5Gサービスがいよいよ始まり、ユーザーがモバイル環境でもリッチな動画コンテンツをこれまで以上に視聴しやすくなる環境が整いつつある。YouTubeやInstagram、TikTokなどで動画に慣れ親しんだ消費者を、従来のような静止画広告で引きつけることは次第に難しくなっている。今や企業にとっては、動画を使ったアプローチができるかどうかが重要なのだ。

 動画の効果に着目し、活用しようとする企業が直面する3つの課題がある。静止画広告と比べて、動画制作には時間もコストもかかる上、スキルを持つ人材が少ないということだ。こうした課題を全てクリアできる、AIを活用したクラウドベースの動画制作サービスがある。

 すでに多くの企業が動画制作に使用しており、それらの企業ではプレスリリースへの問い合わせ増加やCTRの大幅な上昇、サイト滞在時間の倍増など大きな効果を出している。また、社内教育や営業活動、さらには採用活動など、これまで多く利用されてきたマーケティング分野以外への活用も広がっている。

 本資料では、動画制作の常識を覆すクラウドサービスの詳細と活用例を紹介している。動画制作が初めてという企業も、カスタマーサポートが充実しているので安心だ。動画を活用したいがどうしたらよいか躊躇している企業は、ぜひ活用を検討してほしい。
 

資料ダウンロードのご案内

低コスト、短時間、簡単に作れる!
動画制作の常識を覆すクラウドサービス

企業も動画を活用することが当然の時代になった。ただ、動画コンテンツ制作には、時間やコスト、スキルが必要になるというのが常識で、動画を活用したい企業におけるハードルとなってきた。これらのハードルを飛び越えて、効果の高い動画コンテンツを制作できるクラウドサービスを紹介する。

主な内容
・なぜいま動画が注目されているのか
・動画を活用したい企業が直面する課題
・動画の用途はこれまで以上に広がりつつある
・企業の動画ニーズに合わせ進化する制作ツール


※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら