コロナ禍で対面での営業が困難となり、多くの企業が営業モデルのパラダイムシフトを迫られている。そんな中、重要性が増しているのがインサイドセールスだ。電話営業と呼ばれていた時代からいくつか課題が指摘されていたが、現在では劇的な進化を遂げ、新たな営業モデルとして注目を集めている。

 テレワークが働き方の主要な選択肢となる中、インサイドセールスは企業にとっては欠かすことのできない営業モデルとなっている。しかし、顧客と1対1の閉じられたコミュニケーションであるが故に、業務のブラックボックス化や属人化という問題が以前から指摘されてきた。一体どうすればこれらの課題を解決し、営業の生産性を高めることができるのだろうか。

 本資料では、劇的な進化を遂げたインサイドセールスの画期的な方法を紹介する。導入からわずか1カ月でアポ取得率が13ポイントも上昇した事例もある。なぜそのような劇的な改善が可能になったのか。インサイドセールスを導入している企業はもちろん、今後導入を検討している企業も、営業の生産性を劇的に高めるインサイドセールスの秘訣を確かめてほしい。

資料ダウンロードのご案内

インサイドセールスのDXを実現
電話応対を可視化・効率化して、AI分析!

インサイドセールスにおける最大の課題は、通話内容のブラックボックス化。そうした課題を解決する画期的なテクノロジーを紹介する。

<主な内容>
・インサイドセールスのブラックボックスを可視化
・会話の自動文字起こしと要約機能で通話内容を把握
・各種指標やスコアによってトークスキルを可視化
・導入1カ月でアポ取得率が13ポイント上昇した事例
・新人育成期間を8カ月から3カ月に短縮した事例

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら