「勘と経験」に頼る人材活用はもう通用しない。優秀な人材を多数抱える企業がエンゲージメント向上のためにしていることとは

「企業は人なり」――経営の神様、松下幸之助氏の名言にあるように、会社をさらに成長させるには、今いる人材をどのように生かし、育てていくかが課題となる。しかし多くの企業が、「人材を活かしきれていない」「組織としての問題点が多い」といった問題を抱えている。どうすれば解決できるのだろうか。

 企業をさらに成長させるには、事業そのものだけではなく、そこで働く従業員やスタッフの力を引き出していく「人材マネジメント」が非常に重要になる。それにもかかわらず、多くの企業が人材の育成や配置を「勘と経験」に頼っているのが実情だ。

 そこで重要になるのがデータを使った人材マネジメントである。本資料では、従業員のエンゲージメントを高めるための施策と、それを検討する土台となる「従業員サーベイ」を使ったデータ活用について、具体的な導入事例とともに紹介している。人事部門だけでなく、優秀な人材のエンゲージメントを高める点で、経営者にとっても大いに役に立つ資料だ。

資料ダウンロードのご案内

「勘と経験」による人材活用から卒業! データに基づいた人材マネジメントとは

日本企業では長らく「勘と経験」による人材活用が行われてきた。しかしそれでは従業員のエンゲージメントを高めることはできない。本資料では、従業員サーベイのデータに基づいた人材マネジメントの方法を紹介する。 <主な内容> ※なぜ、人材マネジメントが必要なのか? ※「エンゲージメント」「従業員サーベイ」とは? ※勘と経験だけの人材マネジメントはもう卒業

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社SmartHR(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡され、ご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら

問い合わせ先

株式会社SmartHR
TOP