テレワークの導入で、仕事の効率が落ちている人が43%に上ったーー。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために導入が進むテレワーク。これによって仕事の効率はどう変化したのか。ダイヤモンド社とスーパーストリーム社では共同で「経理業務のテレワークにおける課題」についてアンケート調査を実施した。その結果、冒頭で触れたように、「仕事の効率が落ちている」との回答が43%となり、「効率が上がっている」(16%)、「変わらない」(41%)を上回り最多となった。

 経理/財務部門、経営企画部門、情報システム部門に所属する人を対象に行った今回の調査では、改めて経理部門におけるテレワーク導入の課題が明らかになった。そもそも経理部門は、全ての業務をテレワークで行っている人が26%しかいない。経営企画部門(38%)、その他の部門(50%)と比べて非常に少ない。一方、テレワークができず出社している人が経理部門は32%に上り、こちらは他部門と比べて多い。

 新型コロナウイルスのパンデミックは避けられたが、今後日本を含め世界は、コロナと共に生きる新たな日常、「ニューノーマル」に適応しなければならない。すなわち、企業にとってテレワークの導入は、BCP(事業継続計画)として、働き方改革の一環として、引き続き最重要課題の一つとなる。経理部門ももちろん例外ではない。

 本資料では、調査によって明らかになった経理部門でテレワークの導入が進まない2大要因をまとめた。さらに、経理業務のテレワーク化を支援するソリューションについてもまとめている。テレワークの導入がうまくいかないと悩んでいる企業は、ぜひ活用していただきたい。

資料ダウンロードのご案内

なぜ経理/財務部門では
テレワークが進まないのか
「経理業務のテレワークにおける課題」についての調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにテレワークを導入したいがなかなかできない、導入したが効率が落ちている。多くの企業がそんな悩みを抱えているのではないでしょうか。本資料では、緊急調査によって経理/財務部門においてテレワークの導入が進まない2大要因を明らかにし、それを乗り越えるためのソリューションをご紹介します。

<主な内容>

・テレワークにおける経理業務の現状と課題
・経理部門の生産性向上のために必要な施策
・公認会計士の中田清穂氏が語るニューノーマル時代の経理業務のあるべき姿
・経理業務のテレワーク化を支援するソリューション

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら