調達・購買の見直しが経営改革につながるというのは、もはや常識。重要なのは、大ロットの「計画的な購買」だけでなく、突発的な小ロットの「非計画購買」=「テールスペンド」のコストもコントロールすることだ。経営改革の成否を左右するテールスペンドを、どうすれば管理できるのだろうか。

 購買には、製造などに関わる「直接資材」とそれ以外の「間接資材」がある。多くの企業において、この「間接資材」のコストを含めた実態の把握がされていないのが実情だ。

 さらに間接資材の中でも、少額、小ロット、多品目といった非計画的な購買はテールスペンドと呼ばれ、改革の余地が大きい。現場任せで可視化しにくく、コスト意識が低い購買や不適切な購買の温床となるリスクがあるからだ。この領域が盲点となっている企業は多い。

 本資料では、購買・調達で企業がどのような課題を抱えているのかを、実態調査に基づいたデータで浮き彫りにし、そうした課題を解決するための施策を紹介している。さらに、年商1000億円規模のある企業が購買・調達を見直すことで、年間1億円超のコスト削減が可能との試算も紹介している。経営者、CFO、購買担当者にとって大いに参考となるはずだ。

資料ダウンロードのご案内

経営と購買
~猫のしっぽと購買コストの関係

購買における泣きどころ、突発的な「非計画購買」は実はコントロール可能。テールスペンドの解説だけでなく、「金銭的なコスト」のほか、全部で3つのコストとは何かなど、イラストも多用され、すぐ読める内容となっている。

<主な内容>
※直接材と間接材の管理カバー率(データ資料)
※未開のテールスペンド
※調達取引構造の分類と打ち手
※目から鱗の、3つのコストとは

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

・アマゾンジャパン合同会社に受け渡され、Amazon.co.jpプライバシー規約に従い取り扱われます。
ご入力頂いた個人情報は、Amazonビジネスに関連する商品・サービス・イベントをご案内する目的以外で使用されることはありません。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909010

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら