YouTubeやInstagram、TikTokなどの動画を視聴する消費者が増える中、企業にとって動画の活用は喫緊の課題となっている。さらに、動画はブランディングやマーケティングのみならず、社員教育や採用活動などへと活用の幅が広がっている。しかし、いざ動画制作を始めようとすると、さまざまな壁が立ちはだかる。

「コストが高い」「時間がかかる」「スキルが必要」――。動画コンテンツ活用の必要性が叫ばれる中、多くの企業がこうした動画制作の「常識」に頭を悩ませている。しかしこれらの「常識」は過去のものになりつつある。動画を「低価格で」「簡単に」「量産できる」方法があるのだ。

 本資料では、旧来の動画制作の常識を覆す画期的なソリューションを紹介する。これを導入したことで、月間100本以上も動画を制作できるようになった企業の事例もある。なぜそのようなことが可能になるのか、詳細は資料で確かめてほしい。動画活用の幅が広がる中、マーケティング担当者だけでなく、営業や人事などさまざまな部門にとって役立つ資料だ。
 

資料ダウンロードのご案内

低コスト、短時間、簡単に作れる!
動画制作の常識を覆すクラウドサービス

企業も動画を活用することが当然の時代になった。ただ、動画コンテンツ制作には、時間やコスト、スキルが必要になるというのが常識で、動画を活用したい企業におけるハードルとなってきた。これらのハードルを飛び越えて、効果の高い動画コンテンツを制作できるクラウドサービスを紹介する。

主な内容
・なぜいま動画が注目されているのか
・動画を活用したい企業が直面する課題
・動画の用途はこれまで以上に広がりつつある
・企業の動画ニーズに合わせ進化する制作ツール


※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら