「働き方改革関連法」が2018年6月に成立し、企業には従業員の多様な働き方の実現を認めつつ、労働時間をはじめとした労働環境の厳格な管理を行う必要が発生している。同時に働き手不足の問題を解決するために、柔軟な勤務体系や場所や時間を選ばない業務を実現するインフラを整備することも求められている。

その第一歩として不可欠なのが、従業員の勤務状況の把握、つまり勤怠管理である。勤怠管理自体は、古くからほとんどの企業で行われているが、そのシステムが現在の労働環境に合っていないため正しく管理ができていない状況も見られる。

働き方改革時代の勤怠管理にはどのような機能が必要か。本資料では4つのテーマに分けて解説している。

勤怠管理についてのこれらの機能はいずれも重要なポイントであり、企業は法令を守りながら従業員の勤務状況を把握し、運用効率を高めることが可能になる。一方の従業員にとってこれらの施策は、働きやすさ、仕事のやりがいにも直結する。

詳しくは、資料をダウンロードして確認してほしい。

資料ダウンロードのご案内

働き方改革の第一歩は「勤怠管理」から。
企業も従業員も満足するための「4つの鉄則」とは


1. 「働き方改革関連法」を順守するための機能
2. モバイルワークや在宅勤務に対応する機能
3. 多様な勤務形態、雇用契約への対応
4. 人事/給与など他システムとの連携

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら