クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]
2015年8月22日公開(2016年1月25日更新)
バックナンバー

「クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]」

著者・コラム紹介

菊地祟仁 きくち・たかひと
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開 発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイ レージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]

ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「Pontaカード」が迎える正念場とは?(前編)
「dポイントカード」と「Rポイントカード」が
ローソンで利用可能になると「Ponta」の1人負けに?

 「Tカード」、「Pontaカード」、「Rポイントカード(楽天スーパーポイント)」といった共通ポイントカードの競争が激化しているが、現在その中のひとつ「Pontaカード」が正念場に追い込まれている。

 そこで今回から3回に渡って、共通ポイントカード業界を取り巻く流れと、その中において「Pontaカード」が陥ってしまった状況について解説していこう。

【中編・後編はこちら】
「Pontaカード」が迎える正念場とは?(中編)昭和シェル石油と出光興産の経営統合により「Ponta」提携店からガソリンスタンドが消える?
「Pontaカード」が迎える正念場とは?(後編)「Rポイントカード」「Tカード」の持つ強みに対し共通ポイントカード戦争をどう生き残るのか!

ローソンが「Pontaカード」に続き
「Rポイントカード」を導入?

 2015年7月30日の日経ビジネスオンラインで、ローソンで「Rポイントカード」が利用できるようになると報じられた。楽天は否定しているが、筆者はローソンで「Rポイントカード」が導入される可能性は高いだろうと考えている。

 なぜローソンで「Rポイントカード」が導入される可能性が高いのか、以下の図を見ながら簡単に説明したい。ただし、時系列は順番通りとは限らない。

 まず、2015年12月1日より、ローソンでドコモの共通ポイントカード「dポイントカード」が利用できるようになると発表があった。これでローソンは複数の共通ポイントカードを導入できるようになった。
(関連記事⇒ドコモとPontaが提携し、ポイントの相互交換へ!au、ソフトバンクに続く携帯ポイントのオープン化で群雄割拠のポイント戦国時代が始まる!

 また以前に、ファミリーマートとサークルKサンクスが統合するというニュースが報じられた。基本的に、ファミリーマートへサークルKサンクスが吸収され、サークルKサンクスの店舗名は順次ファミリーマートへと変更になるようだ。

 その場合、サークルKサンクスで利用可能なポイントカードも「Pontaカード」から「Tカード」に切り替えになるのではないだろうか。サークルKサンクスのポイントカードが「Tカード」に切り替わった場合、「Rポイントカード」を利用できるコンビニエンスストアは、ポプラと生活彩家のみとなる。

 同時に、サークルKサンクスを吸収したファミリーマートは、コンビニエンスストア業界で2位に上昇し、現在業界2位のローソンは3位に転落してしまう。ローソンが複数のポイントカードを利用可能としたのは、この業界3位への転落を考えての行動ではないかと考えている。

 そんなローソンと、使えるコンビニエンスストアがほぼなくなる「Rポイントカード」が手を結ぶのは、自然の流れだろう。

ローソンにおける共通ポイントカード戦争が激化
「dカード」の登場により「Pontaカード」提示率は低下?

 共通ポイントカードの利用率が高いのは、なんといってもコンビニエンスストアだ。コンビニエンスストアは、共通ポイントカードの生命線と言っても過言ではないだろう。ドコモが共通ポイントに参入したときにローソンしか提携先の発表がなかったが、逆にコンビニエンスストアを抑えられない状態で共通ポイントに参入しても失敗する可能性が高いということだ。

 ローソンでの共通ポイント争いが激しくなっており、「Ponta」、「ドコモ」、「楽天(Rポイントカード)」のポイントカード合戦が行われている。例えば2015年6月からは、ローソンでドコモのクレジットカード「DCMX」を使って決済すると、請求時3%OFFになるサービスが始まった。消費者にローソン=「DCMX(dカード)」というイメージを植え付けようとしているのだろう。
(関連記事⇒「DCMX」と「Pontaカード」の2枚を保有するだけでローソンのほとんどの商品を5%割引で購入可能!ドコモユーザーならこのお得情報を見逃すな!

DCMX
 還元率  1.0%
DCMXカードフェイス
DCMXカード公式サイトはこちら
 発行元  NTTドコモ
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費(税抜)  初年度無料、
 2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば
次年度以降も年会費無料)
 家族カード  あり(年会費初年度無料、2年目以降400円、税抜)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 ―
(関連記事⇒ドコモのカード「DCMX」を保有することで携帯電話料金はどれだけ安くできる? ポイント制度の変更点と「DCMX」のメリットとは

 現在ローソンでは、ポイントカード(Pontaカード)+決済ツール(DCMX)と分けて使うことができるが、2015年12月以降は、ドコモの共通ポイントカードサービスが開始されるため、「Pontaカード」を提示する必要がなくなり、「DCMX(dカード)」だけで提示+決済が可能になる。その場合、ローソンでの「Pontaカード」提示率は低下するだろう。

「Pontaポイント」より「楽天スーパーポイント」の方が利用者が多い

 さらに、ローソンで「Rポイントカード」が利用可能になると、「Pontaカード」と「Rポイントカード」のどちらかを消費者が選択することになる。ジャストシステムの「ポイントに関するアンケート調査」によると、最も貯めているポイントとしては1位が「楽天スーパーポイント」(47.2%)、2位が「Tポイント」(34.2%)、3位が「Pontaポイント」(15.1%)となっている。数字を比較すると、「楽天スーパーポイント」が圧倒的な人気となっていることがわかるだろう。

 つまり、「Rポイントカード」か「Pontaカード」を選択できるようになると、「Rポイントカード」を提示する消費者が多くなると予測できる。おそらく、ローソンで「Rポイントカード」が利用できるようになると、楽天でもローソン=「Rポイントカード」をアピールするようなキャンペーンを開始されるのではないだろうか。

 コンビニエンスストア争いの敗者は、共通ポイントカードの敗者となる。「Pontaカード」がローソンで生き残るには、他の提携企業との相互送客を強化し、JALとの提携強化が必要となるだろう。

 以上、今回はローソンにおけるポイントカード競争が激化した結果、「Pontaカード」が窮地に追い込まれる可能性について解説した。次回は、出光と昭和シェル石油の経営統合により「Pontaカード」がさらなる苦境に追い込まれる可能性について考察しよう。

【中編・後編はこちら】
「Pontaカード」が迎える正念場とは?(中編)昭和シェル石油と出光興産の経営統合により「Ponta」提携店からガソリンスタンドが消える?
「Pontaカード」が迎える正念場とは?(後編)「Rポイントカード」「Tカード」の持つ強みに対し共通ポイントカード戦争をどう生き残るのか!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年7月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード】
レストラン特典、空港ラウンジ、旅行保険など、
プラチナ級のサービスが充実⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイトはこちら
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!