24時間、どんな時でも顧客対応が可能な「チャットボット」。しかし、その大半がマニュアル的対応で、顧客側は「会話が不自然で、問題が解決されない」「満足のいく対応ではなかった」など、不満も多い。ところが、そのチャットボットでリアル店舗のような顧客対応を構築し、リピート購入を向上させるノウハウがあるという。

 顧客の7割を占めるといわれる「サイレントカスタマー」とは、商品に関して問い合わせをせずに購入を諦めてしまう層のこと。放っておくとそのうちの約3割が、競合他社で商品を購入しているという。

 本資料では、同社社員でもある東大大学院チームの知見を得て開発された革新的なAIのチャットボットによって、問い合わせてくる顧客だけでなく、サイレントカスタマーの獲得までできるノウハウを紹介する。カスタマーサポートやマーケティング担当者はもちろん、経営者の方にもぜひご一読いただきたい。

資料ダウンロードのご案内

カスタマーサポートに特化した、
「成果の出る」AIチャットボットの正体とは?

<主な内容>
・チャットボットはどれも大差ないと思っていませんか?
・スマホでも操作可能、顧客との会話をいつでも作成、追加
・運用改善もAIで最適化・効率化
・「サイレントカスタマー」放置による機会損失
・AIチャットボットがサイレントカスタマーを適切にサポート

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら