経営 × ビジネスSNS

【導入事例】東祥 ホリデイスポーツクラブ
笑顔が絶えない職場を支える
リアルタイムコミュニケーション
【PR】

河合起季
2017年1月11日
previous page
2
nextpage

指示や引き継ぎの効率が確実に向上した

ホリデイスポーツクラブ刈谷知立店の大高智彦店長

 実際、店舗では「LINE WORKS」をどのように活用しているのだろうか。

 刈谷知立店の大高智彦店長は、インストラクターやお客様への対応、店舗スタッフ・設備の管理、さらに研修プログラムの作成など本社業務も兼任し、一般の店長に比べて外出機会が多い。

 「店舗に5人の社員がいますが、それぞれ、自前のスマホにLINE WORKSをインストールしています。早番・遅番があって全員の勤務時間帯が同じではないので、業務の指示や引き継ぎなどに手間取っていました。それがLINE WORKSを使ってから格段に効率がよくなりました。社員が帰宅後でも、急ぎの用事があったとき、スピーディに連絡が取れるようになったのは、ホント革命的です」(大高店長)

ホリデイスポーツクラブ刈谷知立店 インストラクターの関口真実さん

 さらに、詳しくは後述するが、ボイラーなどの設備や、蛍光灯など店舗の備品の故障などの際に写真や動画で本部に説明できるため、修理のスピードも早くなったそうだ。

 同店舗スタッフとして、指導員、接客、部下指導などを担当する関口真実インストラクターは、もともとLINEをプライベートで使っていたこともあり、何の違和感もなく始められたという。

 「一番のメリットは、外出中の店長と連絡が取りやすくなったことですね。店長の承認を得るのが遅れてお客様にご迷惑をおかけすることもなくなりました。また、LINE WORKSは基本的にスマホで使いますが、PC版があるのも便利です。長い文章を書くときはPCのほうが楽ですから」

2日かかった返信作業が1時間で完了
社員マネジメントにも効果が出ている

 このように各店舗での評価は上々だが、本部ではどう感じているのだろうか。

東祥 ホリデイスポーツクラブ本部 管理課の渡部達也課長代理

 ホリデイスポーツクラブ本部管理課で、店舗運営や社員教育を担当する渡部達也課長代理は「LINE WORKS」を使って、全国の店長に向けてキャンペーン情報や業務連絡を発信、フィードバックをチェックしている。店長との細かいやりとりはトークで行なっているが、以前は2日後だったりした返信が今は1時間後くらいには来るようになったそうだ。さらに、社員のマメネジメントに関しても思わぬ効果が生まれているという。

 「これまで店舗スタッフからの相談は店長経由が多かったんですが、LINE WORKSを入れてからは、直接私のところに相談が入ることが増えました。人間関係やキャリアプランなどに関する内容が多いのですが、社員がどんな悩みを抱えているのかを直接聞けるようになったことの意義はとても大きい。もちろん、相談に対して早く対応できるのもメリットです。これもトークで気軽に話せるようになったおかげですね」

 「LINE WORKS」の導入によって、本部と店舗スタッフとの距離がグンと縮まったようだ。

previous page
2
nextpage

理論から実践まで「働き方改革」への挑戦

業務効率化、子育て・介護の支援、チームワーク、コスト削減、災害対策など、多岐にわたる働き方の課題を、専門家へのインタビューや企業の現場取材で明らかにする。

「ビジネスSNS」のメリットをわかりやすく解説

いつでもどこでもスピーディに情報を共有し、ビジネスを前に進める。ビジネスSNSの活用でワークライフバランスも改善。活用イメージと実際の操作手順をYoutube動画で解説。

[ LINE WORKS導入事例 ]
株式会社IDOM
(旧・ガリバーインターナショナル)

[ LINE WORKS導入事例 ]
コネクシオ株式会社
 

 

LINEとつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール LINE WORKS

LINE WORKS各機能のご紹介
 

 

[ ビジネス版LINE ]
LINE WORKSでシャドーIT対策

[ LINE WORKS導入事例 ]
スマホでスキマ時間活用編


IT&Business [PR]

情報家電、インターネット、携帯電話などハイテク分野の最新ビジネス情報を提供するほか、ITを活用した新しい企業経営の姿を独自の視点で探っていきます。

「IT&Business [PR]」

⇒バックナンバー一覧