グローバルクラスやPBL(※)型授業の浸透で、
積極的な機運を生み出す伝統校

和洋九段女子中学校高等学校

120年を超える歴史を持つ和洋九段。「和やかにして洋(ひろ)らけき」の教育理念の下、常に時代を切り開く人材を輩出してきた。2017年から新たなコース制による学校改革がスタート。グローバルクラスやPBL型授業の本格導入で、活気のある学校へと進化している。

和洋九段女子中学校 高等学校
中込 真校長

グローバルクラスが設置されて3年目、校内では英語に対するハードルが低くなり、間違いを恐れずに学習する環境が整っている。同クラスは、海外帰国生が英語で授業を受けられるアドバンストと、これから英語を学ぶ生徒のためのインターメディエイトに分かれ、レベル別授業を実施。後者は、段階を踏んでオールイングリッシュの授業に移行する。

「グローバルクラスはオープンマインドの生徒が多く、何にでも積極的に行動します。その雰囲気は本科クラスにも影響を与え、学校全体に英語を学ぶ意欲があふれています。中3の修学旅行はシンガポールに行きましたが、今年現地ではシンガポール国立大学や現地校の学生たちと交流、物おじせずにコミュニケーションを図ろうとする姿が目立ちました」

 そう語るのは、就任以来学校改革に積極的に取り組む中込真校長だ。今年度からは、UPAA(海外協定大学推薦制度)に加盟、マンチェスター大学をはじめとする欧米20の大学へ進学できる道を開いた。外国人枠で入学でき、日本国内の大学との併願も可能というメリットがあるため、海外大学への進学がより具体的になっている。

 さらに今年度から、大学での利用度が高い「読む・聞く」に特化したeラーニングシステム「College Pathway」を全クラスに導入して、自学自習で英語を学ぶ力を強化する予定だ。

※「PBL」……プロブレム・ベースド・ラーニング

農業体験でもPBL型
授業の成果を発揮

 和洋九段のもう一つの特徴は、自由な発想を育むPBL型授業だ。教師から投げ掛けられる“トリガークエスチョン”が知的好奇心を刺激し、生徒たちは対話型の授業を通して、疑問→仮説→検証→結論という論理的思考力を身に付けてゆく。

 PBL型授業は他者の意見を尊重し合うため、集団の中でお互いの考え方を深く知るようになる。時には論理的な正しさに加えて、「共感」によって賛同を得ることを学ぶなど、人間関係を育てることにも役立っている。

 和洋九段ではまた、自主活動という名の探究活動を行っている。その伝統を受け継ぎ、今年も高1で農家に民泊する“農業体験”を実施した。場所は長野県の飯綱町(いいづなまち)芋井地区。民泊の後は、成城大学経済学部の境新一教授を招いて、同地区を魅力ある地域にする「地域再生プロジェクト」について議論を展開。クラウドファンディングによる資金調達と事業案を提案するなど、生徒たちは日頃のPBLの成果を遺憾なく発揮した。

 来年度からは、理数探究のカリキュラムを充実させるため、高校にサイエンスコースを設置する予定。文系でも科学的思考力が求められる時代であり、理系進学にこだわらず視野の広い生徒を育てるのが狙いだ。「21世紀型教育は、生徒たちを外に出して学ばせるのが一番」と断言する中込校長。その積極性が、和洋九段の新たな伝統をつくってゆく。

普段の授業で培ってきた英語の力を発揮して、積極的にコミュニケーションを取る姿が見られたシンガポールへの修学旅行(中3)
和洋九段女子中学校高等学校
https://www.wayokudan.ed.jp/
TOP