名古屋・岡崎を拠点に相談業務 幅広いニーズに的確に応える 【税理士法人アイビス】

節税対策・納税資金対策・“争族”対策に取り組む

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「遺産分割相談」や「相続税診断」に定評

代表
税理士・行政書士
大宮 龍幸
1964年生まれ。95年税理士登録。座右の銘は「魅は与によって生じ、求めによって滅す。」介護事業研究会名古屋岡崎支部主宰。

 愛知県岡崎市に本拠を置き、東海地方と首都圏で税務サービスを展開しているのが税理士法人アイビスである。

 相続の問題で相談に来る顧客に対しては、名古屋・岡崎サポートセンターを開設し対応にあたっている。

 税理士法人アイビスの相続業務は、大きく次の4つに分けられる。
 ●相続財産の圧縮や財産評価を下げ基礎控除の額を増やすなどの「節税対策」
 ●資産の流動性を高めたり生命保険を活用した「納税資金対策」
 ●遺言、生命保険を活用した「争族対策」
 ●その他不動産資産活用や各種特例を利用した対策

 また、一次相続と二次相続それぞれで発生した合計の相続税額について考慮した「遺産分割相談」も定評がある。

 アパート経営者の不動産相続対策や、相続税が発生するかどうかを判定するサラリーマンの相続税診断など、幅広いニーズに応えているところも特徴的だ。

 弁護士や司法書士、遺品整理業者、葬儀社など、それぞれの強みを活かした外部スタッフとアライアンスを組んでいることも顧客に安心感を与えている。

相続人の思いに寄り添い大変な時期をバックアップ

笑顔溢れる会社の100年経営で日本をツナぐ!

 「実際に私も相続を体験した一人として、精神的なケアはもちろん経済的な負担まで考慮しながらご相談を賜ります。ご家族を失った悲しみが癒えぬまま税金の心配をされるという、大変な時期を一緒に対応させていただきます」。そう語るのは当事務所の大宮龍幸代表である。

 相続人の意思を大切にして、現場に足を運び、実際に土地を測量して、できるだけ相続税評価額を下げるように熱心に取り組んでいる。

 税理士法人アイビスでは相続に不安を抱く顧客に対して無料相談を実施している。最初は無料相談を行い、その後報酬の見積りを提出している。見積り提出後に報酬の合意に至ってから実務に着手するので、依頼者は安心して相続に取り組めるだろう。

当コンテンツはダイヤモンド・オンライン編集部が作成したものではなく、クロスメディア事業局が作成したものです。

DATA

税理士法人アイビス
代表者 大宮龍幸
設立 2010年11月(創業1995年)
所属 東京税理士会
職員数 25人(税理士3人、行政書士1人、社会保険労務士3人)
〒444-0011
愛知県岡崎市欠町字金谷
10番地1 S&Sビル4F
0564-25-8078
支所 名古屋栄、東京都新宿
support@aevisgroup.com
https://aevisgroup.com
関連会社 株式会社相続手続サポートセンター、株式会社アイビス、社会保険労務士法人アイビス
TOP