テレワークの加速に伴い、どこでも働けるWFA(Work From Anywhere)という考え方が広がってきた。Forbesのレポートでは、オフィスでのみ働く場合と比べて「テレワークは47%も生産性が向上する」との見解が示され、またCNBCの調査では、27%の従業員がフルタイムの在宅勤務を希望し、36%が在宅勤務の時間を増やしたいと回答。

 本資料ではそれらのレポートを参照しながら、WFAを導入するために必要な3つの要素を解説し、武田薬品工業など、実際に導入した企業の成功例も紹介している。テレワークの普及と生産性向上を両立させたいと考えている企業にとっては、大いに参考となるはずだ。

資料ダウンロードのご案内

Work from Anywhereをクラウド活用で実現するためにやるべき3つの方法

<主な内容>
・クラウドはWFAの必須条件である
・2000未満から9000か所以上のリモートアクセスが増加可能に(NOV事例)
・7万人の従業員の在宅ワークを実現(武田薬品工業事例)
・1万を超える従業員のセキュリティを強化(Edelweiss Group事例)

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら