【SmartHR】煩雑な労務手続きのミスをなくし 人事部門の作業時間1/3に削減!

急成長する外食チェーンの人事労務の作業問題を解決したツール

煩雑だった人事労務作業が格段に改善
なぜ担当者の残業時間が8割も減少できたのか?

著者・コラム紹介

 「てけてけ」や「the 3rd Burger」など人気飲食店を展開する、ユナイテッド&コレクティブ。69店舗(2018年2月時点)を展開し、20年には200店舗体制を目指す急成長の外食産業である。

現在も急拡大中であるが、2年ほど前に人事労務を中心とするバックオフィスでは「このままではいけない」という危機感があった。

当時、事業拡大の中で毎月社員が10人程度、アルバイトが100人程度入社していた。しかし、当時の本部の人事チームは2名だけ。各店舗の社員、パート・アルバイトを含めた入社に伴う社会保険や雇用保険の書類作成は全て手書き。個人情報の取得も含めて、かなりの時間を要していた。

経営企画部人事チームの湖城由樹子リーダーは当時をこう振り返る。

 「労務管理におけるミスは、従業員の会社に対する不信感や不満に直結してしまうため、とてもリスクが高いのです。実際にその間違いが原因で辞めてしまう人もいます。私たち人事チームとしては、ミスが発生する原因の一つに“業務の煩雑さ”があると考えていたので、それを軽減することが会社のリスクを減らすためにも必要だと考えていました」

その“業務の煩雑さ”を一挙に解決したのが、クラウド人事労務管理ソフト「SmartHR」だった。

従業員の個人情報収集から、手書き書類の作成や役所への申請、年末調整までが1クリックで片付く「SmartHR」。導入後の人事チームの作業時間は1/3に急減したという。現場担当者が「SmartHR」をどのように使い、どのように作業時間を減少させたか。そして会社や人事チームのメンバー個人にもたらした影響について現場担当者が語った内容を公開する。

この記事の詳細は以下からPDFを
ダウンロードしてお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

煩雑だった人事労務作業が格段に改善!
残業時間が8割も減少した理由

・「このままではいけない」という危機感があった
・労務管理のミスは会社への不信感に直結する
・役所への申請など全ての労務手続きがペーパーレスに
・年末調整の業務が劇的に変化。全従業員の生産性が向上
・SmartHRは会社への信頼感を増す重要なツール
・残業時間は8割減少。生まれた時間で担当者が始めた意外なこととは?
・驚きの継続利用率

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、SmartHR(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

DOLトップへ
お問い合わせ先

株式会社SmartHR

〒102-0083

東京都千代田区麹町2-1 PMO半蔵門9階