日本アイ・ビー・エム
マーケティング&コミュニケーションズ ポートフォリオ・マーケティング Watsonカスタマー・エクスペリエンス
竹之内 学 部長

 デジタルマーケティングの進化とともに、企業と顧客との接点は爆発的に増大し、そこから集まってくる顧客情報も年々膨大になっている。

 顧客との接点が増えれば、情報発信のチャンスも広がる。マス対応ではなく、顧客ごとの意識・行動を精緻に分析して適切な情報を個別発信すれば、ブランドや商品・サービスへの期待と信頼を高めることができる。デジタル技術の急速な進歩とコミュニケーションツールの多様化は、マーケティングの可能性を格段に押し広げたと言える。

 だが一方では、そうしたデジタルマーケティングの発展が、企業のマーケティング担当者の負担を増やしている側面もあるという。

「企業のCMO(最高マーケティング責任者)が多数出席した会議で、『デジタルマーケティングに積極的に取り組んだところ、むしろアナログな仕事が非常に増えた』という声をうかがったことがあります」。そう語るのは、日本アイ・ビー・エムで自社のマーケティングを担当する、竹之内学氏だ。

 なぜそのような矛盾が生じるのか?また、解決策は何か?

 竹之内氏は、情報基盤の整備、顧客の理解を深め、関係性を強化することの重要性を語る。また、そのためのツールとして、最新の「コグニティブシステム」(膨大なデータを自動的に読み解いて新しい示唆を与えるなど、人間を支援するシステム)を導入していくことが必要と説明する。

 下記から無料ダウンロードできる資料では、企業が直面するマーケティングの課題を乗り越える対策の手順を詳しく解説。また、最新のコグニティブシステムによるマーケティング事例も紹介している。マーケターだけでなく、営業部門、経営層にとっても価値ある情報だ。

資料ダウンロードのご案内

マーケティング担当者の苦悩
越えがたい3つの壁を打ち破るには?

デジタル、モバイルの浸透で、マーケティングのアプローチは大きく変化している。変化の実態と、それをどう乗り越えれば顧客との関係性が深められるのかについて、デジタルマーケティングの最新事情に詳しい日本IBMのマーケターに聞いた。

・マーケーティングを進化させる
「コグニティブシステム」とは何か?
・顧客との関係性を深める様々なツール
・先進企業のコグニティブマーケティング活用事例

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら