「会社の預金通帳の残高はほとんどありませんでした」

 そう語るのは千葉ジェッツふなばしの島田慎二・代表取締役社長。天皇杯3連覇、いまやBリーグ(プロバスケットボールリーグ)ナンバー1の観客動員数を誇る名門となった千葉ジェッツふなばしだが、8年前に倒産の危機に直面していたことはあまり知られていない。

 バスケットボールとはまったく無縁の人生を送ってきた島田社長は、ひょんなことからプロバスケットボールチームの経営にかかわることに。そして倒産寸前のチームを日本一の観客動員数を誇る名門プロバスケットボールチームへと育て上げた。

 島田社長はどのようにV字回復させ、業績を上げたのだろうか?

 そのカギは再建中に導入した人事評価制度だと島田社長は語る。公平な人事評価制度が社員のやる気と会社の業績を上げる重要な役割を果たしたという。

 新しい人事評価制度が組織と業績にもたらした影響力、そして企業の業績を伸ばす人事評価制度の在り方について、あらゆる業種の2000社以上に人事評価制度を導入した、あしたのチーム 髙橋恭介・代表取締役会長と島田社長が特別対談。新進気鋭の企業トップ2人が企業経営と人事評価制度について語った内容を公開する。

※Bリーグ 2016-17,2017-18シーズン

資料ダウンロードのご案内

業績を向上させる
人事評価制度の導入と
「最強チーム」の作り方


・倒産寸前だった千葉ジェッツを就任一年目に黒字転換
・四半期ごとに評価する「あした式」ゼッタイ!評価®制度
・「あした式」ゼッタイ!評価®制度の導入後に社員が安心感を持ってくれた
・会社の業績を上げるのは社員。だからこそ人事評価制度が重要になる
・他チームにも公平な人事評価制度の重要性を説く

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら