クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]
2015年7月29日公開(2015年7月28日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ポイ探ニュース(菊地崇仁)

東京ディズニーランドで唯一飲酒可能な“隠れ家”!
JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者限定の
マップ未掲載の「秘密のレストラン」に潜入した!

 JCBのプラチナカード「ザ・クラス(THE CLASS)」を保有していると、毎年、メンバーズセレクションという2万円相当のカタログギフトが送られてくる。年会費が5万円(税抜)のため、2万円のカタログギフトとなると、それだけでも実質の年会費は3万円程度と考えることもできる。
(関連記事⇒年会費5万円のプラチナカードのコスパを考察!2万円分のカタログギフト、空港ラウンジなどの付帯サービスで年会費のモトは取れるのか!?

JCB ザ・クラス
 還元率  0.5~2.5%
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの詳細はこちら
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラス公式サイトはこちら
 発行元  JCB
 国際ブランド  JCB
 年会費(税抜)  5万円
 家族カード  あり(無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 QUICPay
(関連記事⇒最強プラチナカード「JCBザ・クラス」を保有して東京ディズニーリゾートでVIP待遇を受けよう!定番カード「JCB ORIGINAL SERIES」の魅力とは?

 このメンバーズセレクションには、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであるJCBならではの商品が用意されている。

 例えば、「東京ディズニーリゾート パスポート(4枚組)」。パークチケットは通常6900円(税込)なので、4人分で2万7600円分と交換できると考えると、お得感があるだろう。

「ザ・クラス」のメンバーズセレクション

 また、メンバーズセレクションには、「東京ディズニーランド ペアランチ お食事券とパスポート(2枚組)セット」という商品もある。こちらは、東京ディズニーランド内にある秘密の特別レストランでのペアランチとパークチケット2枚が付いている。レストランの料理は1人6000円(税抜)のため、金額に換算すると2万6760円相当となる。

 パスポート(4枚組)の方が金額換算ではお得だが、筆者としては「東京ディズニーランド ペアランチ お食事券とパスポート(2枚組)セット」をおすすめする。おそらく、これがメンバーズセレクションで最もお得な特典と言えるだろう。

 今回はこの「東京ディズニーランド ペアランチ お食事券とパスポート(2枚組)セット」を利用してきたのでレポートしよう。

特典の利用には事前の予約が必須
ペアチケットだがレストランは8名まで予約可能

 まず、メンバーズセレクションが送られてきたら、「東京ディズニーランド ペアランチ お食事券とパスポート(2枚組)セット」の商品番号を記載する。商品自体は2人用のチケットだが、レストランは8人まで利用が可能だ。「人数調整を希望する」にチェックを付けておけば後日電話があるので、そのときに利用人数を伝えて予約すれば完了だ。

 ディズニーシーにあるJCBのアトラクション内ラウンジの場合は、「4人まで」と書かれていても5人以上の利用も可能だったが、今回のレストラン利用については8人を超えて予約することはできない。乳幼児でも1人とカウントされるとのことだった。

 もちろん、チケットに含まれるのは2名分のコース料理までなので、3人以上の予約をした場合は追加料金が発生する。パークの入場チケットも別途必要だ。

パークチケットとレストランのお食事券だけでなく
JCBラウンジご招待券も付属

郵送されてきた「ザ・クラス メンバーズ・セレクション 東京ディズニーランド ペアランチお食事券」

 後日、「ザ・クラス メンバーズ・セレクション 東京ディズニーランド ペアランチお食事券」とレストランのパンフレットが送られてきた。同封されたパークのチケットは、有効期限が1年程度だった。そのほかに、JCBのアトラクション内のラウンジが利用できる「JCBラウンジご招待券」も同封されていた。

 この、「JCBラウンジご招待券」はザ・クラス保有者でも1年に1回しか取得できない。その貴重なチケットが、「東京ディズニーランド ペアランチ お食事券とパスポート(2枚組)セット」に1枚付いてくると、同じ年に2回ラウンジが利用できることになり、かなりお得だ。
(関連記事⇒JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者向けにディズニーシー内に設けられた特別ラウンジを公開!東京ディズニーリゾートの“都市伝説”は本当だった!
(関連記事⇒東京ディズニーランドの“都市伝説”の真相は?「JCB ザ・クラス」保有者だけが利用できる「スター・ツアーズ」内の特別ラウンジをレポート!

東京ディズニーランドのマップに載っているレストラン

 お食事券にはレストラン名が記載されており、レストランの利用方法や場所などの案内が書かれたパンフレットも同封されている。パンフレットにはレストランの入口から入り方、さらにはドレスコードまでくわしく説明が書かれていた。

 なぜそこまでくわしく案内が書かれているかというと、「ザ・クラス メンバーズ・セレクション 東京ディズニーランド ペアランチお食事券」で利用できるのが、ディズニーランドのマップにも載っていない特別なレストランだから。同封された案内がなければ、そこに辿り着くこともできないのだ。

駐車場でもVIP待遇!
東京ディズニーランドの入口近くに駐車可能

駐車場でもVIP待遇

 東京ディズニーランドに車で行った場合、駐車場の係員にメンバーズセレクションのレストラン利用ということを伝える。すると名前の確認が行われた後、車には白い紙の目印が付けられて駐車場の係員に誘導される。

 当然、東京ディズニーランドの入口に近い場所に駐車させてくれる。行きだけでなく、遊び疲れた帰りも歩かずにすぐ車に乗れるのは、大きなメリットだろう。特に小さな子供を連れた親には,ありがたいサービスだ。

東京ディズニーランド内でゆっくりとコース料理を堪能
お酒を飲むこともできる!

レストランの入口付近

 時間通りにレストランに行きインターホンを鳴らすと、ドアを開けてもらえる。このインターホン自体、一般の来場者はわからないよう設置されているため、案内がなければここが入口ということに気がつくことはないだろう。

 中には存在を知っている人もいるようで、入口を写真で撮っていく人もいた。ただし、ドアには鍵がかかっているため、存在を知っていたとしても予約がなければ中に入ることはできない。

 予約制のため、席がないということはないし混んでいることもない。また、音も遮断されているのか外部の音は一切聞こえてこなかった。

レストランのメイン料理

 テーブルに着くと飲み物を聞かれるが、お酒をオーダーすることも可能だ。東京ディズニーランド内でお酒が飲めるレストランはここだけだろう。

 料理はコースとなっており、一皿ずつ順番に運ばれてくる。東京ディズニーランドには何度も行ったが、ここまでゆっくりと食事したのははじめてだった。

 2時間程度で食事は終わった後、限定のお土産コーナーがあったのでいくつか購入して外に出た。入口のドアを開けた瞬間、現実に引き戻されたような感じがするくらい閉ざされた空間だった。

 プラチナカードにおける年会費と付帯サービスのバランスを考えると、「ザ・クラス」は最強ではないだろうか。

 普通に考えると、年会費5万円(税抜)というのは高額だが、今回紹介したメンバーズセレクションのお得な特典やディズニーリゾート内のJCBアトラクションにあるラウンジの利用など、プレミアム感のある付帯サービスはかなり魅力的だ。

 さらにコンシェルジュサービスが高品質のため、確実に取得したいチケット予約のときは、必ず「ザ・クラス」のコンシェルジュサービスを利用している「ザ・クラス」を使いこなせば、5万円(税抜)という年会費は安いと感じられるだろう。

 以上、今回は「ザ・クラス」の特典、「東京ディズニーランド ペアランチ お食事券とパスポート(2枚組)セット」で利用可能なディズニーランド内の秘密のレストランを紹介した。

JCB ザ・クラス
 還元率  0.5~2.5%
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの詳細はこちら
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラス公式サイトはこちら
 発行元  JCB
 国際ブランド  JCB
 年会費(税抜)  5万円
 家族カード  あり(無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 QUICPay
(関連記事⇒最強プラチナカード「JCBザ・クラス」を保有して東京ディズニーリゾートでVIP待遇を受けよう!定番カード「JCB ORIGINAL SERIES」の魅力とは?

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年9月8日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.1%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の100倍=0.1%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.001%程度の今、普通預金金利が0.1%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カードとの呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!