RPAを導入した企業の多くが
なぜ「期待外れ」に終わるのか

 ビジネスの現場では、手作業による反復的なPC業務に毎日3時間以上が費やされており、従業員の41%がそうしたPC業務は退屈だと考えているーー。

 これは、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)プラットフォームを提供するグローバル企業、オートメーション・エニウェアの調査結果だ。さらに同調査では、従業員の87%が、繰り返しの手作業を自動化するテクノロジーを導入してほしいと考えていることも分かっている。

 一方経営者側は、働き方改革による残業の制限と有給休暇の取得義務の制度化、生産年齢人口の減少による採用難、ますます激化する競争環境といった経営課題を抱え、生産性向上が急務となっている。

 こうした環境下でRPAの導入は必然であり、グローバルでは7割超の企業がすでに導入しているという。しかし多くの企業が「RPAを導入したのに期待したほど生産性が上がらない」と感じている。なぜだろうか。

 RPA導入で企業が突き当たる「3つの壁」を整理し、それを乗り越えるためのポイントをまとめた。RPA導入の投資効果が得られないと悩んでいる企業は、ぜひ活用していただきたい。
 

資料ダウンロードのご案内

なぜRPAを導入したのに
生産性が上がらないのか

生産性を上げるためにRPAを導入したのに、期待ほど効果が上がっていない。多くの企業がそんな悩みを抱えています。本資料では、RPA導入の際に企業が直面する3つの壁と、それを乗り越えるための3つのポイントを紹介します。

<主な内容>

・なぜ今RPAの導入が必要なのか

・RPA導入で企業が突き当たる3つの壁

・壁を乗り越えるための3つのポイント

・オートメーション・エニウェアが目指すインテリジェント・オートメーションとは?

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

問い合わせ先

オートメーション・エニウェア・ジャパン
TOP