専門家とのネットワークで資産形成のサポートを実現 【株式会社FPグローバルパートナーズ】

相続時の不動産活用のコンサルティングに定評あり

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

幅広い顧客層を対象に相続をコンサルティング

代表取締役
CFP®・1級ファイナンシャル・プランニング技能士・宅地建物取引士
杉山雅彦
一般社団法人相続対策プランナー協会代表理事を務める。

 株式会社FPグローバルパートナーズは、「独自の組織力を活かし、各業界のスペシャリストと連携することにより、お客様に最適なプランを提供すること」をモットーに、不動産業務とFP業務及び財務コンサルタント業務を手掛けている。

 一般企業から金融機関、保険会社、会社経営者、サラリーマン・主婦など、幅広い顧客層を持つのも特徴である。

 法人向けの事業承継コンサルティングでは、自社株評価による株の移動、役員及び従業員の退職金対策、後継者がいない場合のM&A(会社の売却や合併)による将来の不安回避、役員報酬等のバランス対策を行っている。また、セミナー等による役員、後継者の教育にも力を入れている。

 個人向けの相続対策コンサルティングでは、遺産分割に関する事前コンサルティング、財産の把握及び評価財産の分散、納税資金対策、相続開始後の相続相談が主となる。また、土地の有効活用やマンション・アパートの建て替えなど、相続時の不動産活用のコンサルティングにも定評がある。

FPだから提案できる相続後のライフプラン

専門家(CFP、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士等)とネットワークを組み、顧客の資産形成のサポートを実現。

 相続においてFPがコンサルティングする利点については、「総合窓口として、相続発生後に各士業を円滑に紹介することが可能です。また、相続発生前から発生後の資産運用の総合的なアドバイスや金銭面を含めたライフプランを提供できるのもFPならではです」と杉山雅彦代表は語る。

 さらに、グループ内に不動産会社・証券仲介会社があるため、資産形成や税金対策などのオールインワンサービスを提供していることも特徴といえる。

 顧客への対応において重視しているのは、「ご依頼について、はじめからNOという回答ではなく、限りなくご意向に添えるような提案をネットワークを通じて模索します」と心強い。

 当コンテンツはダイヤモンド・オンライン編集部が作成したものではなく、クロスメディア事業局が作成したものです。

TOP