くなる傾向にあるので、利用する際にはより注意が必要だろう。

 ただ、どちらにしても残高を一括で支払うことは可能なので、できるだけ支払いを長期化しないようにすることが「リボ払い専用カード」を上手に利用するコツ。

 なるべく手数料を支払わずに済むように利用することで、「リボ払い専用カード」はお得なクレジットカードになるのだ。

 では、おすすめの「リボ払い専用カード」はどれなのか?

「リボ払い専用カード」を「一括」で利用すれば
「還元率1.5%超」というメリットだけを得られる!

 前掲の表を見るとわかるように、ほとんどの「リボ払い専用カード」の還元率は、通常のクレジットカードの2~3倍、1~1.5%となっている。

 多くの「リボ払い専用カード」では、「毎月の支払い金額を限度額に設定」したり、「リボ払い設定金額を超える部分はATMなどで一括返済」したりできる。これを利用して、「リボ払い専用カード」の利用金額を通常のカードと同じように常に「一括」で支払えば、手数料を支払うことなく、高い還元率を得ることができるのだ。

「リボ払い専用カード」を「一括」で利用するのに適しているのは、年会費が無料で還元率が高く、「初回のリボ払い手数料」が必要ないクレジットカードだ。

 この条件でもっともお得なのは「DCカード Jizile(ジザイル)」や「JCB EIT(エイト)」。発行元は「DCカード Jizile」が三菱UFJニコス、「JCB EIT」がJCBと、どちらも業界大手で、年会費無料、還元率は最大1.5%、そして初回のリボ払い手数料はかからない。

DCカード Jizile(ジザイル)
 還元率  1.5%
おすすめクレジットカード!リボ払い専用のDCカードJizile(ジザイル)の詳細はこちら
リボ払い専用のDCカードJizile(ジザイル)カード公式サイトはこちら
 発行元  三菱UFJニコス
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 海外旅行
 傷害保険
 最大1000万円
(自動付帯)
 ショッピング
 保険
 年間限度額100万円
(90日間)
JCB EIT(エイト)
 還元率  0.6~1%
おすすめクレジットカード!リボ払い専用の高還元率カードJCB EITの詳細はこちら
リボ払い専用の高還元率カードJCB EIT公式サイトはこちら
 発行元  JCB
 国際ブランド  JCB
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 海外旅行
 傷害保険
 最大2000万円
(自動付帯)
 ショッピング
 保険
 年間最高100万円
(90日間)

 年会費無料で通常の還元率が1.5%というのは、「リボ払い専用カード」以外には見られない高スペックなので、上手に利用することで「高還元率」というメリットだけを享受することができる。

 さらに、「DCカード Jizile」と「JCB EIT」なら「海外旅行傷害保険」が自動付帯、購入した商品の破損や盗難を補償してくれる「ショッピング保険」もあり、年会費無料のクレジットカードとしては付帯サービスが充実している。

 また、「DCカード Jizile」なら「ポイント名人.com」、「JCB EIT」なら「OkiDokiランド」などのカード会社が運営するオンラインモールを活用すれば、還元率は2%を超えるので、クレジットカードの利用が主に「ネットショッピング」という人にはおすすめだ。

「リボ払い」を利用する前提なら、毎月の支出が抑えられ、
ポイントを現金化できる「P-one FLEXY」も検討の余地あり!

 また、収入が不安定な人や、一時的に返済が苦しいときに「リボ払い専用」を使いたい人は、「DCカード Jizile」や「JCB EIT」に加えて、還元率が1.6%ともっとも高く、実質年率手数料が低めに設定されている「P-one FLEXY」も検討の余地がある。

P-one FLEXY
 還元率  1.6%
P-one FLEXYカードの詳細はこちら
P-one FLEXY公式サイトはこちら
 発行元  ポケットカード
 国際ブランド  Master
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 海外旅行
 傷害保険
 ー
 ショッピング
 保険
 年間50万円まで
(90日間)

 「P-one FLEXY」はリボ払い手数料が初回から必要になるが、毎月の利用金額の1%が自動的に請求代金から引かれるので毎月の支出を抑えることが可能で、しかもポイントを貯めて利用するまでのタイムラグがない。しかも、「1000円=2ポイント」が付与されるポイントも「1ポイント=3円」で銀行口座にキャッシュバックが受けられる(最低交換単位は300ポイント=900円分)。

 さらに、ネットショッピングをする場合は「P-oneモール」を活用すれば、「1000円=2ポイント(6円分)」に加えて、「1000円=1~23ポイント(3~69円分)」のポイントが貯まるので、請求金額の1%引きと合わせると、還元率は2.6~8.5%にまで上昇する。

 手数料が発生する「リボ払い」は利用しないほうがいいのは明らかだが、もし現在よく利用している、もしくは今後利用しなければならない状況になる可能性があるのであれば、還元率が0.5%の一般的なクレジットカードよりも、今回紹介した還元率1~1.5%超の「リボ払い専用カード」のほうが負担は大幅に減らせる。

 自分のクレジットカードの使い方を確認して、少しでも得するクレジットカードを選ぼう!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2018年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]
2018年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)でおすすめクレジットカードはコレだ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2018年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
◆「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
(nanacoへの
チャージ分は
還元率0.5%)
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、「nanaco」チャージでも0.5%分のTポイントが貯まる!
関連記事
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株2018年
98銘柄が激突!
老後のお金の作り方

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【一番儲かる「勝ち株」に乗れ!最強日本株】

最強日本株2018年夏の陣!
東西に分かれ98銘柄が激突!
●2018年下期の攻略法! 
上期に上がった株下がった株
4人の達人による相場の見通し
●合戦1「株主優待株」の戦い
桐谷広人軍藤本誠之軍の精鋭株が一騎打ち
●合戦2「10万円株」の陣
楽天」VS「レオン自動機」ほか
●合戦3「高配当株」の争い
JT」VS「日産自動車」ほか
●合戦4「10倍株」の激闘
ラクスル」VS「サンバイオ」ほか
●合戦5「大型株」の変
スタートトゥデイ」VS「GMOペインメントG

60歳以上も必読!問題点がマンガでわかる!
人生100年時代の老後のお金の作り方&取り崩し方
年金、介護、長生き3重苦に打ち勝て
・老後のお金の貯め方&運用の仕方
・60歳以降の上手なお金のもたせ

円高米利上げのWパンチ!
全タイプで成績が大幅に低下
毎月分配型投信本当の利回り&分配健全度 

●IT企業を中心に急成長株が続々! 
今こそ狙え! 中国株

投信ETFに気軽に投資できる! 
ポイント投資の始め方

<別冊付録>情報や注文方法を味方に! 
新しい株の勝ち方! 


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング