リアル店舗、eコマース、海外市場など、いまや多数の販売チャネルが存在、それぞれのシステムや業務が複雑になり、全体で非効率、ムダが多くなっている企業は多い。こうした問題を解決する上で、大きな威力を発揮するのがDX(デジタルトランスフォーメーション)による、PIM(商品情報管理)の構築だ。

 消費者行動の多様化、販売チャネルの増加により取り扱う商品も増えるため、情報が複雑化し工数もコストも増加する。例えば、販売期間や輸出先、仕様ごとの価格変更等のデータおよび在庫を管理し、それらを販売、マーケティング戦略につなげていくのは相当に煩雑な作業になる。

 このような問題を解決するDXの切り札として、今、注目されているのがPIM(商品情報管理)だ。PIMは商品情報の管理だけでなく、効率化、収益強化、マーケティング戦略、商品分析ほか、使い方次第で無限の可能性がある。すでに世界450社超のグローバル企業が導入しているという。いったいPIMとはどんなものなのか。何ができるのか。本資料で詳細を確かめてほしい。

資料ダウンロードのご案内

企業が持つ商品情報の価値を最大化
ミズノや三菱マテリアルも採用する商品情報管理(PIM)プラットフォームとは

営業でも、製造でも、販売でも、どんな情報も一元管理することで、コスト削減、収益強化、グローバル展開等、可能性は広がる。個別最適の積み重ねで、システムや業務が複雑、非効率になっていると悩んでいる経営者、担当者にはぜひ読んで欲しい内容だ。

<主な内容>
・「商品体験」の創出を支援するデジタルプラットフォーム
・サプライチェーン全体でデータを収集、管理、配信
・商品情報の管理から分析まで、使い方次第で無限の可能性
・ミズノ、工機ホールディングスに聞く DX戦略を支えるデータ基盤

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら