クレジットカード活用術
2015年10月26日公開(2016年12月5日更新)
バックナンバー

「クレジットカード活用術」

著者・コラム紹介

菊地祟仁 きくち・たかひと
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

クレジットカード活用術

クレジットカード&ポイントの達人・菊地崇仁氏がビジネスパーソンの「最強クレジットカード」選びを強力にサポート! 高還元、マイル、共通ポイント、電子マネーなど、さまざまな観点から「最強のクレジットカード」の選び方と、業界再編で「戦国時代」に突入しているポイントの上手な活用術を伝授!

菊地祟仁

「ANAカード」のコストと獲得マイルを徹底比較!
「ANA VISA Suicaカード」と「ソラチカカード」で
低コスト&高還元でANAマイルが貯まるのはどっち?

 今回は今年4月に一部のカードで料金体系が変更になった「ANAカード」の中で、あまり飛行機に乗らず、主にクレジットカードでANAのマイルを貯める「陸マイラー」にとって、どのクレジットカードを選べば有利なのかを紹介していきます。

 現在、「ANAカード」を発行している会社はJCB、三井住友カード、アメリカン・エキスプレス、三井住友トラストクラブ(ダイナースクラブカード)の4社となります。

 発行会社が異なっても、ANAが提供するサービスは発行会社で異なることはありません。例えば、「ANAカード」には「一般カード」「ワイドカード」「ワイドゴールドカード」「プレミアムカード」の4つのグレードがあり、「一般カード」の場合は搭乗時ボーナスマイルとして10%増量、入会・継続特典が1000マイルです。また、「ワイドゴールドカード」の場合は搭乗時ボーナスマイルとして25%、入会・継続特典が2000マイルとなります。

 これらの部分は、発行会社が三井住友カードでも、JCBでも、サービスに違いはありません。しかし、クレジットカードで貯まるポイントなどは、発行会社によって異なります。この部分で大きく獲得ポイント数や年会費が変わってきますので、「同じANAカード」でもよく検討して選ばなければなりません。

 では、陸マイラーの場合、どのクレジットカードでANAマイルを貯めるのがいいのでしょうか。

ANAカードを上手に利用するコツは、
「ポイント移行手数料」を抑えること

 まずは、年会費を抑えつつ、マイルを最大化する方法を考えるために、「一般カード」で考えてみます。

 なお、アメリカン・エキスプレスが発行する「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」だけ年会費が高額で、年間利用額によるボーナスポイントの付与もありませんので、陸マイラーとしては選択肢から外してもいいでしょう。残るのは、JCB発行の「ANAカード」か、三井住友カード発行の「ANAカード」になります。「ANAダイナースカード」は「ゴールドカード」扱いとなるため。この表には最初から入っていません。

■「ANAカード」の「一般カード」のスペックを一覧で比較!
カード名 ANA JCB
カード
ANA
To Me CARD PASMO JCB

(ソラチカカード)
ANA VISA
カード
(ANAマスター
カード)
ANA
TOP&ClubQ
PASMO
マスターカード
ANA VISA
Suicaカード
ANA
アメリカン・
エキスプレス・
カード
年会費
(税抜)
本会員 2000円 7000円
家族会員 1000円 2000円
搭乗時
ボーナスマイル
10%
入会継続マイル 1000マイル
ポイント
プログラム
Oki Doki ポイント ワールドプレゼント メンバーシップ
・リワード
ポイント付与率 1000円につき1ポイント 100円につき
1ポイント
ポイント交換単位 1ポイント=10マイル 1ポイント
=1マイル
ポイント移行
手数料
(税抜)
5000円 6000円
年間利用額による
ボーナス
マイル
50万円
以上
10%アップ
100万円
以上
20%アップ 15%アップ
300万円
以上
30%アップ
ボーナスポイント
交換単位
1ポイント=3マイル 通常の
ポイントと同じ
ボーナスポイント
移行手数料
無料
上級
カード
ワイド
カード
ワイド
ゴールドカード
プレミアムカード
(VISAのみ)
搭載されている
電子マネー
楽天Edy PASMO 楽天Edy PASMO Suica 楽天Edy

 上の表の中で注目しなければいけないのは、5000~6000円もかかる「ポイント移行手数料」です。「ポイント移行手数料」とは、各発行会社のポイントをANAマイルに交換するために必要な手数料になります。

 この「ポイント移行手数料」は、「JALカード」には存在しません。そのため、「JALカード」の場合は年会費が2000円(税抜)、還元率が2倍になる「ショッピングマイル・プレミアム」に加入しても3000円(税抜)の追加で、合計5000円(税抜)の年会費となります。

 ところが、「ANAカード」では、年会費が比較的安いJCBと三井住友カードの「ANAカード」ですら「ポイント移行手数料」を考慮した場合の年会費がJCBで7000円(税抜)、三井住友カードで8000円(税抜)と、一般的なゴールドカード並みの年会費となり、「JALカード」よりもかなり高額となります。

 しかし、「ポイント移行手数料」は、使い方次第で毎年必要なわけではありません。そこで、まずは「ANAカード」の年会費を押し上げる要因となっている「ポイント移行手数料」を抑える方法を紹介しましょう。

 まず、1年目、2年目は「ANAカード」で貯まったポイントをANAマイルに交換しないようにします。そして、3年目の4月1~15日までに1年目に貯めたポイントを交換します。さらに、3年目の3月23~31日までに残ったすべてのポイントを交換するようにしましょう。

 これを実践すると、「ポイント移行手数料」が必要になるのは3年目だけで、4年目、5年目は移行手数料が不要になります。6年目に3年目と同じ方法でポイントをマイルに交換することで、「ポイント移行手数料」は3年に1回だけ支払えば済むことになります。

三井住友カードは「ポイント移行手数料」は高いが、
「年会費割引特典」によって総コストは安くなる!

 さて、それではいよいよ「ANAカード」の「一般カード」をどうやって選べばいいのかを考えていきましょう。

「ANAカード」を選ぶのが難しいのは、上記の表でJCBと三井住友カードの「ANAカード」を単純比較するだけでは、本当の意味で比較することができないためです。

 というのも、「ANA VISA Suicaカード」など、三井住友カードが発行する「ANAカード」の場合、条件をクリアすれば「年会費割引特典」が受けられるからです。

 三井住友カードが発行する「ANAカード」で「年会費割引特典」が受けられる条件は、以下の2つです。

(1)『WEB明細書サービス』への登録
(2)リボ払いの「『マイ・ペイすリボ』への登録+利用

 「『WEB明細書サービス』への登録」では、「一般カード」で500円(税抜)、「ゴールドカード」で1000円(税抜)の年会費が割引になります。また、リボ払いの「『マイ・ペイすリボ』への登録+利用」では、「一般カード」で975円(税抜)、「ゴールドカード」では3500円(税抜)が割引になります(「ゴールドカード」の場合は2つを併用すれば4500円に割引金額がアップ)。

 この「年会費割引特典」と3年毎の「ポイント移行手数料」、さらに年間利用額が50万円、100万円、150万円、300万円に達するともらえる「ボーナスポイント」で比較すると、以下のような表になります。

■JCBと三井住友カードの「ANAカード」のコストと獲得マイル数
 発行会社 JCB 三井住友カード
 カード名 ANA JCB
カード
ANA
To Me CARD
PASMO JCB

(ソラチカカード)
ANA VISA
カード
(ANAマスター
カード)
ANA
TOP&ClubQ
PASMO
マスターカード
ANA VISA
Suicaカード
年会費
(税抜。三井住友カードは
「年会費割引特典」の
2条件をクリアした場合)
本会員 2000円 1025円 751円
家族
会員
1000円 475円
3年ごとの
ポイント移行手数料
1666円 2000円
年間利用額に対する
獲得マイル数

(ボーナスマイル含む)
50万円 5150マイル
100万円 1万600マイル 1万500マイル
150万円 1万5900マイル 1万5750マイル
300万円 3万1800マイル 3万2700マイル

 JCBが発行する「ANAカード」の中で人気の「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」の場合は3年に1回のポイント交換をする場合の年会費が3666円(税抜)と考えることができ、三井住友カードが発行する「ANAカード」の中で人気の「ANA VISA Suicaカード」の場合は2751円(税抜)と考えられます(厳密には「ポイント移行手数料」は3年に1回支払うため、金額自体が1/3になるわけではありませんが、便宜上1/3で計算しています)。

 この状態で、年間150万円を利用すると、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」のほうが150マイル多く獲得できますが、年会費(「ポイント移行手数料」含む)は「ANA VISA Suicaカード」のほうが915円(税抜。消費税込みで988円)安いのです。

 どちらの「ANAカード」が得かは、1マイルの価値を考えればわかります。獲得マイルの差が150マイル、年会費の差額が988円(税込)ということは、「150マイルを988円で購入する」のと同じことになり、1マイルを約6.6円で購入する計算になります。しかし通常、1マイルは1.5円程度で換算することが多いので、1マイルを約6.6円で購入するというのは割高だと考えられます。

 つまり、年間利用額が150万円の場合、獲得マイル数が150マイル少なくても、年会費(「ポイント移行手数料」含む)が988円(税込)安い「ANA VISA Suicaカード」を選択したほうが得をすると言えるのです。

ANA VISA Suicaカード
 還元率  1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
マイルが貯まる!ANA VISA Suicaの詳細はこちら
ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら
 発行元  ANAカード
 国際ブランド  VISA
 年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降2000円
(マイル移行手数料は年6000円)
 家族カード  なし
 おすすめポイント  マイル移行手数料は割高だが、モバイルSuicaの年会費無料Suicaチャージでのポイント付与はメリット大

ただし、「マイ・ペイすリボ」は「リボ払い」のため
最初に手数料を支払わないように設定するのを忘れずに

 もちろん、「年会費割引特典」の「『マイ・ペイすリボ』への登録+利用」は、クレジットカード利用代金を「リボ払い」に設定することになるので、普通に使うと高額な手数料が発生します。

 ただし、「『マイ・ペイすリボ』への登録+利用」をしても、手数料を回避する方法があります。つまり、「年会費割引特典」を活用しながら、実際にはリボ払いの手数料を支払わなくて済む“裏ワザ”があるのです。その方法は下記の記事で紹介していますので、詳しくはこちらを参考にしてください。
※関連記事はコチラ!⇒「Amazon MasterCard」が新登場!「Amazon」で得するのは「リーダーズカード」か、それとも「Amazon MasterCard」か!?(後編)

 簡単に説明しておくと、「マイ・ペイすリボ」では「毎月○円を支払います」と金額を設定できるので、クレジットカードの利用枠のうち、リボ払いが可能な「内リボ払い」の金額を「リボ払いの設定金額」にしておけば、「利用金額≦リボ払いの設定金額」となるので、「マイ・ペイすリボ」に登録していても、「一括払い」同様、手数料を支払う必要はありません。

「年会費割引特典」は、三井住友カードが発行する「ANAカード」以外のクレジットカードでも受けられるので、自分が持っているクレジットカードを見直してみることもおすすめします。

 【2016年12月時点】
 ◆マイルの貯まりやすさで選ぶ!
 高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカードはコレだ!

航空会社 年会費
(+費用、税抜)
国際
ブランド
還元率(※1) カード
フェイス
 ANA VISA Suicaカード
ANA(全日空) 初年度無料
2年目以降
2000円
(+6000円)
VISA 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングANA VISA Suica詳細はこちら
【ANA VISA Suicaカードのおすすめポイント】
ANAマイルが貯まる「Suica」一体型カード。「Suica」チャージでもマイルが貯まり、電車やコンビニなど少額決済でもムダなくマイルが貯められるのが大きなメリット。「モバイルSuica」年会費1000円が無料、「マイ・ペイすリボ」登録などで年会費割引の特典もあり!
関連記事
◆「ANAカード」のコストと獲得マイルを徹底比較!「ANA VISA Suicaカード」と「ソラチカカード」で低コスト&高還元でANAマイルが貯まるのはどっち?
◆ANAマイルを貯めている人は必見!2枚のクレジットカード+ポイントサイトを使ってANAマイルを通常の1.35倍も貯める裏ワザ大公開!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!イANA VISA Suicaカードの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
提携航空会社
14社どこでも
1万円 AMEX 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード詳細はこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
「マイル系最強カード」との呼び名が高いカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金では通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすい。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに無期限で交換が可能
関連記事航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社14社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!!!ランキングアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANA(全日空) 7000円
(+6000円)
AMEX 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングANAアメリカン・エキスプレス・カード詳細はこちら
【ANAアメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
ANAマイルを「無期限」で貯められるため、「ANAマイルを有効期限内に使えない」という悩みを解消できる! 大量にマイルを貯めれば「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券と交換が可能になり、1マイルの価値を高められるのがメリット。海外旅行傷害保険などの付帯サービスも充実
関連記事
◆「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」ならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ!じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
◆「長距離+ビジネスクラス」の航空券への交換で驚異の還元率5~7%も達成可能になる!有効期限3年のANAマイルを無期限で貯める方法!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
 MileagePlusセゾンカード
ユナイテッド航空 1500円
(+5000円)
VISA、AMEX、Mater 2.25%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングMileagePlusセゾンカード詳細はこちら
【MileagePlusセゾンカードのおすすめポイント】
スターアライアンス系のユナイテッド航空「マイレージプラス」の最強カード。カード+マイルアップメンバーズの年会費合計6500円で「100円=1.5マイル」貯まる驚異的な還元率。「マイレージプラス」は有効期限が「実質無期限」で最低6000マイルから使えて初心者も貯めやすい!
関連記事ユナイテッド航空のマイルを効率よく貯められるおすすめカードは「MileagePlus セゾンカード」!実質無期限で、ANAマイルと比較して得することも!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!MileagePlusセゾンカードの公式サイトはこちら
航空会社 年会費
(+費用、税抜)
国際
ブランド
還元率(※1) カード
フェイス
 JALカード TOKYU POINT ClubQ
JAL(日本航空) 初年度無料
2年目以降2000円
(+3000円)
VISA、Master、DC
1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングJALカード TOP&ClubQ詳細はこちら
【JALカード TOKYU POINT ClubQのおすすめポイント】
通常のJALカードと同じようにJALマイルが貯まるが、WAONやPASMOへのチャージでもJALマイルが貯まるほか、東急ストアや東急百貨店などの東急系列の店舗ではJALマイルとは別に「TOKYUポイント」も同時に貯まり、マイルに交換可能! JALカードの中ではもっともおすすめ!
関連記事JALカードよりJALマイルが貯まりやすいカードとは?低コスト&無期限の「リクルートカードプラス」か、「JALカードTOKYU POINT ClubQ」でJALマイルを貯めよう!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!JALカードTOP&ClubQ」の公式サイトはこちら

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!