YouTube上での1日当たりの動画視聴時間は10億時間、Facebook上でも1億時間を超えるほど、ネットでの動画視聴は増加の一途をたどっている。さらに広告媒体の2割がすでに動画となっている今、動画の作成で失敗しないために知っておくべきポイントがある。

 広告媒体に動画を利用するのはもはや日常。しかし、「動画を作成したのに効果がない」「外注するとコストがかかる」「他社との差別化ができない」等、動画に関して課題が多いと感じている企業も多い。そこで、今回の資料では、それらを解決するために、動画活用での陥りやすい5つの罠を分析、それを乗り越えるための3つのポイントをまとめた。

 本資料には「なぜ、せっかく作った動画が伝わらないのか」「今後、どのように修正すべきか」等、課題が解決するヒントがちりばめられている。マーケティング担当だけでなく、営業や制作など、動画に関わる全ての部署にとって大いに参考となるはずだ。

資料ダウンロードのご案内

マーケティングにおける
動画活用で失敗する5つの罠

これから動画を活用する企業も、もうすでに始めている企業も知っておきたい「失敗しないためのポイント」をまとめた。特にマーケティング担当者は、一読しておくべき資料といえるだろう。

<主な内容>
・400社のPDCAから考えるマーケティングにおける動画活用で成果を出す方法
・動画広告市場の現況とその課題
・マーケティングにおける動画活用で失敗する5つの罠
・動画で成果を出した企業に共通する3つのポイント

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら