デジタルトランスフォーメーション(DX)は今や、多くの企業にとって主要な経営課題となっている。しかし、デジタルの力で何をするのかを模索する段階にとどまっている企業が多いのが実情だ。DXを成功に導くためには、経営陣が描いた戦略を実行できる人材の確保と育成が大きな鍵となる。

必要な人材の定義から人材マネジメントの仕組みまで
一貫性を持たせることが重要

 将来への成長に向けてどのようなデジタル戦略を描いているのか。投資家からも顧客からも、そして社内からも経営者がそれを常に問われる時代となった。

 デロイト トーマツ コンサルティングによれば、DXを実現するためには以下の5項目を検討する必要がある。

 グループのデジタル戦略を描き、「どこで戦うのか」「どのように勝つのか」を検討するのは非常に重要だ。ただ、日本ではこれらを模索するステージで足踏みをしている企業が多い。それが、海外先進国に比べてDXが遅れていると指摘される要因だ。

 模索するステージから、DX推進組織の立ち上げ、既存事業とのコラボレーション、そして会社全体へのDX拡大とステップアップしていくためには、DX戦略を実行できる人材の確保と育成が大きな鍵となる。

 そうしたDX人材をどのように定義し、採用・評価・人材開発を含めてどのような仕組みで管理していくのか。いわば、DX人材マネジメントとでも呼ぶべき仕組みの構築が、このデジタル化の時代に求められている。

 DX人材とは、データサイエンティストやソフトウエアエンジニアなどテクノロジー人材だけを意味するものではない。既存の事業部門を巻き込み、変革をリードできる人材も欠かせない。

 そのようなDX人材の確保・育成をどのように進めていくべきか。それをテーマに、デロイト トーマツ コンサルティング執行役員の小野隆氏と同シニアマネジャーの田中公康氏が講演した内容をコンパクトな資料にまとめた。ぜひダウンロードして、貴社のDXに役立てていただきたい。

資料ダウンロードのご案内

デジタルトランスフォーメーション(DX)人材の確保・育成

デジタル時代のビジネス推進を担う人材をいかに確保し、育成するのか。そのヒントを学ぶ。
〈主な内容〉
・DXとは何か
・必要な人材がいないことがDXを困難にしている
・DX推進組織の設立時から現場を巻き込む
・世界観が異なる既存事業とDX推進組織の融合

人事データに対する信頼性の確立
―人事責任者のデータ管理慣行に対する自信度を測る―

世界各国の人事、マーケティング、IT、財務・会計の各部門責任者を対象とした調査結果から、人事部門におけるデータ管理の品質・セキュリティの確保、データ活用などの実態を明らかにする。
〈主な内容〉
・【データ管理】より大きな価値を提供するための品質の確保
・【インサイト】データを最大限に生かす活用法
・【倫理観】信頼を維持するための考え方
・【評判】データに裏付けられた組織の評判を確保する
・【次なるステップ】次なるステップおよび推奨事項のまとめ

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら