FP花輪陽子のシンガポール移住日記
【第5回】 2016年2月18日公開(2016年2月18日更新)
バックナンバー

「FP花輪陽子のシンガポール移住日記」

著者・コラム紹介

FP花輪陽子のシンガポール移住日記

シンガポールに海外移住した人気FP花輪陽子さんの新連載がスタート! 節約や貯金に詳しいFPとして「夫婦で貯める1億円!」などの著書がベストセラーとなったファイナンシャル・プランナーの花輪陽子さんが、夫の仕事の都合でシンガポールに移住。海外の生活や経済、子育て、マネー事情のほか、海外移住で見えてきた日本の良さや問題点を語る!

シンガポールのハイレベルな教育事情とは?
日本を凌ぐ「アジアのエリート」を輩出する
シンガポールの学校の種類や教育費を紹介!

ジム・ロジャーズもわが子に教育を受けさせる
シンガポールのハイレベルな教育環境とは?

 ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。今回は、シンガポールでは子どもの教育費にどれくらいのお金がかかるのか、具体的に紹介していきましょう。

近代的な「NUS」のキャンパス風景。シンガポール植物園という世界遺産の中にあり、学びの環境としては、世界でも最高レベルでしょう。

 英国の教育専門紙「TIMES HIGHER EDUCATION(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)」 が昨年10月に発表した「世界大学ランキング」によると、「シンガポール国立大学(NUS)」(26位)が「東京大学」(43位)を抜いて、アジアのトップに躍り出ました。

 欧米の超一流大学・大学院のシンガポールキャンパスもいくつかあります。たとえば、「フィナンシャルタイムズ」のMBAランキング1位である、フランスの経営大学院「インシアード」。また、2013年には、米国の「イエール大学」とNUSのジョイントベンチャーである、「Yale-NUSカレッジ」も開校しました。

 環境が整っているだけでなく、シンガポールの子ども達の教育水準も高いです。15歳児を対象にした国際学力テスト(PISA)でも、アジアでは日本を抜いてトップレベル。もちろん、世界でもトップレベルです(上位は、ほとんどアジアの国々が独占しています)。

 世界的な大富豪のジム・ロジャーズ氏も、シンガポールの永住権を取得し、子供をローカルの有名公立校に通わせていることで有名ですね。それにしても、英語と中国語のバイリンガル教育が魅力のシンガポールで子供に教育を受けさせるには、どれくらいお金がかかるのでしょう?

外国人が公立の学校に通わせようとすると
国民や永住権保有者の何倍も教育費がかかる

 子どもにシンガポールで教育を受けさせる場合、現地の公立校に通わせるか、インターナショナルスクール(外国人向けの学校)や日本人学校(文部科学省管轄で、日本と同等の教育が受けられる学校)に通わせるかで、大きくコースが変わってきます。

 ローカルの公立校の場合、シンガポール国民と永住権保有者(PR)が、学費や学校の選択の面で優先されます。

 PRの場合、公立幼稚園にかかる費用は月2万7000円程度です。PRの小学校の学費は月1万円程度(外国人の場合は月5万円程度)、中学校の学費は月1万5000円程度(外国人の場合は月7万2000円程度)、高校の学費は月2万円程度(外国人の場合は月10万4000円程度)です。小学校は6年、中学校は4年、高校は2年、大学は4年というコースです。

3歳~18歳の間に通えるインターナショナルスクールの教育費がずば抜けて高いことがよくわかる。

 このように、PRと外国人では教育費に大きな差があります。永住権を保有できれば、日本の学校でずっと公立の学校に通ったのと同じくらいの金額で、公立校に通わせることができるのです。

 PR以外の外国人は、料金が高いばかりでなく学校も選べません。よって、シンガポール在住の日本人や欧米人の多くは、インターナショナルスクールなどに通うことになります。

 公立校に入ることができたとしても、英語と中国語で行われるハイレベルな授業についていくには、相当な努力が必要になります。

 シンガポールでは早期エリート教育が徹底されているため、小学校終了試験の成績によって、今後の進路が決まってしまいます。外国人にはハンデが大きすぎるため、ローカルコースは取り扱い要注意な道と言えるでしょう。

インターナショナルスクールも学費は高いが
子どもに多様な教育を受けさせることができる

 では、次に日本でも人気のインターナショナルスクールについて説明します。

インターナショナルスクールは、3歳から18歳など、プレスクールから高校まで同じ環境で一貫したプログラムを受けられるのが魅力のひとつです。 

オーストラリアのインターナショナルスクールのイベントに、親子で参加した際の写真。無料で楽しむことができました。

 母国語に加えて、第2、第3外国語まで習える語学教育、3Dプリンティングやロボット作りなどのIT教育、金融経済の授業、ヴァイオリンクラス、水泳やテニスなどのスポーツに力を入れている学校もあります。

 このように、幼少期から子どもにさまざまな経験をさせてあげられるのが、インターナショナルスクールの最大の魅力です。

 シンガポールは東京23区とほぼ同じ広さの狭い国土でありながら、20校以上ものインターナショナルスクールがあります。アメリカンスクール(主に米国籍の子女向けの学校)や、英国系の有名校などもあります。

 また、キャサリン妃が卒業された、英国のマルボロカレッジの海外キャンパスが、マレーシアのジョホールバル(シンガポールとの国境付近の都市)にできました。マルボロカレッジは幼稚園から高校まであります。こちらにも、シンガポールからスクールバスで子どもを通わせることが可能です。

 インターナショナルスクールの学費は、日本にあるインターナショナルスクールと同程度で、年間250万円前後(ホリデープログラムは別途)が一般的。低年齢の子どものほうが比較的入りやすいですが、仮に15年通わせたとしたら、東京にマンションを買えてしまうほどの出費になるのがネックです。

 また、インターナショナルスクールを卒業すると、海外の大学に進むケースも多いですが、その場合はさらに学費がかさんでしまいます。

 たとえば、米国の大学の場合、私立大学だと教育費だけで年間400万円前後かかることもあります。比較的安価な州立大学でも、州外学生の場合は料金が高くなります(ただし、私立大学よりは安い場合が多いです)。家賃の安いドミトリーに入ったとしても、生活費だけで年間200〜300万円程度はかかるでしょう。

 シンガポール国立大の場合は、学部や条件によって料金が異なりますが、学費は年間100万円前後から通えるので、米国の大学よりは安いです。また、海外の大学には返還不要の給付型奨学金も多いのですが、シンガポールの場合、衣食住に困らない程度の生活費などが出る場合もあります。

日本人学校も教育水準はハイレベル!
ただし、学費は日本の公立学校よりも高額

 最後の選択肢は、実際に日本国籍の子どもの多くが通っている日本人学校です。日本人学校も、レベルは非常に高いです。シンガポールには、数年程度の短期的な移住をしている日本人の家族が多いため、近い将来の帰国を視野に入れて、子どもの中学受験などにも対応した塾が充実しています。日本人学校から塾までの送迎バスが出ていたりもします。

 日本人向けの高校としては、早稲田渋谷シンガポール校があります。早稲田渋谷シンガポール校の場合、早稲田大学に進学できる推薦入学枠も多いため、東南アジア各国から生徒が集まります。

 日本人学校の学費は、小学校で月約6万円、中学校で月約7万円。高校の早稲田渋谷シンガポール校の学費は年間250万円程度と、日本での教育費と比較すれば高額になります。そのために、駐在員の場合は、会社から補助が出るのが一般的です。

 このように、シンガポールには子供の教育にさまざまな選択肢があるので、どのコースを選択すべきか……という悩みも出てきます。 

明治屋が入るリャンコート内のプレイグラウンド。プロモーションのチケットを購入し、1回1200円(時間無制限)でした。

 また、早期エリート教育が過熱しているために、未就学児向けの語学教室、音楽やアートの教育、体操教室などさまざまな教室があり、主に中華系や欧米系の子供たちは、さまざまなクラスを受けています。

 より小さな子ども達の遊び場も、近所に公園や児童館などがないために、有料プレイグラウンド(1回2000円前後)が中心になります。ただ遊ばせるだけでも、英語や中国語に触れる機会はあるのですが、お財布には優しくない環境だな……と常々感じています

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!