2019年4月から「働き方改革」が施行され、各企業では「残業時間の上限規制」「年次有給休暇の取得促進」「労働時間の状況を客観的に把握する」などが始まっている。

 それに伴い、どの企業でも社員の労働時間が減少しており、業績を向上させるには「各社員の生産性向上」が要諦となっている。その「各社員の生産性向上」に効果が高いのが、モバイルワークやテレワークなどの「社外での勤務」だ。

 しかし、各社の人事部門へのアンケートによると「社外での勤務」は事前申請のみOKという企業が多く、勤怠管理の面で柔軟な対応が不十分なことが分かった。また、フレックスやシフト勤務の管理なども十分でないと感じる、人事部門の担当者が少なからずいることも判明した。

 下記の資料ではこれらの課題を解決し、さらに

・時間外勤務に関するアラート
・高度プロフェッショナル制度への対応
・スマートフォンでの打刻、休暇申請

なども可能にするツールを紹介している。

 また、人事部門の担当者300名が働き方改革にどのように対処しているか、それらアンケート結果も同時に公開している。

資料ダウンロードのご案内

いま求められる勤怠管理業務

【資料ダウンロードのご案内】

・働き方改革関連法で企業に求められていること
・人事部門300名への調査からわかった対応策のヒント
・勤務実態の正確な把握には「モバイル活用」が有効
・人事部門の負担を軽減する勤怠管理の施策
・働き方改革時代に求められている勤怠管理システムとは?

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら