クレジットカードおすすめ最新ニュース[2016年]
2015年1月19日公開(2016年2月18日更新)
バックナンバー

「クレジットカードおすすめ最新ニュース[2016年]」

著者・コラム紹介

菊地祟仁 きくち・たかひと
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開 発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイ レージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

クレジットカードおすすめ最新ニュース[2016年]

ポイ探ニュース(菊地崇仁)

クレジットカードで貯めたポイントやマイルは
長期間貯め込まずに、積極的に使うのが正解!
貯まったポイントをすぐに使うべき5つの理由とは?

 ポイントカードに貯まったポイントを、あなたはどのように使っているだろうか? ある程度貯まったらすぐに使う? それとも「そのままでも損をするわけじゃないから」と、ポイントを貯めこんでしまうことが多い?

 筆者は、取材でポイントの使い方を聞かれるたびに、「貯まったポイントやマイレージはすぐに使うべきだ」と伝えている。しかし、実際は多くのポイントを貯めこんでいる人も多いだろう。

 なぜ、ポイントが貯まったら直ぐに使うべきなのか。理由は次の5つだ。

  ・ポイントには利息がつかない
  ・ポイントサービスが改善されることは少ない
  ・ポイントは不正利用されても補償されない
  ・ポイントは失効する可能性がある
  ・ポイントを無駄なく使うことで経済効果を期待できる

 それぞれの理由について、ひとつずつ解説していこう。

【理由その1】
ポイントには利息がつかない

SBIカードのポイントは多く貯めると価値が上がる

 ポイントサービスによっては、多くのポイントを貯めると、ポイントの価値が上がるものもある。

 例えば「SBIレギュラーカード」の場合、5000ポイントは5000円としてキャッシュバックとなるが、1万ポイント貯まったら1万2000円のキャッシュバックと、ポイントの価値が上がるのだ。
(※「SBIレギュラーカード」の還元率や年会費などのスペックが、2015年10月1日より変更(ポイント制度は改悪)されています。詳しくはこちらの記事を参照してください「SBIカード」がポイントサービスを大幅改悪?新たに追加されたボーナスポイントを計算に入れると「SBIカード」ユーザーの最もお得な選択とは?

SBIレギュラーカード
 還元率  1%
SBIレギュラーカード
 発行元  SBIカード
 国際ブランド  MasterCard
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA

 しかし、いくらポイントの価値が上がったとしても、ポイントに利息が付くわけではない。有効期限の無いからといって長期間ポイントを保有し続けても、ポイントが増えることはないのだ。

 一方、現金の場合は、普通預金口座であっても少ないながら利息が付く。そうであれば、現金は手元に残し、ポイントを優先して使うべきだろう。

【理由その2】
ポイントサービスが「改善」されることは少ない

 ポイントプログラムが変更される場合は、「改善」されるケースは少なく、多くは「改悪」となる。例として、次の4つケースを挙げてみよう。

(1)従来は100円で1ポイント付与していましたが、
   今後は200円で1ポイントの付与に変更します

(2)従来は月利用金額100円につき1ポイント付与していましたが、
   今後は毎回のショッピングで100円につき1ポイント付与に変更します

(3)従来は100ポイントを100円として利用できましたが、
   今後は100ポイントを50円として支払いに利用できます

(4)従来は100ポイントで100円分の商品券に交換できましたが、
   今後は150ポイントで100円分の商品券に交換できます

(1)、(2)については、ポイント付与率の変更なので、今後、このポイントサービスを利用してポイントを貯めるかどうかを考えればすむ話だ。

 しかし、(3)、(4)については、ポイントの価値自体が変更されているため、保有しているポイントの価値が下がることを意味する。

 こうした変更はそれほど多くはない、と思っている読者もいるだろうが、実はこれらは2014年に実際に似たような変更があった例なのだ。

(1)は、2014年7月にファミリーマートでTポイントサービスが変更されたケースだ。従来は「100円につき1ポイント」貯まっていたものが、「ファミリーマートで月間5000円未満の利用者は200円につき1ポイント」と改悪された。

(2)は、エポスカードが2014年10月から行った変更と同じパターンだ。従来は「月額利用金額1000円につき1ポイント(=5円相当)付与」だったものが、「ショッピング毎200円につき1ポイント(=1円相当)」に変更された。

 還元率は0.5%と同じだが、100円×10回の買い物で考えると、結果はまったく違ってくる。変更前だと、月額1000円1ポイントを獲得できる。しかし変更後だと、1回のショッピングで200円以上支払っていないとポイントは発生しないため、合計で月額1000円使ったとしても獲得できるのは0ポイント。端数が大きくなる分ポイントが貯まらなくなるのだ。

【変更前】
  月額1000円 ⇒ 1ポイント
【変更後】
  ショッピング毎100円×10回 ⇒ 0ポイント×10回 ⇒
0ポイント

(3)、(4)のようにポイントの価値が下がった例もいくつかある。

 2014年2月にユナイテッド航空とデルタ航空が特典航空券に必要なマイル数を大幅に上げたケースや、2015年度のJALのビジネスクラス・ファーストクラスの特典航空券改悪したケース、12月以降から「シティ リワードプログラム」のポイント交換数を変更したケースなどだ。「シティ リワードプログラム」の場合、従来は「5000ポイントで2000円分の電子マネーに交換」できたが、変更後は「6000ポイントで2000円分の電子マネーに交換」となった。(※「シティ リワードプログラム」は発行会社が「三井住友トラストクラブ」に変更になったのに伴い、現在は「SuMi TRUST CLUB リワードプログラム」に名称変更されています)

 2014年だけでもこれだけ多くの改悪があり、今後も同じような変更を行うポイントサービスが出てくるだろう。そうした改悪による被害を最小にするには、貯まったポイントはなるべく早く使うことが一番となる。

【理由その3】
ポイントは不正利用されても補償されない

 ポイントは誰のものか? 実はポイントは保有者ではなく、発行企業のものとなっている。

 万一、不正アクセスなどでポイントが盗まれた場合は、被害者はポイント保有者ではなく、ポイントの発行企業となる。つまり、ポイント発行企業は第三者に盗まれたポイントを会員に補填する義務はないのだ。

 2014年には、JALのマイル、JCBの「Oki Dokiポイント」などが、不正ポイント交換で盗まれたと言うニュースがあった。これらは全て会員に補填されたが、それはポイント発行企業側が会員に配慮して対応した結果であり、ポイントの補填が法律で義務付けられているわけではない。

 また、ポイント発行企業が倒産などでサービスの提供をやめた場合も、ポイントは補償されない。2014年9月には大阪で、お釣りをカードに記録して預かるサービスを提供していたスーパーマーケットが倒産した。このケースは、ポイントではないが、実質的には同じ。債権者に金銭が戻ってくる可能性は非常に低いのだ。

【理由その4】
ポイントは失効する可能性がある

 多くのポイントには有効期限が設定されている。設定された有効期間内に利用しなければ、ポイントは失効してしまう。失効を防ぐためには、有効期限内に使用するのが一番だ。

 しかし、クレジットカードやマイレージでは、有効期限が無期限のポイントやマイルを発行している会社もある。クレディセゾンの「永久不滅ポイント」やシティカードの「シティ リワードプログラム」、アメリカン・エキスプレスの「メンバーシップ・リワード」、デルタ航空の「スカイマイル」などは、無期限ポイントの代表例だろう。
(関連記事⇒デルタ航空の「スカイマイル」を効率よく貯められる最強クレジットカードは「JCBテイクオフカード」! 無期限のデルタ航空のマイルで得する方法を伝授

 これらの無期限ポイントも、失効のリスクを考えるべきだろうか? 答えはYesだ。

 無期限のポイントだとしても失効することがある。ポイントカード(クレジットカード)を自ら解約した場合や、ポイント発行企業の倒産した場合、会員本人が死亡した場合などだ。ポイントが残っているのに解約することは稀だろうが、ポイント発行企業の倒産や、自身の突然死はあり得る話である。

 倒産については【理由その3】で書いたが、会員本人の死亡についても考え方は同じだ。ポイントは発行企業のものなので、会員本人の死亡しても、ポイントは相続の対象にはならない。どんなに高額なポイントが残っていても、死亡した時点で無価値となってしまう。

【理由その5】
ポイントを無駄なく使うことで経済効果を期待できる

クレディセゾンのポイント引当金は年々増加。10年で約3.3倍にも膨れ上がっている

 ポイントというと、「おまけ」程度と考えている人も多いだろう。しかし、野村総合研究所が2014年5月に発表した試算によると、2012年度のポイント・マイレージの年間発行額は8684億円、2018年度には1兆円規模に達するという。

 一方、「永久不滅ポイント」を発行するクレディセゾンのポイント引当金、つまり利用されていないポイントの合計金額を確認すると、年間で30~60億円ずつ増加を続け、10年で約3.3倍に膨れ上がっている。

 利用されていないポイントこれだけ増加を続けているということから、「実は、獲得したポイントを無駄なく利用している人は少ない」ということが推察できる。もし、これらの発行されたポイントが毎年100%利用されると、日本全体で毎年数千億円の家計支出が増える可能性がある。

 総務省統計局が集計した平成24年の「家計最終消費支出」は、279兆6940億円。これと比較すると、年間のポイント発行額は微々たる額かもしれない。しかし、節約で消費を抑える行為より、よっぽど経済効果は高いだろう。


 今回は、ポイントは貯めこむのではなく積極的に使った方がいい5つの理由を解説した。

 繰り返しになるが、ポイントは貯めこむのではなく、どんどん使うべきだ。ポイントは使うまでは無価値のもので、使った時に初めて効果を発揮できる。もし「ポイント10%還元」の商品であっても、それは理論上の数字にすぎず、貯まったポイントを使うまでは0%還元と同じだ。

 ポイントは貯めることが目的ではなく、使うことが目的ということをもう一度確認しておくべきだろう。

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!