SNSを活用したブランディングやマーケティングは、顧客体験の向上という観点から、企業にとっては欠かせない要素となりつつある。しかしいざ始めようとすると、リソースが限られていたり社内の意見調整が難しいなど、意外とハードルは高い。一体、どこから、どのように始めればいいのだろうか。

 企業のSNS活用では「炎上リスク」ばかりに目が行きがちだが、うまく活用すれば、売り上げ増、コスト削減、顧客満足度アップ、さらに同業他社との差別化等、メリットも大きい。それは分かっていても、社内にSNSのコンテンツを制作するリソースがない、効果が見えにくい、「炎上」などネガティブなイメージを持つ層が多いなど、さまざまな壁に突き当たる。

 では一体、どのようにしてSNSの活用を始めればよいのだろうか。本資料では、セブン銀行の担当者がたった一人でSNSの運用を始め、わずか6カ月でフォロワー3万人を獲得した事例を詳しく紹介する。SNSをどう活用すればいいのか悩んでいる担当者はもちろん、これからSNSを活用しようと考えている経営者も必見の資料だ。

資料ダウンロードのご案内

たった6カ月でフォロワー3万人を達成したSNS戦略

わずか6カ月で3万人のフォロワーを獲得できたセブン銀行のSNS活用のノウハウを詳しく紹介。

<主な内容>
・SNSの意義を社内で共有するためのポイント
・制作が一人でも、内製ツールを活用してコンテンツを量産
・運用初期は「投稿数」にフォーカスし、検証できる土台作りをする
・成功の秘訣は「0から自分で作らない」仕組み作り ほか

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら