労働力を担う人口の減少や、デジタル化、サービス化が進む社会構造の変化によるスキルのミスマッチなどにより、日本企業では構造的な働き手の不足が問題視されている。

 企業経営者は、事業戦略と採用戦略を結び付け、競争力を高めなければいけない。つまり、自社にマッチする有能な人材を新たに採用し、その人材が活躍できるかは、企業にとって死活問題である。そして、その戦略の重要な司令塔となるのが人事部なのである。

 だが、多くの企業で人事部はそのような戦略的な役割を担えないでいる。できない大きな原因が、採用にかかわる多くの事務的な作業、いわゆる「採用管理」の負担だ。

 こうした採用管理の課題に正面から取り組んでいる企業の1社が、インサイドセールスシステムの開発とコンサルティングで急成長中の企業、ベルフェイスだ。同社では採用管理業務を効率化することで、応募者数2倍、採用決定率2倍を実現したという。

 ベルフェイスは、どのようにして採用管理の課題を解決したのか。下記から無料ダウンロードできるPDF資料では、その過程が詳しく記載されている。併せて、同社が採用したビズリーチの採用管理システム「HRMOS(ハーモス)採用管理」の機能も紹介。

 今、あらゆる業種、企業規模の企業にとって最重要テーマである「人材」の問題を解決するヒントが得られる、企業の人事部門や経営者にとって必読の資料である。

資料ダウンロードのご案内

人事部の大きな課題
「採用管理」を効率化することで、
実現できた4つの効果


<主な内容>
【課題】面接と事務処理に追われ、人事本来の仕事が手つかずに
【選定】手厚いフォローが「HRMOS採用管理」を選んだ最後の決め手に
【効果1】応募者数が2~3倍、採用決定率も2倍に!
【効果2】社員のモチベーション管理に充てる時間ができた
【効果3】データに基づく「戦略人事」として経営層に提言できるようになった
【効果4】ソーシャルメディアを活用した採用も開始し、攻める採用へ

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら